デジャヴ Deja Vu

●「デジャヴ Deja Vu」
2006 アメリカ Touchstone Pictures,Jerry Bruckheimer Films,
Scotto Free Productions,127min.(Buena Vista Pictures ),127min.
監督:トニー・スコット 製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼル他
e0040938_2024783.jpg

巨大ハリケーン・カトリーナで犠牲になった人々に捧げられる。ニューオリンズの
一大キリスト教イベント、マルディグラ(ファット・チューズディ)に起きる(はずだった)
フェリーの大爆発から映画は始まる。何せ監督がトニー・スコットなので、すべったらイタい
なあ、と思って見始めたのだが、タイムパラドクスにやや難はあったものの、面白くみることが
できた。昨年、シネコンに行こうと思っていて、気がついたら終わっていた作品。

『<マルディグラを翌日に控たニューオリンズで>500人以上もの犠牲者を出した凄惨な
フェリー爆破事件が発生する。捜査を開始したATF<アルコール・タバコ・火器取締局>
捜査官ダグ・カーリン(ワシントン)は、その的確な捜査能力を買われ、FBIの特別捜査班
への協力を要請される。
彼は政府が極秘に開発した“タイム・ウィンドウ”と呼ばれる映像装置を見せられる。それは、
過去の特定のエリアを自由に見ることが出来る驚くべき監視システムだった。
ただし、この装置には現在から“4日と6時間前”の映像をリアルタイムで再生することしか
できなかった。
事件に関係ある場所を確実にスキャンするためにダグの判断力が求められたのだ。
そして、事件直後に遺体が発見された女性クレアが鍵を握っていると確信したダグは、
この装置で彼女の自宅を映し出し、4日と6時間前の生きていた彼女を目にするのだが…。』
(allcinema)

アメリカ上空にある7つだか9つだかの静止衛星から送られてる4日と6時間前の映像は
壁も抜けられる、人の目線でターゲットを追うことが出来る。衛星の把握する範囲外に
ターゲットがでると別の手法がとられる。静止衛星の画像が人の目線って、どんなアングル
で撮っているわけ?静止衛星は赤道上にあるんで、アメリカの上空にそんなにたくさん
密集できないのでは?

閑話休題。フェリーの爆破の被害者と思われたクレアだったが、良く調べてみると、不思議な
痕跡がたくさんあり、爆破とは関係なく殺された、と推察された。ダグは、クレアが事件の
カギを握っていると確信し、タイムウィンドウを使って爆破事件までのクレアの後を追う。

その捜査の過程でクレアに惹かれて行くダグ。この女性を救うには、またフェリーをテロ
リストから守るには、自分が4日と6時間前に行って犯人を捕まえればいいんだ、と
思う。このタイムウィンドウはNASAの装置として実験したところ、タイムシフト再生みたいな
ことが偶然(!)できることが判ったのだ。まず、事件が起きるぞ、という警告の紙を4日前の
自分に送る、成功するが、紙を手にしたのは相棒であり、相棒は埠頭に犯人を捜しに行き、
犯人に射殺されてしまう。そんな模様もタイムウィンドウに写されるのだ。

どうしてもクレアを救いたいダグは、自分が4日前に送られることを決行する。失敗すると
時空の狭間に迷い込み出てくることは出来なくなるのだが。
しかし、映画ですからダグは4日前に戻り、テロリストに捕らえられてまさに殺されそうに
なるとき、盗んだ救急車でアジトに突っ込み、彼女を救い出すことに成功する。

そしてフェリーがでる埠頭に駆けつけ、やがてやってくる犯人と対峙する。犯人を射殺する
ことはできたのだが、フェリーのクルマにクレアとともに缶詰になったまま川に転落。
クレアは助かったが、ダグは水没して行ったのだ。呆然とするクレア。

しかし、4日前のダグはまだ生きていて、クレアなどは知らない身。でも事情を知っている
クレアは、ほっとしたのだった。
タイムパラドクスなので、ストーリーを事細かに記すことは、難しい。ラスト、4日過去から
やってきたダグは水死したけど、その日にいたダグは生きていたわけで、水死したダグの
死体はどこへ消えたのだろう。

ま、矛盾は多少あるし、途中でこんがらかる映画ではあるが、テンポ良く進み、最後に
そういうことだったか、というカタルシスも用意されている。
多少無理のあるタイムパラドクス(無理があるから“パラドクス”なんだけど)をに突っ込みを
入れない方は観て面白いと思いますよ。
この映画の情報は

こちら
まで。
Commented by miyu at 2008-05-06 20:38 x
そうですよね~。
おっしゃるように多少の無理はありましたけど、
そこにさえ目を瞑ればなかなかよ~出来た面白い映画でした。
そもそもあのタイムウィンドウがSFですから、
やっぱりツッコミはご無用って感じなんでしょうかねぇ~。
by jazzyoba0083 | 2008-05-02 22:50 | 洋画=た行 | Comments(1)