ブラッド・ダイヤモンド Blood Diamond

●「ブラッド・ダイヤモンド Blood Diamond」
2006 アメリカ Warner Bros.Pictures,Virtual Studios,143min.
監督:エドワード・ズゥイック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー他
e0040938_20362049.jpg

この年のアカデミー主要部門にノミネートされたけど、結局無冠に終わってしまった。
劇場での鑑賞を逃してしまったので楽しみしてWOWOWで観ました。
全体の感想としてはとても面白かった、重かった、ということでしょうか。ディカプリオが
なかなかいいと思いました。それ以上に、フンスーやジェニファー・コネリーが良かったんです
がね。ディカプリオはいつになったらオスカーを獲ることが出来るのでしょうか?

WOWOWでアフリカ特集が組まれるほど、最近はアフリカを舞台にした映画が多い。
この映画も、アフリカを右に向いた頭蓋骨と見ると、後頭部の下辺りに位置するシエラレオネが
舞台。この国の最大の輸出物であるダイヤモンドを巡り、政府軍と反政府軍が対立、
これに欧州に本部を置くダイヤのシンジケートが絡み、紛争をややこしくする。世界は「紛争
ダイヤ」を取引しないように申し合わせるが、加工されてしまえば、ダイヤに名前が書いて
あるわけではなし、守られない。こうした中で、市民戦争に巻き込まれ犠牲になっていく
一般国民こそ哀れである。われわれやセレブたちが何の気なしに手にする美しいダイヤの
裏には血が流れている、という事実を突きつけられるのだ。

 『激しい内戦が続く90年代のアフリカ、シエラレオネ。愛する家族とつましくも満ち足りた
生活を送る漁師ソロモン。しかしある日、反政府軍RUFが襲撃、ソロモンは家族と引き離され、ダイヤモンド採掘場で強制労働を強いられる。そんな中、彼は大粒のピンク・ダイヤを発見、
e0040938_20374172.jpg

その直後に起きた政府軍による来襲の混乱に紛れてダイヤを秘密の場所に隠すのだった。
一方、ダイヤの密輸に手を染める元傭兵ダニー(ディカプリオ)はある時、密輸に失敗し投獄
される羽目に。すると、その刑務所にはソロモンも収容されていた。
そして、彼が巨大ピンク・ダイヤを見つけ隠していることを耳にしたダニーは釈放後、
ソロモンも出所させ、家族捜しに協力する代わりにダイヤの隠し場所を明かすよう迫る。
また、アメリカ人女性ジャーナリスト、マディー(ジェニファー)に対しても、彼女が追っている
武装組織の資金源“ブラッド・ダイヤモンド”の実態に関する情報をエサに、自分たちへの
協力を取り付ける。こうして3人は、それぞれの思惑を胸に、ピンク・ダイヤを目指す危険な
道へと進んで行くのだが…。』(allcinema)

反政府軍とはいえ、部族間の争いも絡んでて、無差別殺人が繰り返される。報復に次ぐ
報復、殺しはエンドレスだ。RUFに連れ去られたソロモンの息子ディアは、コカインによる
洗脳で少年兵に仕立てられていく。
ソロモンがピンクダイヤを見つけたときに、現場を監督していたRUFの大尉に見られて
いたのだ。ソロモンはRUFにも、ダイヤを追う政府軍外人傭兵部隊にも追われる立場に。
ダニーは、ピンクダイヤを手にしてこの国を去り、足を洗おうと思っていた。重要なシーンで
マディに手助けされ、ソロモンとダイヤを探しに出かける。息子の行方も捜したいソロモンで
あった。
e0040938_20383079.jpg

そして、遂にダイヤの採掘場に到着、しかしRUFの監視は厳しい。そんな中、ソロモンは
単独で息子を探しに出かける。ついに探し当てた息子はコカインと洗脳で、父親が判らない。
そんな騒動の中でソロモンは捕まり、隠したダイヤを探せ、と迫られる。この場面で
ダニーは傭兵隊長にヘリの出撃を要請、ヘリが採掘場を銃撃している間にソロモンと息子を
助け出し、ダイヤも探そうとする。しかしRUFの隊長も、傭兵隊長もダイヤを狙って、
彼らと争いになる。機転をきかせたダニーとソロモンのチームワークで両者を倒し、
ダイヤを掘り起こすことに成功する。しかし、ダニーも致命的な銃創を負っていた。
ダニーの仲間がセスナでダイヤをピックアップするところまでこぎつけたが、着陸する山の
上にまで行く気力がないダニー。傭兵部隊も追ってくる。ダニーはダイヤをソロモンに
渡し、ロンドンへ行き、ヴァン・デ・カープに200万ドルで売れと告げる。もう自分は終わりだと
覚悟したのだ。そして衛星携帯電話をマディにかけて、ソロモンがロンドンで「紛争ダイヤ」の
取引をするから、記事にしろ、ソロモンの息子が心の問題を抱えているのでしかるべき
病院に入れるように指示、そして永遠の別れを告げたのだった。

そしてロンドン。ソロモンはヴァン・デ・カープと接触したが、家族を連れてこないとダイヤは
渡せないと迫る。ヴァン・デ・カープは収容所から家族をロンドンに連れてきて、200万ドルの
金と家族を引き替えにダイヤを手に入れたのだった。しかしこの一部始終はマディーに
よって写真に捕らえていて、後日新聞に掲載され、「紛争ダイヤ」の密輸の全貌が明らかに
されたのだった。

貧しい国に算出する天然資源、石油、ゴム、ダイヤ、レアメタルなど、大多数の貧しい国民
にはなんの利益ももたらさない。逆に石油の値上がりなどは、貧民をいっそう苦しめる。
美しいダイヤの裏側に、そういう不条理な取引があることを、ローデシア(ジンバブエ)生まれ
の白人の傭兵(ディカプリオ)を通して描いた。ジェニファーとの恋の行方もあっさり描き
変なラブストーリーを入れることを排除したのも良かった。
「紛争ダイヤ」の密輸人であるディカプリオが、ソロモンと出会い、マディーに出会うことにより
人間味を取り戻していく(彼の両親はローデシアの内紛で虐殺されている)感じは、出ていた
といえば出ていたが、ちょっと御都合主義な臭いもしたかもしれない。

もっとどっぷり暗い映画か、と思ったけど、エンターテインメントとしても見ごたえがあり、
長い割りにはしっかり楽しめた映画でした。ジェニファー・コネリー、いい役者になりました。
e0040938_2039596.jpg

この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/8006254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-05-25 23:39
タイトル : 映画「ブラッド・ダイヤモンド」
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで20g、ダイ... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-05-25 23:39
タイトル : ブラッド・ダイヤモンド
 『ダイヤの価値を決める“4つのC”── color 色 cut カット clarity 透明度 carat カラット しかし、実は5つめのC<conflict 争い>が存在することを、あなたは知る── [自由][家族][真実]──彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た』  コチラの「ブラッ...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-05-26 07:54
タイトル : ブラッド・ダイヤモンド
レオナルド・ディカプリオが、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたこの映画。公開日が待ち遠しかったよぉ〜【story】ダイヤモンドの価値は『4つのC』で決まると言われている―『color・色』『cut・カット』『clarity・透明度』『carat・カラット』しかし、実は5つめのC『conflict・争い』が存在する。狂気と混乱が支配する内戦下のアフリカを舞台に、巨大なピンク・ダイヤモンドを巡って3人の男女の運命が交錯する―ダイヤの密売人ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、現在から脱出...... more
Tracked from 映画や本を淡々と語る at 2008-08-11 11:21
タイトル : ブラッド・ダイヤモンド
先進国で美しく輝くダイヤモンド。産出国で何が行われているのか鋭く描き出した衝撃作!... more
Tracked from oguoguの日々映画見.. at 2009-02-15 22:20
タイトル : ブラッド・ダイヤモンド
2007年4月上映 監督:エドワード・スゥイック 主演:レオナルド・ディカプリオ...... more
Commented by oguogu at 2009-02-15 22:03 x
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ~。
変なラブストーリが無くて本当に良かったですよねw
そのおかげでジェニファーコネリーが私の頭から直ぐに消えてしまいそうですが、
良いんです!どうせダイヤの重要性がメインの映画なんですからw
by jazzyoba0083 | 2008-05-24 22:00 | 洋画=は行 | Trackback(5) | Comments(1)