ラブソングができるまで Music and Lyrics

●「ラブソングができるまで Music and Lyrics」
2007 アメリカ Castle Rock Entertainment,Village Roadshow Pictures,104min
監督・脚本:マーク・ローレンス
出演:ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、ブラッド・ギャレット、クリスティン・ジョンストン他
e0040938_2252873.jpg

ラブコメの巨星?ヒュー・グラントとドリュー・バリモア。舞台が音楽業界ってことでシネコンに
行こうと思っていたらあっという間に終わってしまった。興行的には失敗だったのだろうな。
ま、DVDで観ても十分でしょう。お手軽に楽しめるデートムービー。でも、なかなか出来の良い
ラブコメディで、グラントファンも、バリモアファンも納得の仕上がりでしょう。
それと音楽がいいですね。オリジナルが実にポップで楽しい。80年代テイストも楽しい。
e0040938_22525892.jpg

80年代に時代の寵児となった"Pop”のツインボーカルの片割れアレックスは、相棒が
ソロで大活躍をしているのを尻目に泣かず飛ばず。テレビのあの人は今、的な番組に出たり
テーマパークなどでの営業をしていた。そんなアレックスにマネージャーが、若者に人気
絶頂の歌姫コーラの新曲を作るという仕事を持ってきた。彼女がアレックスのファンだった
というのだ。しかし、何人かに新曲を依頼してあって、採用されるかどうかは出来次第だった。
曲は何とかなるが、作詞が決定的に苦手なアレックスの前に現れたのが、部屋の植木に
水をやりに来るソフィー(バリモア)という若い女性。彼女が何気な口ずさむ歌詞に惹かれた
アレックスは、一緒に詩を作ってくれ、と頼むが、自分には自信がないといって逃げまくる
ソフィー。
e0040938_22534064.jpg

しかし締め切りまでに数日しかないので、アレックスは強引にソフィーと共同作業を始める。
そんな中で二人の間に恋心が芽生えるのはラブコメの常道です。
コーラがLAに帰るヘリポートで出来たばかりの打ち込みCDを渡すと、その場でCDウォーク
マンで聴くコーラ。暫く沈黙。そして採用決定!

大喜びの二人だったが、いざレコーディングに行ってみると、インド音楽風にアレンジされて
いて、自分たちの作ったイメージとはまるでかけ離れていた。コーラに忠告しようとする
ソフィーに、止めとけ、と止めるアレックス。

そして二人の親や甥や姪が見守る中、コンサート会場で、新曲が披露される事になった。
アレックスはバックバンド&ダンサーとしても採用されるが、どうも動きが今風になれない。
そしてコーラが歌いだした新曲は、ピアノを主としたバラードに仕上がっていて、彼らの
作ったイメージに戻っていたのだった。アレックスがコーラに事情を話して理解してもらった
のだ。こうしてアレックスとソフィーの「ラブソング」(Way back into love)ができたので
あった。

この手の映画は肩の力を抜いて、頭を空っぽにして楽しめばいいんですね。硬いことは抜き。
狭いアレックスの部屋で作品を書いているうちにピアノの下で、寝てしまった二人。
起きた時にピアノに頭をぶつけるのだが、同じことをソフィーもやってしまい、(音だけ)
思わず笑ってしまったり(言葉で書くと面白くないけど)、アレックスの改善されないダンス
とか、フフフと笑ってしまうポイントも押さえてある。
e0040938_22541944.jpg

Haley Bennett as "Cora Corman"

歌姫コーラを演じたちょっと目つきがアジアンなヘイリー・ベネット、まだ20歳だけど、歌
上手いですね。気になる存在でした。

この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2008-05-21 22:40 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)