TAXi4

●「TAXi4」
2007 フランス Apipoulai,ARP Selection,Canal+,Cinecinema,91min.
監督:ジェラール・クラヴジック 製作・脚本:リュック・ベッソン
出演:サミー・ナセリ、フレデリック・ディファンタール、ベルナール・ファルシー他。
e0040938_2353878.jpg

リュック・ベッソン製作、脚本のシリーズ4作目。今回の舞台はマルセイユからモナコへ。
双子の兄弟?片や極悪人、片や銀行の支配人。この2人が入れ替わりながら、銀行強盗が
行われるのだが、これを追うのが相変わらずドジのエミリアン。そしてわれらがプジョー
407のスペシャル仕様を駆るタクシードライバー、ダニエル。
オープニングはサッカーのフランス代表ジゼをサッカー場に例の運転で送り届けるところ
からスタート。ピッチの中までタクシーで乗り付けるって・・・!
e0040938_236343.jpg

そんなある日、エミリアンに、17ヶ国から指名手配され“ベルギーの怪物”と呼ばれる
凶悪犯を護送する、という重要任務が舞い込んでくる。だが、無事に署まで連行したのも
束の間、エミリアンのドジが原因で逃亡されてしまう。(総革作りの全身拘束着が、気持ちも
悪くこっけいでもある。)中にいたのこそ極悪人なのに、自分はモナコの領事館の係員だ、と
双子の兄弟を装って、まんまと釈放されるのだった。
e0040938_2391347.jpg

しかし、逃がしたのが本物であることが判ったエミリアンは、エミリアンはダニエルの協力を
得て犯人一味の逃走先であるモナコへ。
急行。
e0040938_2371562.jpg

一方で、一味に潜入したエミリアンの妻ぺトラが、必死の演技で犯人たちを追い詰める。
この間、エミリアンは一味の女が自分の妻だと判らんのだからアンポンタンだ。
e0040938_237593.jpg

結局麻薬の精製工場を押さえたジベール署長がみずからクスリを浴びて、切れてしまい
機関銃をブッ放しまくり、事件は解決していくのだ。熊の麻酔薬を注射されてしまい、仲間に
電話帳で殴られる(目を覚まさせるために)署長、など、ジベール署長大活躍の一編では
ありました!
e0040938_2395373.jpg

カーチェイスは少ないし、かつてのシリーズの面白さはなくなっちゃって、ただのおバカ
映画になっちゃったですねえ。
この映画の情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2008-07-12 22:40 | 洋画=た行 | Comments(0)