ハンコック Hancock

●「ハンコック Hancock」
2008 アメリカ Columbia Pictures=SPE,94min.
監督:ピーター・バーグ
出演:ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン、エディ・マーサン他
e0040938_2382638.jpg

アメコミにありそうな「超人もの」だが、このハンコックという主人公は、変身しないし、実に
カッコ悪い。ベンチにウィスキーの瓶を抱えて寝ているホームレスのような生活。
e0040938_2392938.jpg

しかし、悪事があると駆けつけて悪をやっつけたり、危機に瀕した市民を助けたりするのだが、
道路やパトカー、またビルなどを壊すことをいとわない。市民からは逆にヒンシュクさえ
買っている。LA市警は、ニューヨークにでもいってくれ、と悪をやっつける代償の巨額さに
辟易としている始末。
e0040938_2310428.jpg

そんなハンコックが、踏み切りで列車にぶつかりそうになった冴えないPRマンレイと知りあい
レイから、君はヒーローなんだから、もうちょっと真面目にやれよ、と教育され、一度刑務所に
入って教育されてこい、と言われる。
e0040938_231132100.jpg

ハンコックは正直にも州立刑務所に収監される。中にいる囚人はみなハンコックによって
ぶち込まれたやつらばからり。模範囚として刑を終えたハンコックにレイはちょっとダサい
ユニフォームを用意し、品行方正を胸として活動、市民から拍手を貰える英雄になった。

一方レイの妻メアリー(シャーリーズ・セロン)も、実は普通の格好をした「超人」だったのだ。
メアリーとハンコックは3000年前から超人として生きていて、歳もとらない。本来は
結ばれる定めだったのだが、2人が近づくと何故か、2人とも超能力が衰えて普通の人に
なっていってしまう。そこに何故か2人をやっつけようとする悪が現れるのだった。彼らは
それを3000年も続けているのだった。
e0040938_2330285.jpg

刑務所に居た悪人が出獄し、ハンコックを狙ってきた。メアリーと接近したことで、普通なら
弾丸なんて跳ね返してしまうのだが、撃たれて重傷を負う。ハンコックと一身同体の
メアリーも、急いでハンコックの元に駆けつけるが、彼女も悪のショットガンで重傷を負って
しまう。どちらかが死にそうになると、もう片方も命がないのだ。そういう運命だったのだ。

しかし、重傷を負いながらもハンコックは悪と対決。見事彼らを蹴散らすことに成功し、
メアリーも無事に生還したのだった。
e0040938_23121751.jpg

CGをふんだんに使ったハンコックとメアリーのハチャメチャ振りは、相当に痛快だ。
94分という長さもこの手の映画としてはいいのではないかな。ウィル・スミスの主演だから
悲劇的な終わりはないな、とは容易に想像できるが。
笑わないシャーリーズ・セロン(ちょっと御歳を召しましたな)がいいアジを出していたね。
理屈を抜きにして肩の力を抜いて、突っ込みどころは無視して楽しむエンタテインメントで
あります。後味のいい映画ではありました。
この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
Commented by サテヒデオ at 2009-03-19 09:36 x
サテヒデオと申します。
済みません。何度もトラックバックを送ってしまいました。お手数ですけれども、重複分の削除をお願いします。
今後とも宜しくお願いします。
by jazzyoba0083 | 2008-08-31 12:10 | 洋画=は行 | Comments(1)