ボー・ジェスト Beau Geste

「ボー・ジェスト Beau Geste」
1939 アメリカ Paramount Pictures,102min.
監督:ウィリアム・A・ウェルマン
出演:ゲイリー・クーパー、レイ・ミランド、ロバート・プレストン、スーザン・ヘイワード他
e0040938_18395730.jpg

昭和14年の作品。いささかつくりに大時代的なものを感じてしまうのも今から70年ほど前の
映画であることを考えれば、そう気にはならない。それより、演出やカメラワークが上手いので
冒頭からグイグイと引き込まれていった。フランスの外人部隊を舞台にしたイギリスの小説を
アメリカで映画化したので、どこかなじめない点もあることはある。
しかし、それを上回る古典としての迫力をこの映画は持っていると思う。何より若き日の
ゲイリー・クーパー、レイ・ミランドが輝いている。これまた若き日のスーザン・ヘイワードも
息を飲むほど美しい。そしてクーパーの少年時代を演じているのが、後に「雨に唄えば」や
「夜は夜もすがら」などでハリウッドのトップ・ミュージカル・スターとなった、
ドナルド・オコナーであることも嬉しい発見だった。そう言われれば、という感じだが、
少年時代の方がハンサムである。タイトルのボー・ジェストとはフランス語で「美しい行い」という意味だが、クーパー演じる人物の名前とのダブルミーニングとなっている。
名前の意味するところはエンディングで明かされる。

アラブの砂漠、トコス砦の様子を見にきたフランス軍外人部隊のボージョレ大尉一行は
砦の異様な雰囲気に戸惑う。どの銃眼からも見方らしい兵士が体を乗り出しているのだが、
いずれも生きている様子はない。命令を受けたラッパ手(後に彼がジェスト3兄弟の次男
であることが判るのだが)が壁を上って砦の中に入ってみると、中にいた兵士はやはり全員
死亡していた。そして胸に剣が突き刺さって死んでいた軍曹の手にはロンドン警視庁あての
手紙が。

その手紙には、「青い水」と呼ばれるサファイアを盗んだのは私です」と記されていた。
そしてそのそばにはもうひとつの遺体が。ボージョレ大尉も中に入ると、ラッパ手の姿も
消えていた。声をかけてもだれも応答しない。やがて部族の一隊が攻めてきて、大尉の
一行はオアシスに避難した。すると砦の中から煙が上がり、やがて砦は爆発、火災と
なったのだった。

このミステリーを15年前のイギリスに遡って解いていくのがストーリーである。
『英国のP・C・レンの小説を映画化した、いかにも魅惑的な波瀾万丈の物語。
孤児のジェスト三兄弟は、彼らを養子に迎え愛情を注いでくれた叔母の経済的危急を知り、
最後に残された宝石“青い水”を守り抜くため、無断で持ち出して外人部隊に加わった。
長男ボー(クーパー)を中心に堅い兄弟愛に結ばれた彼らは、戦場で獅子奮迅の活躍を
見せるが、結局、末弟ジョンだけが生還し、“青い水”を逝った兄たちの手紙と共に叔母に返す。

監督ウエルマンは、胸躍る冒険の予感を叙情的に綴るプロローグの美しい展開(幼少の
3兄弟と従妹がともに遊ぶ場面から現在への時間経過の、今の映画では考えられない
流麗な運び)から、偉大な娯楽活劇の作り手であると同時に、自覚しているかどうかは
ともあれ、詩的なストーリー・テラーである一面ものぞかせ、これぞ30年代アメリカ映画
という、バランスの取れたヴォリュームを作品に持たせている。』(allcinema)
e0040938_18403373.jpg

3兄弟の砦での生活、一隊を率いることになる軍曹との確執、責めくる部族と反乱の
狭間で揺れる兄弟。長兄と末っ子の2人が砦に、次男は援軍に、という配置。そのあたりの
物語も大時代的ではあるが、魅せるものがある。

結局、銃眼から体をのぞかせていた兵士は、部族との戦いで命を落とした兵士を軍曹が
砦の中の軍勢を大人数に見せるため、遺体を立てかけて仕掛けたものであった。
そしてその戦いで、長兄(クーパーが命を落とす。末っ子のジョンは、兄のメッセージを
受け取り、サファイアを携えて砦を脱出、エジプトへと向かった。そこに援軍のラッパ手
として砦に入った次男が亡くなっている長兄を発見、彼を宿舎のベッドに運び、ガソリンを
まいて火をつけたのだ。
これは少年時代の兄弟の約束「バイキングの火葬」を実践したものだった。そして次男も
砦を後にしジョンと合流、砂漠からの脱出を試みるが、部族の一隊に行く手を阻まれる。

ラッパ手の次男は、自分が攻撃ラッパを吹いて、いかにも大軍が来たように見せるから
その間に銃撃しろ、と離れたところに移動してラッパを吹く。たちまち大混乱する部族。
まんまと作戦は成功したが、次男は逃げる途中の部族の一人が放った銃弾に斃れた。

そしてイギリス。叔母にサファイアを返すため、そして待っていてくれたイゾベル(ヘイワード)
に求婚するため、ジョンが戻ってきた。そして、叔母に無断でサファイアを盗んだのは
長兄のボーで、叔母が没落を防ぐため、あえて盗んだという事実を明らかにした。
叔母の口から思わず「美しい行いだわ(ボー・ジェスト)」という言葉が出たのだった。
そしてジョンは、イゾベルに求婚したのだった・・・
e0040938_184162.jpg

"Milland and Susan"

古き良きハリウッドのアドヴェンチャー映画がここにある。
この映画の情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/8641970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2008-09-19 23:05 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)