ザ・スナイパー The Contract

●「ザ・スナイパー The Contract」
2006 アメリカ Millennium Films,Contract Productions,96min.
監督:ブルース・ベレスフォード
出演:モーガン・フリーマン、ジョン・キューザック、ジェイミー・アンダーソン他
e0040938_20333137.jpg

WOWOW・B級映画④。主役の二人に文句は無いのだが、何せ短い映画なのに筋が
判りづらいのが致命的。(私の頭が悪いのか?一緒に見ていた奥さんも判らないって言って
いたけど・・)。

『元警官の体育教師レイ(キューザック)はある日、妻を亡くして以来荒れるようになってしまった息子クリスと親子の絆を深めるため森へキャンプに出掛けた。すると彼らはその森で、警察の追っ手を逃れる殺し屋カーデン(フリーマン)に遭遇する。正義感からカーデンを連行するレイ。しかし、その後をカーデンの仲間たちが追いかけてきていた。数々の危機を乗り越えながらレイとクリスは次第に父子の仲を取り戻していく。一方、FBIはカーデンが要人を暗殺すると判断し、対策に乗り出していた。しかし実は、カーデンはある重要人物の暗殺を政府から任命されていたのだった…。』(allcinema)

フリーマン演ずる殺し屋?集団のボスは、ある戦争中に失踪して今は行方不明、という身分。
しかし、ある契約に基づき、殺しの仕事に入ったところで交通事故を起こしてしまい、
(このクルマの転覆の仕方が、そんなに激しくひっくり返らなくても・・・と突っ込みをいれたくなる
ほどの激しさ)身元がばれてしまう。数々の黒い仕事を引き受けてきたカーデンが現れたこと
にFBIもCIAも困惑する。そして、ある任務中の彼に刺客を送り込み、亡き者にする計画を
進める。事故で入院していた病院から連邦保安官に連行され警察に移動中、仲間が
車列を襲撃し、カーデンを救おうとしたのだが、手錠で繋がれた彼は護送のクルマごと谷底に
転落する。保安官を奪った銃で撃つが、川で流される二人。そこに通りかかったのが
レイとクリスの親子だったのだ。

レイは元警官で今は体育教師。岸辺に引き上げた保安官から、彼は逃走中だから警察に
連絡してくれ、といわれる。保安官はそのまま絶命。カーデンから「関わるな。俺を逃がせば
なにも起きなかったことになる」と言われるが、そこは元警官、手錠のカーデンを銃で脅して
電話のかかる所に移動しようとする。クリスそのあたりの森の地理に強いので、追っ手を
巻きながら逃げる。そして駐車場についたのだが、先行したクリスが、カーデンの仲間が
谷に落ちた車を助けようと、言っている男を射殺するところをみてしまう。
恐怖に駆られたクリスはレイに事件を告げ、更に逃げる。途中でアベックと遭遇、彼らと
逃げるのだが、追っては警察のヘリを奪い、空から追いかける。そして、銃撃。アベックの
男のほうが誤って射殺されてしまう。

山小屋に逃げ込むレイとクリスそしてカーデン。追っ手と銃撃戦になる。そこに、警察の
ヘリが到着。親子は救われたのだが、カーデンは逃亡してしまった。事件の全容を知って
しまったレイとクリスの身を守ろうと、後日、FBIの女性捜査官の前に現れたカーデンは
「レイとクリスに何かあったらおまえを殺すからな」といって、人ごみに消えていったのだった。

なんか山歩きばっかり見せられた感じだなあ。モーガン・フリーマンは悪役ぶりが良かったな
と思っていたら、ラストでウィットの無い正義感として描かれていて、がっかり。もう少し
気を効かせた終わり方にして欲しかったね。罪も無い警官たちをバリバリに殺すやつらの割
に急に善人になるなんて・・・ちょっと納得がいかなかったな。
一番良かったのは、犯人が奪ったヘリが、レイの射撃で落ちていくところ。どうやって撮ったか
判らないが、良く出来ていた。ラストは、心が離れていた彼氏が殺された女性とレイが
その後共に暮らすのでは・・・と思わせて終わる。
この映画の情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/8732892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画 Search An.. at 2008-10-10 00:46
タイトル : f20u3B・EQ78
今日のブログ10選!毎日その日の更新ブログを調査しています。映画についての最新...... more
by jazzyoba0083 | 2008-10-07 22:55 | 洋画=さ行 | Trackback(1) | Comments(0)