タロットカード殺人事件 Scoop

●「タロットカード殺人事件 Scoop」
2006 アメリカ・イギリス BBC Films,Ingenious Film Partners,95min.
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ウディ・アレン、スカーレット・ヨハンソン、ヒュー・ジャックマン、イアン・マクシェーン他
e0040938_0154342.jpg

いかにもウディ・アレンらしい小洒落た、セリフの多いスタイリッシュな、時間も短い見やすい
映画だ。ウディの吃音風のセリフ回しが嫌いな人はだめだろうけどね。
スカーレット・ヨハンソンが美しい。残念ながらほぼ全編眼鏡をかけているので、ちょっと
損してるかな。それでもウディの演出に応えて、なかなか達者な演技をしている。
ヨハンソンにすっかり入れあげた老監督の趣味の映画みたいだね。
e0040938_0163364.jpg

『ウディ・アレン監督が「マッチポイント」に続いて再びロンドンを舞台に描く軽妙な犯罪ミステリー・コメディ。マジックショーの最中に新聞記者の幽霊から連続殺人事件の真犯人という一大
スクープを託された快活なアメリカ人女子大生が、真相を探るため三流奇術師と凸凹コンビを組み珍妙捜査を繰り広げるさまをユーモラスに描く。主演は「マッチポイント」に続いての起用
となるスカーレット・ヨハンソン、共演に「X-MEN」のヒュー・ジャックマン。また、本作ではウディ・アレン自身も出演し、三流奇術師役でスカーレット・ヨハンソン演じる女子大生とコミカルな
掛け合いを披露する。
e0040938_0191282.jpg
 
 ブルックリン生まれのサンドラは、ジャーナリスト志望の野心あふれる女子大生。休暇で
ロンドン滞在中の彼女はある日、観賞していたマジックショーで老マジシャン、シドに指名され、人が消える箱“チャイニーズ・ボックス”に入れられる。彼女はその中で、なんと3日前に急死した敏腕新聞記者ストロンベルの幽霊と遭遇、彼からロンドンを震撼させている“タロットカード
殺人事件”の真犯人を耳打ちされる。その名は、ハンサムな英国貴族ピーター・ライモン。
世紀のスクープにやる気満々のサンドラは、同じブルックリン出身だというシドと手を組み、
父娘になりすましてロンドン上流階級に潜入、ピーターへの接近を試みるが…。』(allcinema)
e0040938_0171716.jpg

・アメリカの大学生がなぜロンドンにいたか?=サンドラの母親が当てたマイアミ旅行で知り
あった、イギリス人上流階級の娘ヴィヴィアンと意気投合し、ジャーナリズム専攻であったことから著名な映画監督のインタビューを取るために、知り合いの女性の家に泊まり取材にチャレンジしていた。
・なぜ、手品師と知り合ったか?=ヴィヴィアンの弟との約束で手品を見にきた3人。
ウディ演じるシド・ウォーターマンにチャイニーズボックスに入る人として客席からステージに
上げられたのが、サンドラだったというわけ。そのボックスの中で亡くなった記者の亡霊が
出たのだった。
・なぜ、サンドラはピーターと知り合えたか?=ヴィヴィアンの情報で、ピーターが会員制の
プールに毎日泳ぎに来る、と聞いて、シドと親子を装い、ヴィヴィアンの紹介、ということで
プールに入り、サンドラがおぼれる真似をして、ピーターに助けられた。ピーターは彼女に
一目ぼれ。上流階級のパーティーに招待したのだった。
e0040938_018039.jpg

・タロットカード殺人事件の犯人はピーターか?=映画の途中で、サンドラが事件の真相を
イギリスの一流紙オブザーバーに売り込みに行くと、編集者から犯人は逮捕されたよ、
と聞かされる。DNAや指紋も一致した、という。
・ではピーターは何をしたのか?=彼は女好きで複数の娼婦と付き合いがあった。ある時
カフスを忘れてくるという失態を犯したが、その女は本物のタロットカード殺人事件タロット
カード殺人事件犯人に殺される。その連続殺人に自分の殺人を紛れ込ませたのだ。
ベティGという女性が、彼の正体を知ってしまい、金を要求してきたので、殺し、タロットカード
連続殺人事件に見せかけたのだ。
・サンドラの運命は・?=郊外の別荘で週末を過ごしていたサンドラとピーターの元に
内定を続けていたシドから電話が入る。ピーターの家の楽器置場のホルンの下から殺された
ベティGの部屋のかぎが見つかったのだ。逃げろ、というシドの言葉を無視するサンドラ。
ほかの部屋で電話を盗み聞きしていたピーターは事件がバレタことを知り、彼女を敷地内の
湖にボートで誘い出し、突き落とす。ピーターは悲しげな声色を使い警察に「事故」の連絡。
しかし、サンドラが目の前に現れ「私は水泳部の主将だったのよ。おぼれたのはあなたの
気をひくため」と告白したのだった。
・で、シドは?=真実を突き止めたシドは愛車スマートを駆って郊外の別荘に急行するが、
交通事故を起こし、あの世に。

三途の川?を行く死神のボートに乗っている客たちが冒頭とエンディングでキーになる。
最後の全体の種明かしがいま一つすっきり来なかったが、全体としては気楽に楽しめる
ウディ流のコメディに仕上がっている。
この映画の情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2008-10-15 22:50 | 洋画=た行 | Comments(0)