パルプ・フィクション Pulp Fiction

●「パルプ・フィクション Pulp Fiction」
1994 アメリカ Miramax Films,Jersey Films,A Band Apart 154min.
監督・脚本:クェンティン・タランティーノ
出演:ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ハーヴェイ・カイテル他

<1994年度アカデミー賞脚本賞、カンヌ映画祭パルムドール受賞作品>

e0040938_19431794.jpg

タランティーノという人の映画をちゃんと観たのはこれが始めて。当然「キル・ビル」などの監督であることは知ってはいたが、どうも「ぶっとんでそうな」映画は得意ではないので、敬遠していた。で、「パルプ・フィクション」。何がなんだか判らなかったけど、面白かった。群像劇のようで
いてそうでもなく、アクションでもお笑いでもない、クエンティーノ独特の映像世界なんだろうね。

長い映画だけど、話がテンポ良く進んでいくので、登場人物が多い割には長く感じないし、
「で、結局?」というカタルシスを敢えて得ようとも思わない不思議な映画だ。
サミュエル・L・ジャクソンが劇中で3回言う、聖書の言葉がキーポイントになっているのだろうか。ホントに不思議な映画だ。好きか嫌いか、と問われれば好きだな。

複数のストーリーが綾なすように進んでいき、ラストに向かって収束していく。冒頭は
ファミレスの強盗カップル。この際、このレストランで「タタキをやろうよ」と決意し、テーブルの
上に立ち上がり銃を振りかざす。そこからタイトルクレジット。この二人はエンディング近くまで
出てこない。

そして中核をなすのは、奪われたボスの現金の回収を命じられたヴィンセント(トラボルタ)と
ジュールス(サミュエル)のコンビ。裏切り者を発見して、回収に成功する。ここでも聖書の
言葉を口にしながら、突然銃をぶっ放して人を殺したりする。なんだこの感覚は!!
二人は裏切り者の1人を後部座席に乗せてボスのところに向かうが、ヴィンセントの銃が
暴発、後部座席の黒人の頭をふっ飛ばしてしまう。困った二人は、ヴィンセントの友人の家に。
ここでボスに連絡、掃除屋といわれる男が来て、車の中の掃除を命じたりして解決に乗り出す。
殺してしまった男はトランクにのせて、スクラップ処理場に運び、跡形もなく消してしまった。
e0040938_194428.jpg

一方、ボス(カイテル)からガールフレンド(ユマ・サーマン)のデートの相手をするよう頼まれ
苦戦していた。ガールフレンドはヤクのオーバードーズで死にそうになり、売人の家に連れ込み
心臓にアドレナリンを直接注射して一命と取り留めたり。

さらに中年ボクサーのブッチは、ボスから八百長試合を仕込まれ、引き受けるが負けるはずが
ノックアウトして殺してしまった。賭けで大損することになったボスはブッチを追いかける。
ブッチはガールフレンドとこの街を逃げるしかないと覚悟、モーテルに移動したが、ガールフレンドが、曽祖父から代々遺産として受け継いでいる腕時計をアパートに忘れたため、カールフレンドのホンダシビックで取りにもどる。時計はカンガルーの置物のところにまだあって、それを取り
戻ろうとしたとき、キッチンにマシンガンが置いてあることに気が付く。手にしていたところに
トイレからヴィンセントが出てきた。当然ボスが放った殺し屋であることは理解できたブッチは
即座にマシンガンをぶっ放し、ヴィンセントは即死。急いでシビックでガールフレンドのいるモーテルに戻ろうとしたとき、とまった信号でクルマの前をなんとボスが横切った。ボスを跳ね飛ばし
逃げようとしたとき、クルマが他のクルマと衝突。転覆してブッチも大怪我。走って逃げた先が
怪しげな雑貨屋(骨董屋?)。追いかけてきたボスともども捕まり、男色の世界の捕虜となって
しまった。店主の仲間の警官?らしき男がきて、まずどちらから始末しようか、と指差し、
最初にボスが指名され別室に連れ込まれた。手のロープを外して、別室をのぞいてみると、
なんとボスが警官に犯されていたのだ。

自分だけ逃げようとしたブッチだったが思いとどまり、店にあった日本刀を掴むや、まず店主を
切り殺し、警官にきり付けて、ボスを助けた。ボスは、ブッチの逃亡に目をつぶるから今日あった
ことは忘れろ、という。これは二人の秘密だと。
警官が乗ってきたプライベートのチョッパーバイクでガールフレンドの待つモーテルに戻った
ブッチは二人乗りで街を出て行った。

クルマの中で誤って人を殺したヴィンセントとジュールスは、血だらけのスーツをTシャツと
単パンという格好にさせられてしまい、冒頭の強盗カップルのいたレストランで、話し込んで
いた。そこに強盗事件発生。客の財布を回収に来た男を逆に捉え銃を突きつけ、1500ドル
やるから去れ、という。ジュールスは、最初の裏切り者を殺した現場で、キッチンに隠れていた
男に狙われ5~6発発射されたが、全部当たらなかったのは神の意志だ、と言って、ギャング
から足を洗う、と決めていたのだ。そんなの偶然だよ、と言っていたヴィンセントとは逆に。
e0040938_1944561.jpg

時制が混乱する部分はある。ヴィンセントがブッチに殺されたとき、スーツを着ていたから
クルマの中で暴発で人を殺してしまう前の話であるはず。映画の終わりにはTシャツを着ていた
ので、ブッチの話はずいぶん前の話ということになるが、そこでヴィンセントは死んでいるんだ
よな。その辺がアホな私は良く判らなんだ。

映画というものは様々な表現方法があるわけだが、タランティーノのポップでオフビート感覚で
描かれる映画は、不条理であったり滑稽であったり、異常であったりする。世界の実相とは
そうであるかのように。パルプ・フィクションとは「三文小説」「くだらない文章」とかの意味。
e0040938_19454089.jpg

この映画の情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/8865880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画DVD・映画ブルーレ.. at 2009-04-14 12:30
タイトル : パルプ・フィクション
パルプ・フィクション (1994)今回の映画は、「パルプ・フィクション」です。本作「パルプ・フィクション」は、異なる立場の犯罪者たちの物語が交錯するクライム・ドラマです。監督は「レザボアドッグス」「フォー・ルームス」のクエンティン・タランティーノ。パンプキ...... more
by jazzyoba0083 | 2008-10-29 23:30 | 洋画=は行 | Trackback(1) | Comments(0)