神様は太陽のあたたかさ What If God Were the Sun?

●「神様は太陽のあたたかさ What If God Were the Sun?」
2007 アメリカ テレビ映画(WOWOW) 89min.
監督:スティーヴン・トルキン 原作:ジョン・エドワード「神さまは太陽のあたたかさ」
出演:レイシー・シャーベル、ジーナ・ローランズ他
e0040938_091196.jpg

これは2007年5月にアメリカ Lifetime チャンネルで放映されたテレビ映画。こうした
海外の優れたテレビ映画、特にHBOとか、を観られるのもWOWOWのいいところ。

超多忙なERで働く看護師ジェイミー(レイシー)。ある日呼吸困難で運ばれてきた老夫人を
観ているとき、隣に偶然銃弾を浴びた警官である父が心肺停止状態で運ばれてきた。
自分がもっと早く父に気が付いていれば助けて上げられたのに、と自分を責めるジェイミー。
e0040938_094570.jpg

彼女と父の間には離婚した母のことで確執があり、父を許さないと、喧嘩したままであり、
そのまま父と別れなければならなかったことも後悔していた。心荒んで、婚約者の弁護士
とも上手くいかなくなっているいるジェイミーに親友で上司の看護師長は、仕事が楽な
介護センターに行くように命じる。

そこで出会ったのが、末期肺ガン患者のローゼンブルーム夫人だった。彼女も長女との
確執を持ちつつ、しかし神様を信じ、ジェイミーにはただのわがままババアとしか見えなかったのだが、町の人の話を聞くと、彼女こそ太陽のような存在だ、といことが判った。
病院のピアノのふたに鍵が掛けられていて好きなモーツアルトも弾けないと、老婦人は勝手
に退院、ジェイミーを個人的に雇うのだった。老夫人の長女は、オペラ歌手を目指していたが
本人の希望で会計士をしていた。今やおなかに孫がいて、長女は、母親に長生きして
貰いたいのに、母はわがままで、手を焼いていた。しかし、長女の母を思う気持ちは、決して
母のためにはなっていなかったのだ。長女自身の満足のためだったのだ。(気が付いていないが)。病状が進行するまえに、家でパーティーをやるんだ、というアイゼンブルーム夫人の
希望で、ジェイミーは準備を始めるのだったが、当日家に入ると、なんと長女がすでに料理
の支度を始めていた。そして、母のピアノで歌を歌って、招待客を喜ばせたのだ。
多くのお客が喜んでくれている様子を見て、笑顔の老夫人。思いを遂げて緊張が解けたのか
その場で倒れ、ベッドへと運ばれる。観念した老夫人は、長女やジェイミーにお礼を言った。
e0040938_010545.jpg

ほどなく老夫人は静かに神様の元に旅立っていった。
ジェイミーの母の浮気相手というのは、捜査中に銃殺された父の同僚の奥さん。浮気で
あったかどうか、自己犠牲の精神に溢れていた父は、町の自立センターのボランティアと
して活躍し、不良を再生させたり、町のみんなから大きな信頼を勝ち得ていたのだった。
そんな彼が、不慮の死を遂げた同僚の妻を放っておけなかったはずだ。それを母は
浮気と誤解したのだろう。
そんな父を許さずに別れてしまったことを責めていたジェイミーだったが、アイゼンバーグ
夫人を知り、その生き方に接していくうちに、人は生きていくうちに誰かを傷つけ、後悔して
いくもの。許すことこそ大切だ、ということを学んでいたのだ。

自分の言い分ばかり主張してきた、と気がついたジェイミーは婚約者とももう一度素直に
向き合うことを決意したのだった。
人間だれでも陥ることに気付かせ、そして許す尊さを説く、キリスト教的な側面の強い
ストーリーではあるが、押し付け感がないので素直に感動しながら見ることができました。
allcinemaにはデータがないので
こちらをご参照を。
by jazzyoba0083 | 2008-11-03 22:30 | 洋画=か行 | Comments(0)