バニー・レークは行方不明 Bunny Lake Is Missing

●「バニー・レークは行方不明 Bunny Lake Is Missing」
1965 アメリカ Columbia Pictures,107min. black&white
監督:オットー・プレミンジャー  原作:イヴリン・パイパー
出演:ローレンス・オリヴィエ、キャロル・リンレー、ケア・デュリア、ノエル・カワード他
e0040938_18431248.jpg

「帰らざる河」や「或る殺人」などで知られるオットー・プレミンジャー監督の後期の作品。
サイコ・スリラーとでもいうべきジャンルに属する作品で、一緒になぞ解きが出来るのが
楽しかったが、兄と妹という設定の、それぞれのキャラクターに、いささかの無理を感じたのは

私だけではないだろう。途中までは、一緒に犯人探しをして楽しいのだが、ネタがばれてのち
からは、ちょっとイタイ。

アメリカからロンドンにやってきたアン・レイク(キャロル・リンレー)。娘のバニーをあずけて
いた幼稚園に迎えに行くが、どこにもいない。関係者らは見ていないという。
e0040938_18441383.jpg

警察に届け捜査が始まる。捜査の指揮を取るのがニューハウス警部(L・オリヴィエ)。
アンには兄のステファンという雑誌記者がいて、彼も姪の行方不明に必死になってさがす。ヒントはないのか。「フライトプラン」(ジョディ・フォスター主演)と重なってくる。もっとも本作の方がずいぶんと先の話だが。だから、バニーという娘はもともといなかったのではないか、と観ている方は
疑いたくなる。さらに兄妹が乗ってきたというクリンメリー号他のアメリカ~イギリス間の
船舶の乗客名簿に、兄妹の名前はなかった。どうやって入ったのか。雑誌記者という兄の
身分は本物か?ここで、私は、なぜ兄妹がバニーの写真を持っていないのか?という疑問。
それさえあればすぐに手配できるのに。

捜査が進むうちにバニーの人形を修理に出していた預かり証が出てきたので、人形屋に行くと、あとから追ってきた兄のステファンもやってきて、人形を妹アンの手から取り上げると
火をつけて燃やしてしまう。
e0040938_18454645.jpg

ここにいたって、兄の狂気に気がついたアンは、ついに彼のクルマのトランクに匿われてい
たのを発見。何とか逃げようとするが、兄のしつこい追跡は続く。実は兄は幼児性の抜けて
いない精神状態で、妹の愛情を独り占めする姪を無き者にしようとしていたのだ。バニーを
穴に埋めようとするステファンを、「ブランコ遊び」「かくれんぼ」などで、兄の感情をはぐらか
して逃げようとするアン。そしてついにブランコを押していた時、ニューハウス警部らも駆けつけ、ステファンの身柄を確保、バニーとアンは救われたのである。
e0040938_18463010.jpg

最後の「かくれんぼ」「ブランコ遊び」に引き寄せら得てしまう兄の幼児性は判るのだが、
それまで、この兄妹はどうやって生活してきたのだろうか。なぜロンドンに来たから兄の
変質的な性格が現れたのだろうか、そのあたりの説明が足りないような気がした。
兄のキャラクターの演出がもうひとつ上手くいくと、なかなかの作品になっていたと思うのだ。
ただし、脚本が原作に縛られていたのかもしれない。直訳ではあるが、邦題はなかなか
しゃれていると思う。また、オープニングタイトルの紙をちぎっていく雰囲気は映画とマッチして
いてこれもしゃれている。
この映画の情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2008-11-24 23:30 | 洋画=は行 | Comments(0)