スウィート・ノベンバー Sweet November

●「スウィート・ノベンバー Sweet November」
2001 アメリカ Warner Bros.Pictures,BelAir Entertainment,
3 Art Entertainment,Papillon Productions,119min.
監督:パット・オコナー
出演:シャーリーズ・セロン、キアヌ・リーブス、ジェイソン・アイザックス、グレッグ・ジャーマン他
e0040938_23305732.jpg

オスカー作品「モンスター」に先立つ2年前のセロン、「マトリックス」の2年後のキアヌの
共演による、風変りな悲恋物語。1968年の「今宵かぎりの恋」のリメイク。
恋愛ものにしてはちと時間が長すぎかな。キアヌ・リーブスは「イルマーレ」も劇場で観たが、
やはり能面チックな顔は、「マトリックス」とか「地球が静止する日」のような、非人類的な
役の方がいい味がでると思う。恋愛ものは荷が重い感じだ。
e0040938_23314164.jpg

シャーリーズ・セロンも、甘々の恋愛ものは似合わない。こうした悲恋ものだからこそ彼女の
存在が光るのだろう。皆さんご指摘のように、自分のアイデアも加味された衣装センスは
光っている。ラストは好悪の別れるところだろうが、もう少し粘りは欲しかったのは確かだが、
リアリティを追及しては、全体が壊れるだろうから、私としては、まず合格点を差し上げたい。

ストーリーが展開されるサンフランシスコの風景もエンヤの挿入歌も、雰囲気作りに成功し
ている。これがNYだったらもう少し感じが違っていただろう。

サンフランシスコの大手広告代理店に勤めるエリートアドマン、ネルソン(キアヌ)は、ある日、運転免許の更新の席で、不思議な女性サラ(セロン)と出会う。
万事ビジネス中心で回っているネルソンと、スローライフに徹するサラとは生き方が180度
反対。サラは、1か月ごとに男を取り替えて生活していて、ネルソンをミスター・ノベンバーに
指名する。彼女には疲れた男を再生させる力がある、という。どうせ、あなたは仕事だけで、
恋も何もなんでしょ、と言われる。そのころネルソンはソーセージを作る会社の広告プレゼン
に大失敗し、クライアントに食ってかかり、クビになってしまっていて、恋人にも、去られ
ベンツも取り上げられていたのだった。
e0040938_23324937.jpg

サラと暮らしはじめるネルソンだったが、常にマイペースで、ベジタリアンで、ペットの犬を
可愛がり、着るものも自然派。本当の心を仕事の中で失っていったネルソンは、次第に
彼女の生き方に共感を覚えるようになる。そして、かつての同僚が持ってきてくれた大きな
仕事も断ってしまう。サラには持病があるようで、何か秘密もあるようだ。かつて姉とかなり
いい感じのペットショップを経営していたのに、今は音信を絶っていた。
e0040938_23333121.jpg

ネルソンは、彼女にプロポーズするが、彼女は涙ながらに受けることはできないと断る。
なぜなのか?感謝祭の準備をしていたサラがネルソンの前で倒れた。鍵のついた度だなを
あけるとズラリと薬がならんでいた。緊急入院したサラは、ガンの一種のリンパ腫に侵され
ていて、自ら治療を断り、残りの人生を精一杯生きようとしていたのだった。
だから、ネルソンのプロポーズを受け入れることが出来なかったのだ。本当は、はじめて
愛を受け止めようとした相手であったのだが、自分がもうすぐ死ぬと判っていて彼を不幸に
することを避けたのだった。
いったん彼女に自分の前から消えてくれ、といわれたネルソンだったが、サラと友人たちが
催した感謝祭のパーティーに、サンタクロースの姿で現れたネルソンは12個のプレゼントを
用意してきて、サラに最期まで一緒にいさせてほしい、看病させてほしいと懇願する。
しかし、サラは、私はあなたの思い出の中で美しくいたいから、別れて。と言って譲らない。
私はずっとあなたのものよ、と。そして、目隠しをされたネルソンの前からサラは消えていった
のだった・・・・。

サラの隣人にしてよき理解者チャズ(実は女装趣味のあるゲイで、しかもネルソンの宿敵
広告代理店のクリエイターであった)を演じたジェイソン・アイザックスと、近所の子供
アブナーが、脇で光っていた。味のある映画ではあったが、いささかしまりのない出来に
なっていた点が残念だった。
この映画の情報は
こちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/9332863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by えす at 2011-10-25 14:23 x
sweet novemberの衣装って
どこのものなんですかねぇ?
知る術はないでしょうか・・・
by jazzyoba0083 | 2009-01-02 21:45 | 洋画=さ行 | Trackback | Comments(1)