007 慰めの報酬  QUANTUM OF SOLACE

●「007 慰めの報酬 QUANTUM OF SOLACE」
2008 アメリカ MGM,Columbia Pictures,106min.
監督:マーク・フォスター
出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ他
e0040938_2117341.jpg

公開2日目のシネコンにての鑑賞。前日にWOWOWで「カジノロワイヤル」を観て復習。
前作のエンディングから1時間後からのスタート、というこの映画は、前作の筋を理解して
いたほうがより分かりやすいからだ。
続編というから、前作を見ていないと全く分からなくなると思っていたが、さすがにそうでも
なかった。別に前作を観ていなくても、十分楽しめるし、理解できる。

「カジノロワイヤル」が2時間20分を超える長さで、ストーリーが判りづらい、とこのブログ
でも書いたが、それに反省したか、今回は1時間46分と、全22作中最短となった。
で、出来だが、カーチェイス、屋根から屋根への追跡劇、飛行機の追跡、パラシュートでの
脱出、007の様々なアクションと、華々しいが、今一つ感動というか、「やるなあ」感が無かった。なんでかな。2回観てもなかなか理解しづらい「カジノロワイヤル」の方が、出来はいい
ような気がするが・・・。ダニエル・クレイグを見慣れてしまったからかな。

前回、黒幕であったホワイト氏の足を射抜いて、名乗りを上げたボンド。コモ湖の畔であった。
このあとのイタリアで、アストンマーチンとアルファロメオとの激しい追跡シーンから映画は
始まる。
e0040938_2118617.jpg

e0040938_2118235.jpg

ヴェニスの海で自殺同然に死んだ、ヴェスパーの気配りでホワイトを逮捕した
007、彼の更なる黒幕(ヴェスパーの彼氏を脅し彼女を悪に引き込み、結局ヴェスパーは
自ら命を絶つ形でボンドの前から永遠に消えた。その彼氏を脅していた黒幕)は、ボリビアに
いた。今度はグリーン氏だ。白だ緑だ。
彼は、環境保護の団体を隠れ蓑に、ボリビアの水の利権を独り占めにしようと企んでいた。
e0040938_21211152.jpg

まず手がかりを追ってハイチに飛んだボンドは、ボリビアの諜報員カミーユ(オルガ)を
パートナーに。黒幕がいると思われるボリビアに入りグリーンを追い詰める。
カミーユは幼い頃、時の政府に関わっていた父親を、反乱軍に目の前で
殺害され、母と姉はレイプされたうえに絞殺され、反乱軍の将軍に強い復讐心を抱いていた。
e0040938_2122143.jpg

最愛のヴェスパーを殺されたボンドも、復讐に燃えていた。そんなボンドに対しMは、
個人的な感情は除外して任務に当たれ、ときつく指示するが、ボンドはなかなかそうはいか
ない。

ついに牙をむいたグリーンは、現政権に水の利権を渡すように交渉したが上手くいかず、
かつての反乱軍の将軍に、話を持ちかける。利害の一致した両社は手を握ることになるが、
そこにボンドとカミーユが乗り込む。
e0040938_2124959.jpg

爆発と銃撃の果て、グリーンは脱出したが、砂漠の中。結局、彼は砂漠のど真ん中で死亡
する。家族の敵を討てたカミーユだった。しかし、グリーンを結果殺してしまったことで、
さらなる黒幕への糸が途切れた。一旦は、MI6をクビになったボンドだったが、Mは、また
戻ってほしいと頼む。「いつ辞めましたっけ」と、とぼけて去っていくボンド。そして
「James Bond will return!」のクレジット・・・・。
e0040938_2127356.jpg

なんかどんどん人間ドラマになっていき、かつての粋でお洒落で、女たらしで、アストン
マーチンにはいろんな仕掛けが満載で、もっている時計やライターにも色んな仕掛けがあった
かつてのボンドから離れていく。今回はアストンも登場するが、ガジェットはゼロ。というか
全編ガジェットはゼロ。セガールやヴァン・ダムばりの肉弾ファイトが中心で、人間臭さ
満点。
e0040938_21243992.jpg

諜報員を辞めようとまで決意させた最愛の女性を殺された復讐心を抑えきれない人間
ボンドに魅力を感じる人も多いだろう。これはこれで別の映画としてみれば、娯楽作としては
よく出来た映画だといえるだろうが、007を謳うにはいささかの無理を感じるようになってきた。
フォスター演出というよりも編集の腕前だろうが、ファイトのシーンがカットが短すぎて印象が
薄くなっている。観ているときは、ワクワクドキドキだろうが、あとに残らないんだよな、この手の
編集って。
さて、次のダニエル・ボンドはどんなことになるのだろうか。ポール・ハギスの脚本は?
e0040938_2125243.jpg

この映画の詳しい情報は
こちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/9479588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-02-19 18:07
タイトル : 007 慰めの報酬
 『傷ついた心が、共鳴する。』  コチラの「007 慰めの報酬」は、1/24公開となった「007」シリーズ第22作となるスパイ・アクションなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪「007 カジノ・ロワイヤル」をおさらいしといた方がいいらしいとは聞いていたのですが、みんなおさ...... more
by jazzyoba0083 | 2009-01-25 11:50 | 洋画=さ行 | Trackback(1) | Comments(0)