ザ・エージェント Jerry Maguire

●「ザ・エージェント Jerry Maguire」
1996 アメリカ TriStar Pictures,138min.
監督・製作・脚本:キャメロン・クロウ
出演:トム・クルーズ、キューバ・グッティング・Jr.レニー・ゼルウィガー、ケリー・プレストン他
e0040938_23172594.jpg

<1996年度アカデミー賞助演男優賞(キューバ)受賞作品>

<1996年度ゴールデン・グローブ 男優賞(トム)受賞作品>


連続してのキャメロン・クロウ監督作品鑑賞。本作も面白かった。だが、自説だが、脚本を書いた人が
監督をするとどうも映画が長くなる恨みがある。この映画ももう少し削げたのではないかな。そうすれば
もっと締まった感じが出たと思うのだが。

この頃のトム・クルーズって一番輝いていたころかなあ。キャメロン・クロウ監督とはその後「バニラスカイ」
も撮ることになるのだけれども。レニー・ゼルウィガーにとっては、この映画でブレイクした記念すべき
作品。本作は、映画としては王道的。
タイトルからするとスパイもののようだが、一人のスポーツ代理人(エイジェント)を描いている。

『スポーツ・エージェントのジェリー(トム)は、選手の年棒をつり上げるだけのやり方に疑問を持ち、
会社に提言書を提出した。だがクビになってしまい、彼はただ一人共感してくれた会計係のドロシー
(レニー)と共に独立する。クライアントは、落ち目になったアメリカン・フットボールの選手ロッド
(キューバ)だけ。ジェリーは大学フットボールのスター選手フランクの獲得に走るものの、かつての
同僚に奪われてしまう。
e0040938_23182976.jpg

自信を無くしかけた彼を励ましたのは、ロッドの“俺はお前についていく。俺たちはひとつだ”という
言葉だった……。トム・クルーズが理想に燃えるエージェントを演じた、二人の男の恋と友情、そして
成功の物語』(allcinema)

大会社を辞めて個人事務所にしたはいいが、ついてきてくれたのは子連れのドロシーだけ。そして
ただ一人のクライアントが落ち目のフットボール選手ロッド。ロッドはわがまま言って実力以上の
金での移籍を望んでいる。いいやつなのだがどうも横柄で、見かねたジェリーが、「態度をなんとかしろ」と
いうと彼は素直に従う。
e0040938_23195690.jpg

そして、息子のレイがとてもなついているジェリーに恋してしまうドロシー。そして二人は結婚。二人の
会社としてロッドを何とかしようとするが、ジェリーは試合について全米を回り、ドロシーはレイと二人きり。
「自分は恋にのぼせていたんだわ」と、いったんは別居を思い立つが・・。
e0040938_23191713.jpg

e0040938_23204343.jpg

周囲から孤立してもあきらめないジェリー。ロッドとの友情と、仕事上の信頼を勝ち得て、ついに大金での
契約に成功する。努力の人を支える健気な女性、そして男と男の友情とサクセス、ライバルの渋い顔、
連れ子にも愛される男、カタルシスもたっぷりの映画らしい映画でした。面白かったです。やはり
キャメロン・クロウの脚本がいいのだろうな。映画のツボの要素が全部入っている肩の凝らない映画ですね。

元カノにパンチを喰らうトム、鼻が高いから、痛いだろなあ、なんて変な所を心配してました。そんな
ところに気が行くような気軽な映画です。撮影は名ヤヌス・カミンスキー
です。映像の作り方も知らず知らずにいいなあ、と思えてしまいます。
この映画の情報はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/9752423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from COCO2のシネマ備忘録 at 2009-03-07 17:40
タイトル : ザ・エージョント
キャメロン・クロウ監督、脚本。トム・クルーズ。録画で。 巨大ビジネスの世界でもが... more
by jazzyoba0083 | 2009-03-02 23:10 | 洋画=さ行 | Trackback(1) | Comments(0)