●「LION/ライオン ~25年目のただいま~ LION 」
2016 オーストラリア The Weinstein Company,Sea/Saw Films.119min.
監督:ガース・デイヴィス  原作:『25年目の「ただいま」』サルー・ブライアリー
出演:デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、サニー・パワール、ニコール・キッドマン、デヴッド・ウィンハム他
e0040938_12440961.jpg
<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想:ラストまで書かれています>

タイトルがなぜ「LION」なのかは、映画の最後の最後に明かされるので、ネタバラシは
しておかないで置きます。今年のオスカー6部門にノミネートされた作品がようやくシネコンに
やってきました。「ムーンライト」が単館(名古屋では)上映になっている状況であれば、
本作がシネコンで上映されたのが奇跡のようだ。そのくらい内容は地味目である。
ちなみにうちの直ぐ側のイ○ン系のシネコンでは上映していない。まあ、今は春休み系の戦隊もの
やアニメ、JKものなどが幅を効かせているからなあ。

さて、本作、原作がある実話ものなので、感動のゲタを履いているとはいえ、よく出来た映画では
ある。では何故個人的に★が7つ(7.5)なのか。その理由が、少年時代を描く時間帯が長すぎた
んじゃないか、と感じたからだ。その部分では映画の抑揚が少ないと思った。確かに、成長してからの
主人公が仕事を捨ててまでグーグルアースを使って自分の出身地や実母、実兄と会いたい、との
思いを強めるための仕掛けとは理解出来るのだが、物語が大きく動き出すまでが平板な感じだった。
-------------------------------------------
インド、コルカタ付近で暮らしていた貧しい一家。兄弟はある日はぐれてしまい、弟サルーは動くな、と
言われていたのに列車に乗って、迷子となる。それ以来25年。彼はオーストラリアのお金持ちの
慈善篤志家の養子となり、何不自由無い成長をしていた。そして、同じインドの施設からは兄貴分と
して、自傷癖のあるマントッシュという男の子も養子として貰われてきたのだった。
成長し、ホテル経営を学ぶためメルボルンの大学で学ぶことになる。そこには多くの仲間がいた。
中に恋人となるルーシー(ルーニー・マーラ)もいた。サルーは育ての母スー(キッドマン)に
大きな感謝と愛情を感じていつつも、実の母は、兄は元気でいるだろうか、気になって仕方が
ない。友人の勧めで、グーグルアースを使って、幼いころの記憶を元に、実家のありかを探し始めた。

熱中する余り、仕事もやめ、恋人ルーシーとの間も思わしくなくなる中、彼は遂にインドの実家を
割り出す。
--------------------------------------------
インドの孤児を養子に迎えるというオーストラリアの夫婦。子供を作ることは出来たが、生まれた
子供が必ず幸せになるだろうか、ならば自分らの子供を持たず、養子を取り、彼らを立派するほうが
この世に意義がある、ということからの行動だが、カルトでもないのに、こうした夫婦がいるんだ
なあ。ブラピとアンジーみたいに自分の子もいて、養子もたくさんいて、慈善に熱心という金持ち
なら多少は理解も進むのではあるるが。

それと、観終えて一番思ったのは、たまたま前日にトランプがイランにミサイル攻撃をした直後
だったからかもしれないが、この映画に描かれているように、殆どが善人だったら世の中どんなに
いいだろう、ということとその反面、年間8万人いると説明されるインドの行方不明の子供の
原因の多くが貧困であり、中東問題も宗教問題も大きいが、貧困の問題も見逃されないものだ、
ということ。
一方で、どんな事情があるにせよ、実の家族を思う人の愛情の強さ、とは何者にも変え難いと
いうこと。さらに一方で、サルーのように恵まれた家庭に引き取られPCを自在に扱え、
実家を探し当てて、その土地まで行く金銭的な余裕があった、という側面も忘れてはならない
とも。サルーの家族への愛、そして努力を否定するものではないし、よくやったとは思うけど、
彼みたいな子供ばかりではないということも私たちは知っておかなくてはならないだろう。

ラストに本物のサルー一家とオーストラリアの育ての母が対面する動画が出て来るが、スチル
写真のほうが効果があったと思うのだが。

出演者陣については全体に良いと思う。特に最近個人的に注目のルーニー・マーラがここでも
大事な役割を担っていて好演。
e0040938_12442129.jpg
<ストーリー>
5歳の時に迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、
大人となりGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を
果たした奇跡の実話を「スラムドッグ$ミリオネア」「奇蹟がくれた数式」のデヴ・パテル主演で
映画化した感動ドラマ。
共演はルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン。
監督は、これが長編デビューとなるオーストラリアの新鋭、ガース・デイヴィス。

 優しい養父母のもと、オーストラリアで何不自由なく育った青年サルー。友人や恋人にも恵まれ、
幸せな日々を送る彼だったが、ひとつだけ誰にも言えない悲しい過去があった。インドの田舎町に
生まれたサルーは5歳の時、不運が重なり兄とはぐれ、たったひとり回送列車に閉じ込められて、
遥か遠くの街コルカタに運ばれてしまう。
そして言葉も通じない大都会で過酷な放浪の末に、オーストラリア人夫婦に養子として引き取られた
のだった。
ある時、サルーの脳裏にこれまで押しとどめていたそんな少年時代の記憶が強烈によみがえる。
インドの家族への思いが募り、わずかな記憶を頼りに、Google Earthで故郷の家を見つけ出すと
決意するサルーだったが…。(allcinema)

<IMDb=★8.1>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:86% Audience Score:92%>

この映画の詳細はhttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=359060#1こちらまで。

by jazzyoba0083 | 2017-04-09 11:20 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)