2017年 06月 12日 ( 1 )

アウトバーン Collide

●「アウトバーン Collide」
2016 イギリス・ドイツ DMG Entertainment 99min.
監督:エラン・クリーヴィー
出演:ニコラス・フォルト、フェリシティー・ジョーンズ、マーワン・ケンザリ、ベン・キングズレー
   アンソニー・ホプキンス他
e0040938_15513916.jpg
<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>

既視感ありありのストーリー仕立ではあるが、アンソニー・ホプキンスvsベン・キングズレーが
観られたり、「マッド・マックス 怒りのデスロード」で活躍したニコラス・ホルト君や
「ローグワン」のフェリシティー・ジョーンズも出ているということで鑑賞に及んだ。

輸入車ファンかつ貧乏性の私としては、この手のクルマがぶっ壊れる映画は、勿体なさが
先にたつのがナニである。新車のジャガーXE、F-type、ポルシェ・カイエン、メルセデス、
アストンマーチン、シトロエンなど、新車がアウトバーンをガンガンにぶっ飛ばして
ガンガンに壊れる。もったいないなあ・・・おれに呉れろ、と思ってしまう。

この映画の売り物は、高速でのカーチェイスと破壊シーンと、ホプキンスとキングスレーの
名優の対決だろう。後のストーリーはオチも含めてよくあるパターン。謎の豪華キャスティングと
クルマのぶっ壊れっぷりもなかなかいいので、観てしまったのだ。
主役のホルト君はちょっと優男すぎる感じ。恋人のフェリシティは彼女じゃなくてもいいね。
ツッコミどころも楽しい。ホルト君のクルマに敵の弾が当たらなさすぎなのは毎度のこと
だけど、ケルンのCAFEで二大老名優が対決するシーン、警察がCAFEを取り囲むのだけど、
みんな裏口から逃げちゃうのだね。おいおい、裏口をちゃんと固めんかい!と。
ホルト君、逃亡中、ガソリンが無くなり立ち寄ったGSで、高額な500ユーロを使わせない
店主に「俺は悪い人間ではない」とか言っちゃって、ここまでどんだけ一般人に迷惑を
かけていると思ってるの?と。いくら彼女の腎臓移植のためにカネが必要だからといって、
ケルンのまちなかやアウトバーンであれだけやりたい放題やらかして、悪くないはずが
ないでしょう、ねえ。
棚ぼたの大金を見事せしめて、相棒にも山分けし、警察と取引して無罪放免となり
二人してアメリカに渡っていったんだけど、ご都合主義もここまで来るとむしろご立派。
責める気にもならない。
勢いとテンポで観せてしまう99分。カーチェイスが前半でもっとあればもっとアドレナリンが
出ただろうに。
e0040938_15515466.jpg
<ストーリー>

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で物語の鍵を握るキャラを演じたニコラス・ホルト
主演のカー・アクション。恋人を救うため、高速道路を高級車で激走する男の姿をスピード
感満点の映像でつづる。数々のアクション大作を手がけてきたジョエル・シルバーが製作を
担当し、『ビトレイヤー』のエラン・クリーヴィーが監督を務める。

ドイツのケルン。トラックには麻薬、高級車に500万ユーロ。巧妙に仕掛けられた危険な
取引に巻き込まれたケイシー(ニコラス・ホルト)。2つの巨大な悪の組織から追われる身と
なった彼は、その追跡を逃れ、恋人ジュリエット(フェリシティ・ジョーンズ)を救うため、
高級車を乗り換えて速度無制限の高速道路“アウトバーン”を疾走する。運命に抗う大きな
賭けの行方は……?(Movie Walker)

<IMDb=★5.7>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:20% Audience Score:38%>




by jazzyoba0083 | 2017-06-12 23:20 | 洋画=あ行 | Trackback | Comments(0)