カテゴリ:洋画=か行( 258 )

●「きみに読む物語・THE NOTEBOOK」
2004 アメリカ・ニューラインシネマ 123分
監督:ニック・カサヴェデス
出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムズ、ジーナ・ローランズ
ほか。

もっとボロボロ泣けるか、と思って観たのですが、しみじみしちゃいました。
理屈じゃない、こういう映画もあっていいなあ、と思わせる映画。

私も年代的に近い年齢なので、身につまされる作品でしたが、泣かせて
やるぞ、ってな力みもなく、人間の持つ愛情の一側面を切り取って見事
でした。

ある老人療養施設に認知症で入所しているご婦人のところにデュークと
名乗る老人が訪ねてきてはある話を読み聞かせています。

1940年、ノース・カロライナ州シーブルックスという避暑地に、お金持ちの娘、
アリーが遊びにやってきた。そこで町の木工作業員ノアと出合った。最初は
ノアの一目惚れで強引なデートではあったが、17歳のアリーとノアはたちまち
激しい恋に落ちていく。
しかし、アリーはニューヨークの大学に進学が決まり、夏休みも終わり、
二人はケンカ同然で別れてしまう。その後ノアは365日毎日手紙を
書きますが、身分のつりあいを気にする母親が全てアリーに手渡さなかった。
そして、戦争が始まった。ノアが戦場に言っている間、アリーは国内の軍隊
の病院で戦争で傷ついた軍人の面倒を見るボランティアをしていたが、
そこで、富豪ロンと出会い、両親の賛成も得て、婚約を決める。
そんなある日、復員してきたノアは7年前にアリーと約束した、廃屋を立派な
家にすることの実現に向け、建築確認申請を取りにニューオリンズに来た
ところで、アリーを見つけてしまう。しかし、婚約者がいることに気がついた
ノアは、がっくりとして引き上げた。
そして、婚約が近づきウエディングドレスの試着をしていたアリーは、自分の
結婚を報じる地元紙に、廃屋を立派な豪邸に建て直したノアの姿が映った
写真を見て卒倒。
婚約者に、決着を付けてくると微妙な言い回しを残して、ノアの家を訪ねた。
やはり愛し合う二人はたちまちまた恋の炎が燃え上がってしまう。
アリーは、婚約者とノアの間で悩む。そして出した結論は?

その話を聞いていた老婦人が、「彼女はどちらを選んだの? あ、待って!
思い出したわ。それって私のことでしょ、あなた、ノアなのね」と突然記憶が
蘇ったのだった。しかし、数分後また、元へ戻ってしまうのだった。

老ノアが最愛の妻アリーに聞かせていた物語、実は、アリーがノアの為に
綴ったものだった。自分より先に夫が逝ってしまった時にと、書いていたのだ。

途中で、若い時代のノアとアリーが、この老人と老婦人なんだろうな、って
ことは判ります。しかし、判っても、深い愛情で結ばれた二人の辿る道、
辿った道のことを思うと気になりません。

何処にでもありそうな、とても真面目な夫婦の愛情物語を劇的なプロットに
仕立て、気持ちよく見せていきます。そして認知症になったら自分はどうする
だろう、と怖くなる映画でもあります。老アリーを演じた夫人はこの映画の
監督の実の母親だそうです。
若い二人が最初にダンスをするBGMが、ビリー・ホリディだったり、40年代の
映像に流れるのがスイングだったり、ジャズがバックで時代を演出しています。

尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-05-02 23:44 | 洋画=か行 | Trackback(1) | Comments(0)

ケーブルガイ・Cable Guy

●「ケーブルガイ・Cable Guy」
1996 アメリカ コロンムビア/ソニーピクチャーズ 95分
監督:ベン・スティラー
出演:ジム・キャリー、マシュー・ブロデリック、レスリー・マンほか。

「マスク」で日本でもすっかりおなじみになったジム・キャリーが「マスク」の
2年後に撮ったもの。ベン・スティラーは俳優としてのほうがキャリアが
長いのだが、監督としては2本目。そして、マシューは、「ミュージックマン」
の主演で見覚えがあった。

ジム・キャリーはその表情が極めて特異なイメージがあるが、この映画でも
面白いのか、怖いのか、判らないのが、むしろ怖い。

不動産会社に勤めるスティーブンは、彼女との間が微妙になり、しばし別々に
暮らすことになり、新しいアパートに越してきた。
ケーブルテレビに加入したのだが、係りの男が4時間たっても来ない。
やっと来たのが、ジム演じるケーブルガイ。
最初から、「こいつ頭おかしいんじゃないか」っていう言動のオンパレード。

スティーブンと彼女の間のヨリを戻すのを手伝ったり、スティーブンの部屋
に勝手に入って、大型テレビや大型スピーカー、カラオケセットを
据え付けて行ったり、とにかくスティーブンの廻りをしつこく付きまとう。
本人は「友達になりたいんだ」というが。どこか、危ない人の匂いが
する。
そのうち、スティーブンは突然警察に捕まる。家に持ち込まれた
オーディオセットが、盗品と判ったのだ。

なんとか保釈され、疑惑も晴れたが、スティーブンはケーブルガイが
許せない。正体を暴こうと、テレビ局の知り合いに頼むと、ケーブル
テレビ会社にそんな男はいない、という。かつてクビになった
男らしい。ケーブルガイはついにスティーブンの彼女を拉致し、
大きなパラボラアンテナの上でスティーブンと対決することになる。

結局、ケーブルガイは幼いころ、両親とも忙しく、テレビが子守で、
友達が出来なかった。そんな子供を作っちゃいけないんだ、
子供をテレビに任せちゃいけないんだ、と至極まともなことを
最後に言うのだが、それがこの映画全て。

批評では、みなさん高い評価をしているようですが、私には
なんだかなあ、って感じでした。たしかにケーブルガイの言って
いることは正しいし、社会的な問題提起にもなっているんですが、
じゃ、途中で出てくる中世の騎士の格好をした決闘ゲームは
なんだろうか?ジムの顔芸の達者なところに思わずクスリという
シーンもあるが、95分の映画にしても、なんだかなあ、です。
映画を通して、テレビのニュースで伝えられる「双子殺人事件」
というのは何かのパロディなんでしょうか。知らない人には
全く判らない。
ラストシーンで、ヘリの中の救急士に名前を聞かれ、
「I LOVE LUCY」の旦那の名前、リッキーと答えたバックに
ルーシーの番組のテーマが流れたのも、知らない人には
全く判らない。アメリカでこそ成り立つ映画かな。

尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-04-30 23:30 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)

●「きっと忘れない・Wiht Honors」
1994 アメリカ ワーナーブラザーズ映画 101分
監督:アレック・ケシシアン 出演:ジョー・ペシ、ブレンダン・フレイザー
モイラ・ケリー、パトリック・デンプシーほか。主題歌:マドンナ


映画っぽい映画、という表現が適切かどうか判りませんが、私には
そう感じました。大学に住み着くルンペンと4人の学生の心温まる
物語に友情と人生を考えざるを得ない心境になります

ハーバード大学の4年生、モンティやコートニーたちは、卒業を
控え卒論の制作に忙しい。季節は冬。パソコンのハードディスクの
クラッシュで、それまで書き上げた卒論の一部を急ぎ大学でコピーを
しなくてはならなくなったモンティは、雪の中をコートニーと大学へ
出かけますが、つまづいて、卒論の入った封筒を、地下のボイラー室に
落としてしまいます。
警備員をだまくらかして、地下室に入ってみると、なんとそこに、
サイモン(ペシ)というルンペンが住み着いていた。そして、
モンティの卒論を人質に、宿と食事を要求、要求が1つ叶えられる
ごとに1枚づづ返してやる、と契約を結ぶハメになってしまいます。

モンティはサイモンを一軒家をシェアしている3人の友達もところへ
連れて行きますが、住まわせることは出来ず、外のポンコツの
ワゴン車の中で暮させることにします。
初めは単なる、意地悪なルンペンと思っていたサイモンですが、実は
ハーバード大の教授の言い負かすだけの頭脳をもっている、
賢い男。故あって、浪々の身となったのでした。

モンティは、船乗りとして世界を巡っていたのですが、20年前に
ある造船所で働いた時、アスベストを吸い込んで、肺は末期的な
症状になっていて、余命幾ばくもない身だったのです。

モンティたちとサイモンの奇妙な共同生活が始まりますが、
まだまだヒヨコで、頭でっかちのハーバード大の学生たちは
サイモンから、貴重な人生訓を学んでいくのです。

サイモンも自分の最期が近いことを知っていて、「死亡広告」を
事前に考えたりしていたのですが、最期の願いだ、といって
あることをモンティに頼むのです。

ラストは涙なしでは観られません。
サイモンは悲惨な人生しか歩けなかったけど、4人に大学生に
その心はきっちり受け継がれたのでした。

そう突拍子もない映画ではなく、大作でもないのですが、心に
沁みる良い映画だと思います。良心派の作品といったところ。
主題歌を歌っているのが、マドンナで、「I'll remember」は
全米1位に輝きました。

現代は「誇りと共に」という映画の中身を実に表していますが、
邦題は、マドンナの主題歌から取ったのではないででょうか。
この邦題を腐す人も見えるようですが、もっとビックリする
邦題もありますから、まあ良いタイトルじゃないですか?
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-03-21 23:04 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)

コラテラル・COLLATERAL

●「コラテラル・COLLATERAL」
2004 アメリカ パラマウント/ドリームワークス作品 120分
監督・製作:マイケル・マン、出演:トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、
ジェイダ・ピンケット=スミス、マーク・ラファロ、ピーター・バーグほか。

ブラピと組んで「アビエイター」を製作したドリームワークスのマイケル・マンが
トム・クルーズを初の本格的悪役に仕立てた、サスペンス映画。
「Ray」でアカデミー賞主演男優賞に輝いた、ジェイミー・フォックスが
共演していて、ここでも良い味だしてます。まず、オープニングから
トムの登場まで、つかみのテンポが実に小気味いい。AORな味わいも
いい!(「タクシードライバー」ほどジャジーじゃないけど。)

話は現代。ロスのタクシー運転手マックスは、いつの日にかラスベガスで
リムジン会社を経営することを夢見て、「今の俺は仮の姿だ」と自分を
納得させて暮す毎日。
ある日、女性検事を乗せた直後に乗せたのが、殺し屋ヴィンセント(トム)。
彼は、麻薬取引の裁判で、不利な証言をしてしまうだろう、5人を麻薬ボス
から殺してくるように、データのみを渡されて、マックスのタクシーに乗って、
データの順番に銃殺して回る役目を引き受けていた。
巻き添え(コラテラル)になった、マックス。ヴィンセントに対し、「どういう環境で
育つとお前みたいな人間ができるのだ?」「お前には人間の本質の何かが
欠けている」と、ぼやいてみますが、そんなセリフにヴィンセントは馬耳東風。
マックスのクルマで次々と殺しを重ねて回ります。
しかし、最期の相手が、最初に乗せた女性検事だと知ったマックスは・・・。

殺し屋ヴィンセント(という名前が本名かどうかも判らない)は最期まで、
何物かわからないまま。無個性にして匿名のターミネーターばりの
殺人者にしてはトムは顔が優しすぎるけど、表情を殺してよく演技していた
と思います。しかし、美味しいところはみんなマックス(ジェレミー)に持って
いかれてますね。

ジェレミーはこの映画で、タクシー運転手を12年やってきて、小さな夢を持ち、
病気の母親がいて、そんな市民に襲い掛かった、突然のコラテラル&
不条理を、よく演じきっていたと思います。この作品でトムはラジー賞を
獲ったんじゃなかったんでしたっけ?

映画の中で、一箇所だけ、トムがジェレミーを助けるところがあるんですが、
そこに、非情の殺し屋なんだけど、ちらっと人間的なところが出ていて、
極悪の殺し屋には違いないのですが、鉄面皮で終わらせていない、
トムの内面をちらりと覗かせていて、観ている人に、何かを考えさせます。

5番目の殺しに向かう途中の車中の会話。含蓄があります。
殺し屋「”いつか夢がかなう”と?」
  「ある夜 目を覚まして気づく。 夢はかなうことなく、自分が老いたことを」
  「お前は本気でやろうとしてない」
  「記憶のかなたに夢を押しやり昼間からボーッとテレビを見続ける」
運ちゃん「俺に説教するな」

このあたりのセリフ、ぐだぐだ生きている人にはズッキリでしょうね!

途中、クラブの群集の中での撃ちあいで、ドンパチやっているのにダンスが
続いているとか、タクシーの運ちゃんが、後半いきなり、スーパーマンに
なっちゃうとか、突っ込みどころもあるのですが、ま、「娯楽作品」と
割り切って楽しめば、良い映画ではあると思います。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-03-21 19:22 | 洋画=か行 | Trackback(1) | Comments(2)

恋は邪魔者・DOWN WITH LOVE

●「恋は邪魔者・DOWN WITH LOVE」

2003 アメリカ フォックス&リージェンシー 101分
監督:ペイトン・リード 出演:レニー・ゼルヴィガー、ユアン・マクレガーほか


いかにも、60年代のアメリカを舞台にラブコメディーを描くとこうなるんだなあ、
という典型的な映画です。「シカゴ」「コールドマウンテン」
「ブリジット・ジョーンズの日記」などですっかり大女優の仲間入りした
レニーと「ビッグ・フィッシュ」やスター・ウォーズシリーズの若き
オビワンケノービで名を馳せたユアンのコンビで、お洒落な物語が
繰り広げられます。
1962年のニューヨーク。新進の女流作家バーバラ・ノヴァクは女性解放を
謳った自著『恋は邪魔者』を出版するためこの街へとやって来た。
出版社の重役はあまり興味を示さなかったが、ひょんなことからこの本は
爆発的にヒット、世の女性たちはすっかりバーバラの主張に感化されて
しまう。
そのあおりを受けたのが男性誌で原稿を書いている名うてのプレイボーイ、
キャッチャー・ブロック。彼はいまや女性の敵として冷たい仕打ちにあって
しまう。怒ったキャッチャーは、バーバラの主張が間違っていることを
証明するため、身分を偽り彼女に近づくのだが…。
途中で、どこかで観たことがあるなあ、と思っていたら前にもWOWOWで
観ていました。結局2回ちゃったなあ。
ラストで、二人が歌いますけど、なかなか歌も達者です。
オープニングテーマの「Down with love」と、エンディングの「For once
in my life」を唄っているのは、カナダはバンクーバー生まれの伊達男
マイケル・ブーブレ
初めて聴くとシナトラ?と思うようなクルーナーで、良い雰囲気。この手の
映画は何故か、ジャズですね。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-25 22:05 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)

●「地上(ここ)より永遠(とわ)に・From Here To Eternity」
1953年 アメリカ コロムビア映画 118分 モノクロ 監督:フレッド・ジンネマン
出演:バート・ランカスター、モンゴメリー・クリフト、フランク・シナトラ、
デボラ・カー、ドナ・リード、アーネスト・ボーグナインほか
1953年度アカデミー賞作品、助演男優(シナトラ)、助演女優(リード)、
監督、脚色、編集、録音、撮影の8部門授賞作品。なおこの年の
主演女優賞は「ローマの休日」のオードリー・ヘプバーン。


アメリカ映画不朽の名作!ジェームズ・ジョーンズの長編小説を映画化。
舞台はハワイ。カラーだったらなあ、と思わせるカットたくさん出てきます。
凄腕のラッパ士であり、ボクシングの名手プルー(クリフト)が前の部隊で
事件があり新たにホノルルの基地に赴任します。
しかし中隊長の大尉はいやなやつで、軍曹も輪をかけていやなやつ。
徹底したいじめにあいます。ボクシングクラブに入って中隊の名誉をあげろ、
と。彼を一応理解する、大尉付きの曹長(ランカスター)は、その大尉の
奥さん(カー)と不倫中。プルーの最大の理解者マジオ(シナトラ)も、軍曹に
苛められ・・・。
ある日プルーは外出した時にクラブで出会ったロレーン(リード)という美しい
女性と出会います。愛し合うのですが、ロレーンは兵隊という職業が嫌い。
軍隊の苛めの結末は? 曹長と大尉の奥さんの不倫の行方は?そして
プルーとロレーンの愛は実るのか? そして運命の12月7日が真珠湾に
訪れます。
軍隊の腐敗という社会的な側面と、2組の男女の愛情の行方を、太平洋
戦争前夜という舞台設定で描いていきます。
重くなり勝ちなテーマではありますが、映画はエンターテインメントである
というハリウッドの姿勢は貫かれています。エリア・カザンの映画でも、
そうですもんね。
モンゴメリー・クリフトといえば、エリザベス・テイラーと共演した「陽のあたる
場所」(’51)があたり役ですが、この映画でも、影のある青年を好演して
います。45歳という若さで亡くなってしまい、これら2作品が代表作といえる
でしょう。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-11 22:51 | 洋画=か行 | Trackback(2) | Comments(0)

「激流・River Wild」
(監督:カーティス・ハンソン 1994年 アメリカ ユニバーサル映画 112分
出演:メリル・ストリープ、ケヴィン・ベーコン他)

元ラフティングのガイド・ゲイル(メリル・ストリープ)と仕事ばっかりの旦那。そして男の子と犬の一家が、久しぶりにキャンプに出かけます。そこで3人組の若者と出会い、一緒に川くだりをすることになるのですが、実は若者は強盗で・・。
今は禁止されている激流くだりをゲイルにさせて、逃げようと目論んでいます。ヤバイやつらだと感づいた旦那が逃げ出すのですがボス格の(ケヴィン・ベーコン)に撃たれます。CGを使わず、メリルはスタントも殆ど使わず、物凄い激流下りを見せます。ここが最大の見もの。
あとは、なかなかスリルがあって面白かったです。
尚、映画の詳細はこちらまで!!


「ホワイト・ライズ・Wicker Park」
(ポール・マクギガン監督 2004年 アメリカ MGM映画 116分
出演:ジョシュ・ハートネット、ダイアン・クルーガー他)

ジョシュは、ダイアンを一目惚れ。でもダイアンのルームメイトが、ジョシュに一目惚れ。このルームメイトはジョシュに近づくため、ジョシュの親友に近づき、ダンサーであるダイアンの、
ジョシュへの思いを様々な形で妨害します。
過去と現在が、複雑な三角関係とあいまって、ちゃんと観ていないと、理解するのに苦労する映画です。最後になると謎はすべて腑に落ちて氷解するのですが。面白かったのですが、とちゅうでややこしくなるのが難かな。
尚、映画の詳細はこちらまで!!


「シンプル・プラン・A Simple Plan」
(サム・ライミ監督 1998年 アメリカ パラマウント映画 122分
出演:ビル・パクストン、ブリジッド・フォンダ、ビリー・ボブ・ソーントン他)

全米で大ヒットした同名の小説の映画化。「スパイダーマン」のサム・ライミがメガフォンを取った。田舎町の飼料店に勤めるハンクと無職で生活が苦しい兄のジェイコブ、それに友人の3人は、スノーモビルで道を進んでいる時、鶏をくわえたキツネを追って森に消えた愛犬を探して、森に入ったところ、軽飛行機が墜落していて、パイロットは死亡。機内には現金で440万ドル
があった。最初、正直に届け出ようと考えていたが、麻薬がらみの金かもしれない、と皆で語らううちに、だまってネコババしてしまうことにする。ハンクが全額を預かり、飛行機事故の様子を見て、ほとぼりが冷めた頃、3人で均等に分けるという計画だったが・・・。疑心暗鬼の中で、悲劇が始まった。大金を掴むと人生が狂う、という図式を絵に描いたような映画。
でも、当たり前にストーリーが進行しないので、リアリティもあり、楽しめました。
尚、映画の詳細はこちらまで!!
by jazzyoba0083 | 2006-01-15 20:08 | 洋画=か行 | Trackback(1) | Comments(0)

巨星ジーグフェルド

「巨星ジーグフェルド」
(1936年 アメリカ・MGM作品 177分 モノクロ 監督:ロバート・Z・レオナード
出演:ウィリアム・パウエル、ルイーゼ・ライナー、マーナ・ロイ他 1936年度アカデミー作品、主演女優、ダンス音楽賞授賞)

「ザッツ・エンターテイメント」などで、円錐柱の螺旋階段のダンスシーンを1カットで見せたシーンで有名なMGMを代表する
レビュー映画。今世紀初頭のアメリカのレビューの原型を作り上げた男、ローレンス・ジーグフェルドの自伝を映画化。
昭和11年の映画ですからアメリカというのは凄い国だなあと思いますね。女性の出入りが激しく、金使いも荒いジーグフェルドの波乱万丈の人生を3時間近くのレビュー映画として見せます。ミュージカル映画、ではまだ無いですね。彼が作り上げたレビューを題材にした「ジーグフェルド・フォーリーズ」という映画もあります。
尚、映画の詳細はこちらまで!!
by jazzyoba0083 | 2005-12-18 18:54 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)