カテゴリ:洋画=ら~わ行( 178 )

Ray・レイ

●「Ray・レイ」
2004年 アメリカ ユニバーサル映画 152分
監督:テイラー・ハックフォード、音楽:レイ・チャールズ
出演:ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、クリフトン・パウエルほか。

2004年度アカデミー賞主演男優賞、音響賞、ゴールデングローブ男優賞
英国アカデミー賞主演男優賞、全米批評家協会賞主演男優賞
映画放送批評家協会主演男優賞、サウンドトラック賞。受賞作品

「人に歴史あり」+「That's Entertainment」=「Ray」って感じです。
アメリカが産んだ不世出のR&B歌手、レイ・チャールズの波乱に満ちた
それこそドラマチックな生涯を、彼の音楽たっぷり聞かせながら綴る。

フロリダの小作農の男二人兄弟の長男として生まれたレイ。
幼い頃、自分の不注意で弟を事故死させてしまい生涯のトラウマと
なります。彼の人生を苦しめるキーポイントとして映画の中にしょっちゅう
出てきます。
そんな彼も7歳の時病気で視力を失い、盲学校を経て、17歳でシアトルに
出て、場末のクラブでピアノを弾き始めます。彼のピアノは、幼いころ
近所に住んでいたストライドピアノのおじいさんに教えて貰い、生来の
耳の良さで独学で会得したもの。
しかし、場末のクラブではレイの報酬は悪女マネージャーにピンハネされ、
激怒したレイは、このクラブを止めてしまいます。
そして、この時期に二つの大きな出会いをします。一人は生涯の伴侶となる
デラ・ビーとの出会いであり、もう一つは、彼のの才能を開花させることに
なるアトランティックレコードのプロデューサーとの出会いでした。
しかし、ツアーが始まると彼は仲間からヘロインを買ってしまうのです。
さらにツアーのバックコーラスの女に手を出して、子供まで作ってしまう。

しかし、ただのジャンキーでスケベな歌手、と見るのは簡単ですが、
闇に生きているレイとしては、ヘロインに逃げたくもなり、また誰か女が
いつもそばに居ないと、自分が保てないのだろうな、と感じました。
幼い頃母親が「お前は盲目だけどバカじゃなんだから」「盲目であることで
哀れみを引くんじゃない。そんなことをしなくてもお前はひとかどの
人物になれるから」と励ますところが、泣かせます。

映画としては、アメリカ的自伝映画の域はでていないと思いますが、娯楽作と
しては超一級品。2時間半以上の時間が長く感じなかったです。
それにしてもジェイミーのレイ(特に晩年)の激似ぶりがみものです。名演も。
また、「What'd you say」「Unchained my heart」などなどの名曲の
誕生の背景が良く判って楽しい。必ず女かトラブルがあるのですね、彼の
名曲誕生の背景には。

それと、クインシー・ジョーンズが親友だったり、ロスに行ったときクラブで
馬鹿っ早いピアノを弾いていたのが巨匠アート・テイタムだったり、ジャズ
ファンなら思わずにやりとしてしまう場面もたっぷり。
とにかく、レイの名曲を堪能するだけでも見る価値があります。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-03-18 23:54 | 洋画=ら~わ行 | Trackback(1) | Comments(0)

●「私を野球につれてって Take me out to the ball game」
1949 アメリカ MGM映画 日本未公開 93分 
監督:バスビー・バークレイ
出演:フランク・シナトラ、ジーン・ケリー、エスター・ウィリアムズ、
ベティ・ギャレット、ジュールス・マンソンほか


今や、アメリカ大リーグの7回になると球場全体で大合唱が起きる曲として
有名になった曲が主題歌。
「踊る大紐育(On the town)」のトリオが、同じ年に、勢いを駆って(?)
作っちゃったお気軽ミュージカル。ストーリーは、大リーグ創生期の
20世紀初め、ある球団のオーナーが美人女性率いる会社に代わります。
しかし、シナトラとケリーは、劇場で踊りも踊るという、考えられない2役を
やって球団に迷惑を掛けます。これに野球賭博が絡んで、球団の優勝
危うし!!というところで・・・。
まあ、この手のノー天気の映画は嫌いじゃないですが、ちょっと手抜きかなあ、
とも思えてしまうイージーなストーリー仕立て。「水着の女王」エスター・
ウィリマムズをオーナーに据えて、プールで泳がせて見たり、「踊る大紐育」の
方が、音楽も振り付けも断然上です。あの歌だけで有名になったミュージカル
といったところ。DVDに特典映像として、シナトラの唄うバラード(リチャード・
ロジャース&オスカー・ハマーシュタインⅢ作)が紹介されていましたが、
映画のテンポを落とすということでカットされたんですと。それと、エスターと
ケリーの長いダンスシーンも、エスターが長身で比較的背が低いケリーが
長い時間のダンスを嫌がった、という理由でカットされたものが、特典として
観ることができます。アメリカン・ミュージカル好きは一度は観ておくべきでは
あります。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-03-08 22:24 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)

●「ラブ・アクチュアリー・ Love actually」
 2003 イギリス・アメリカ ユニバーサル映画 135分 
監督&脚本:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、コリン・ファース、キーラ・ナイトレイ、
ローワン・アトキンソンほか。


これも、皆さんに是非観ていただきたい。とっても心温まる一篇です。
クリスマス5週間前からスタートしてクリスマスイヴまでの期間、19組の
男女がそれぞれの愛の形を探していきます。「クリスマス」という
キーワードが愛を後押しする、重要なキーワードになっています。
イギリスの首相から、ポルノ映画の男優女優まで。縦軸になっているのが、
ビル・ナイ演じる老ロッカー。そして首相(ヒュー・グラント)。そして、妻を
失い、自分の子ではない子の幼い恋愛を応援する男。などなど、
群像ドラマは話がややこしくなるのが難点なのですが、これはクリスマス
イブのイベントと、1ヶ月後のヒースロー空港で話が繋がる仕掛けに
なっていて、判りやすいです。そこが感動のポイントでも
ある訳です。
 love actually is all around us. というタイトルどおり、そこここ
にある、様々な愛の形が描かれていくわけですが、それぞれがホントに
心がジーンとなるストーリーの塊で、涙が出ちゃいます。「いい映画だなあ」
と観終わった時清清しく、心がほんわり暖かくなり、愛してる、って言いたく
なりますよ。「愛してる」っていえなくなったら終わりですものね。
見て失敗のない映画です。個人的には、最後に首相と結ばれるお嬢さんが
好きでした。Mr.ビーンのローワン・アトキンソンがオイシイ役でちょっと
出てきます。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-03-04 23:30 | 洋画=ら~わ行 | Trackback(2) | Comments(0)

●「猟奇的な彼女・ My sassy girl bizarre girl」
2001 韓国 アミューズピクチャーズ 122分 監督:クァク・ジョエン
出演:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン、キム・インスンほか


「誰にでも秘密がある」に次ぐ、2度目の韓国映画鑑賞です。タイトルで誤解
されますが、ラブコメディです。韓国で大ヒットして、「猟奇的」という言葉が
若者の間で「カッコイイ」と同義語になるブームを起こしたとか。
かなり長い映画ですが、前半戦、後半戦、延長戦と、物語を、テロップで
表示してテンポを出しています。
韓国女優さんは、色々観ていますが、チョン・ジヒョンは初物でした。テレビ
にはあまり出ない人なんでしょうね。みんな、かわいいといいますが、
かわいいというのとはちょっと違うんじゃないかなあ。存在感はありますが。
韓国映画のラブコメディはイ・ビョンホンの「誰にでも秘密がある」も
そうですが、日本とはちょっと味の違うコメディなんですね。でも今回は
暴力的なんだけど、憎めない彼女が抱える悲恋もあり、単なるコメディでは
ない仕立てになっています。
ドタバタと紙一重なんですが。エンディングも、よ~く考えないと、騙さされ
ますよ。ハッピーエンドなんで、安心して観ていただけます。ストーリーは
良く出来ていると思いました。楽しめた2時間でした。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-03-04 16:51 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)

●「レディー・キラーズ」

2004 アメリカ タッチストーン 104分 監督:イーサン&ジョエル
コーエン 出演:トム・ハンクス、イルマ・P・ホール


間もなく公開される「ダヴィンチ・コード」の前作に当たるトム・ハンクスの
現時点での最新作になります。
映画を観る場合、俳優、監督、テーマなどに引かれて観るのですが、
この映画の場合はトム・ハンクスに注目しました。くせのある(といわれる)
コーエン兄弟とどういう映画を作るのかなあ、と。
現代。ミシシッピ州のある街。敬虔なクリスチャンであるマンソン未亡人の
家に、なにやら教養あふれる教授(トム)が、部屋と、仲間と楽器の演奏を
するための地下室を借りに訪れます。
教授の紳士ぶりにすっかりまいってしまった未亡人は、部屋を貸すことに
なるのですが、実は彼らが地下室でやっていたことは、川に浮かぶ
船上カジノの売り上げを入れた金庫を地下室からトンネルを掘って
破り、山分けすること。途中、いろいろな困難があって、やっと大金の
奪取に成功したのですが、未亡人に見つかってしまい、彼女を殺さなけ
れば、警察に訴えられてしまいます。そこでくじ引きで、未亡人殺しの
役を選ぶことになるのですが・・・。
コメディですから、ひとのいいおばあさんをトムが殺すわけがないじゃん、
と観ているわけですが、決着の付け方が、へえ、この手で来たか!と
感心しました。
「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉が頭に浮かびました。
敬虔なクリスチャン対泥棒、結局泥棒が勝つわけが無い、という図式。
トムにしては割と軽い役。トムとイルマの演技合戦と、奇抜な
ストーリー展開、そして、あっというエンディングを楽しむ映画です。
しかし、ラストの猫の行動は不要だったと感じました。あれでコーエン
は何を言いたかったのかなあ。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-18 22:13 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)

リクルート・Recruit

「リクルート・RECRUIT」
(2003年 アメリカ タッチストーン/ブエナビスタ 115分 
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アル・パチーノ、コリン・ファレル、ブリジッド・モイナハン他)

リクルートといっても就職の映画ではありません。”勧誘”とか、軍事用語では”徴用”などの
雰囲気のタイトルです。
MITの優秀な学生、クレイトン(ファレル)は、CIAの”ファーム”と呼ばれる訓練所の教官バーク(パチーノ)に誘われ、彼らの一員になるべく、訓練を受けます。いろんなシーンがテストなのか本当のことなのか判らなく起こります。
このあたりは面白いですね。同級生で愛し合うことになるレイラ(モイナハン)との心理的駆け引き。どこからが本当で、どこまでが訓練か、見ていてもわからず、混乱することも。クレイトンはシェル石油に勤めていた父親が南米で失踪したその訳も知りたくてCIAに入った訳だが・・・。
ラストがチョッと、コケ気味かなあ、全体としては面白かったです。
アル・パチーノの存在感はやはり圧倒的ですね。最近では「セント・オブ・ウーマン」の彼が私は大好きです。
映画で出てくるノートPCのサクサク具合といったら、さぞや物凄いスペックのものを使っているんでしょうな、と突っ込みをいれたくなります。

尚、映画の詳細はこちらまで!!
by jazzyoba0083 | 2006-02-05 16:42 | 洋画=ら~わ行 | Trackback(2) | Comments(0)

「リバー・ランズ・スルー・イット/River runs through it」
(1992年 アメリカ コロムビアピクチャー作品124分)
監督:ロバート・レッドフォード、出演:ブラッド・ピット、クレイグ・シェイファー他

実在のシカゴ大学教授ノーマン・マクリーンの自伝的小説「マクリーンの川」をロバート・レッドフォードが映画化した。同年のアカデミー賞撮影賞受賞作。ブラピはこれが出世作となった。
モンタナの田舎町の牧師の家に生まれたノーマンとポールの兄弟。まじめで文学的なのノーマン、行動的で奔放なポール(ブラピ)。第一次世界大戦前のアメリカを舞台に、美しいモンタナの風景をたっぷり織り込んで、どこにでもありそうな家族と兄弟の話が進んでいく。兄弟は幼い頃から父に教えられたフライフィッシングを生涯の友とする。物語の一方の主人公はこのフライ
フィッシング。宗教的で、説教臭くもあるが、何気ない家族の時間を追う中に、知らずと人生を考えさせられます。淡々と進む展開ですが、決して飽きることは無く、最後には、大きな山が来て、タイトルの意味が判る、という仕掛けです。
それにしても、やはりこの映画はモンタナの美しすぎる自然の魅力が倒的です。いってみたい!と思わせます。

「テイキング・ライヴス/ Taking Lives」
(2004年 アメリカ ワーナー映画 103分)
監督:D・J・カルーソー、出演:アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク、キーファー・サザーランド他

サイコキラー対FBI犯罪プロファイラー特別捜査官の対決を描く。ホラーっぽい面もあるサスペンス映画。他人の人生を奪い(テイキング・ライヴス)ヤドカリのように他人になりすましていく
サイコキラー、彼を追うアンジェリーナ演じるFBI捜査官スコット。サスペンスですから内容を言ったら興ざめなので、細かいところは略すとして、アンジェリーナ、トゥームレイダーで
見せたアクション女優とは違い、心理面を内面から演ずる役をきっちりこなしています。キーファー・サザーランドを初め、脇役もしっかり。長さも丁度良い。評価が分かれるかもしれませんが、私は楽しく見ることができました。ただちょいとグロでしたが。
舞台がカナダのモントリオールとケベックというのもいいです。

by jazzyoba0083 | 2005-12-04 19:39 | 洋画=ら~わ行 | Trackback(1) | Comments(0)

●「ナショナル・トレジャー National Tresure」
(2004 アメリカ ディズニー映画 131分)
監督:ジョン・タートルーブ、出演:ニコラス・ケイジ、ダイアン・クルーガー、ジョン・ボイト他

こういう宝探しの映画は「インディ・ジョーンズ」もそうだけど、好きだなあ。特に史実に基づいている話は実にドキドキします。話は、フリーメイソンによって守られてきたソロモンの秘宝が、
アメリカのどこかにある、そのヒントがアメリカの独立宣言書の裏にある、それを、
代々のトレジャーハンターであるニコラス演じるベン・ゲイツが、国立公文書館の美人調査員
アビゲイル(ダイアン・クルーガー)と解いていく、というもの。いろんなところに伏線が張ってあって面白く、楽しく見せて貰いました。ニコラス・ケイジという人は実に味のある人だなあ、と思いました。「コン・エアー」や「フェイス・オフ」などの犯罪モノではハマリ、と思っていたのですが、こういうディズニーも喜ぶ映画もなかなかハマリます。ダイアン・クルーガーは「トロイ」ではヘレンを演じていましたね。テレビのCMでは「Lux」で、ちょくちょく見ますね。

「恋愛適齢期 Something's gotta give」
(2003 アメリカ コロムビア映画 128分)
監督&脚本:ナンシー・メイヤーズ、出演:ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン、キアヌ・リーヴス他

アバウトシュミットに続いて観た、ジャック・ニコルソンもの。もちろん快演ですが、ダイアン・キートンがいいですね。
(この年のゴールデン・グローブ賞女優賞受賞)さすが、アカデミー女優。
58歳の脚本家エリカ(ダイアン・キートン)は、娘の恋人が63歳のハリー(ジャック・ニコルソン)と聞いてビックリ。
そのハリーが自宅で心臓発作で倒れてしまいます。担ぎ込まれた病院で担当したのが、美男子ジュリアン(キアヌ・リーヴス)。動かせない体になったハリーを自宅で面倒を見るハメになったエリカ。でもジュリアンに歳の差を越えて愛されてしまいます。

年齢を超えた恋愛が、苦悩をもたらす一方で、ハリーに引かれていくエリカ。そして若い女しか興味がなかったハリーも・・。
人間の欲望がむき出しになった恋愛が、やがて、やはりこうでなくっちゃね、という形に収斂していく悲喜劇が、良く描けています。アバウトシュミットとは別の形で、考えさせられる映画でした。
全編を彩る、様々な音楽が実に映画にマッチしていて良い感じでした。アストラッド・ジルベルトが流れたり、マローン5の「サンデーモーニング」が流れたり、エンドロールの「ばら色の人生」はニコルソン自身が歌っています。音楽はハンス・ジマーという人が担当していましたが、初めて聞く名前でした。

「パリで一緒に Paris,when it sizzles」
(1963年 アメリカ パラマウント映画 110分)
監督:リチャード・クワイン、出演:ウィリアム・ホールデン、オードリー・ヘップバーン、トニー・カーチス、マレーネ・デートリッヒ他

良いどれ映画脚本家のベンソン(ホールデン)と口述をタイプするために雇われたガブリエル(ヘプバーン)。ベンソンが口述する映画の世界に二人も登場し、映画が進行します。主題歌はフランク・シナトラに歌わせよう、というとシナトラによるテーマが流れ、ここはトニー・カーチスで、とかディートリッヒが通り、というと実名どおりになったりという面白い仕掛けもありますが、
なにせベンソンの書く脚本(映画のストーリー)が陳腐で、なんだかなあ、という感じ。
この映画はヘプバーンのカワイさとジバンシーの衣装、ネルソン・リドルの音楽と、フレッド・アステアが唄うヘプバーンのイメージソング「That face」を楽しむ映画でしょうね。
by jazzyoba0083 | 2005-10-19 19:55 | 洋画=ら~わ行 | Trackback(3) | Comments(0)