カテゴリ:Best of 2009( 1 )

My Best Movie of 2009

"My Best Movie of 2009"

2009年、映画館とWOWOW&NHK-BSで観たおよそ180本の映画の中から私が極めて
個人的に選んだベスト10です。観に行ってない映画もたくさんあり、これは独断と偏見ですから
抗議は受け付けません(笑)


★映画館で観た新作

①「グラン・トリノ」
②「スラムドッグ$ミリオネア」
③「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
④「チェンジリング」
⑤「レボリューショナリーロード/燃えつきるまで」
⑥「007 慰めの報酬」
⑦「天使と悪魔」
⑧「2012」
⑨「ターミネーター4」
⑩「あなたは私の婿になる」
○「マンマ・ミーア」(私としては2008年度観賞映画扱い)


<選評>
一位の「グラン・トリノ」は、観た直後から、今年はこの映画を超える作品はないな、
と確信しました。
それほど私の心に突き刺さった映画でした。イーストウッドお見事です。
それにしても昨年は1月から3月に強力な映画が封切られ、その後、これはという
作品に触れてないですね。単館上映で逃した作品もたくさんあるので、この10本は
あくまで私が観た範囲ですからあれも入ってない、これも入ってないという作品が
たくさんあるでしょう。

-------------------

選外
・「7つの贈り物」
・「ワルキューレ」
・「オーストラリア」
・「ノウィング」
・「地球が静止する日」
・「ココ・アヴァン・シャネル」


★"WOWOWやNHK-BSで観賞した旧作の中で感動した作品(ランダムです)
◎は特に印象深い作品。

・「ダークナイト」◎
・「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」◎
・「ノー・カントリー」◎
・「ワンス ダブリンの街角で」
・「ヒトラーの贋札」
・「おくりびと」
・「潜水服は蝶の夢を見る」◎
・「つぐない」
・「ハリーとトント」◎
・「ジェシー・ジェイムスの暗殺」
・「ブラッド・シンプル ザ・スリラー」
・「BIG」
・「ブレイブ・ハート」
・「さよなら いつかわかること」
・「パラドールにかかる月」
・「バートン・フィンク」
・「日の名残り」◎
・「イン・トゥ・ザ・ワイルド」◎
・「ギルバート・グレイプ」
・「落下の王国」
・「ウォーゲーム」
    以上。


<選評>
昨年もまだ見ていなかった多くの作品に楽しませてもらいました。「ダークナイト」「ゼア・ウィル・
ビー・ブラッド」「ノー・カントリー」は、いずれも昨年のオスカー受賞作ですから間違いない
ですね。
特に「ダークナイト」のヒース・レジャーには圧倒されました。それと、人生を教えられたというか
人の生き方の示唆に富んでいた秀作として「潜水服は蝶の夢を見る」があげられます。
また同じ方向性の映画としえ「ハリーとトント」も良くできた作品だったです。昨年はコーエン
兄弟の作品を特に意識して観ましたね。その前の年はアルトマンでした。
さて、今年はどんな作品に出合えるでしょうか。イーストウッドの新作も控えていますし、
旧作でも観ていない作品はまだまだたくさんありますからね。今年もいい映画生活を送れます
よう。

by jazzyoba0083 | 2010-01-01 23:49 | Best of 2009 | Trackback(29) | Comments(3)