カテゴリ:Best of 2010( 1 )

My Best Movie of 2010

"My Best Movie of 2010"

<口上>
2010年、WOWOW、BS-NHK、映画館でトータル161本(29日現在)の映画を
観賞しました。その他に仕事で3本観てますから(敢えて論評を避けます)実際は
164本。その中から、劇場版ベスト10と、公開年度、観たメディアに関係なく今年
1年で観た映画の中から秀作だ、と感じたものを列記してみました。
昨年に比べるとちょっと本数が少なくなりました。これはテレビドラマが面白かった
ので、夜WOWOWを見る機会が少なくなった、ということでしょう。

あくまでも私の個人的嗜好での採点ですから、御理解ください。映画の感じ方は
100人100色。他人が四の五の言うべきではありませんから。また、本来の公開年を
跨いでしまい、本来なら去年に評価すべきものも含まれますが、あくまで個人の
出来事という括り方です。



<劇場版>
e0040938_1148275.jpg


①「ハートロッカー」
①「第9地区」

③「アバター」
④「インヴィクタス~負けざる者たち~」
⑤「しあわせの隠れ場所」
⑥「ナイト&デイ」
⑦「バーレスク」
⑧「恋するベーカリー」
⑨「シャッターアイランド」
⑩「NINE」

普通・・「キス&キル」「ソルト」「シャーロック・ホームズ」「バレンタインデー」
「不思議の国のアリス」。

<劇場版選評>
●今年2月に発表されたアカデミー賞受賞作品が上位に並ぶのは致し方ありません。
①が2つとは逃げ、のような気もしますが、甲乙付け難し。全然別のベクトルで私には
衝撃でした。③は去年公開作。3Dが評判になりましたが、ストーリーとしてもしっかり
出来ていたし、評価は高いですが、びっくりするような出来か、と言われると唸らざるを
得ないです。④はイーストウッド作品ですが、昨年の「グラントリノ」のように
オリジナリティが低い分割引ました。ですが、作品としては良くできていたと思います。
⑤は大好きなサンドラ・ブロックがオスカー主演女優賞を獲得した作品。感動作ですが
アメリカのアッパーミドル好みの目線がいさかか鼻につきました。
⑥は、ハリウッド映画ここにあり、という感じの思想性を抜きにした、あっけらかんと
楽しい映画。理屈抜きの楽しさを高く評価しました。
鳴りもの入りだった「シャッターアイランド」は、落ちが・・・。それと宣伝がまずかった
ですね。「恋するベーカリー」も良くできた楽しい映画だったのですが、サンドラの
映画と同じで、アメリカのアッパーミドル目線が気になりました。
その他の映画は普通に楽しい映画です。
映画館では私のみた何十倍、何百倍もの映画が封切られていますから、私が選んで
シネコンに行けた映画だけの評価です。それこそ映画館で何百本も見られている方から
すれば順位付けなんておこがましいですが、そこは敢えて・・・。

---------------------------------------------------------------------------------------------

<劇場以外で観賞した映画で秀作だ、と感じたもの>

・「ミルク」(2009)
・「フロスト×ニクソン」(2008)
・「ああ、結婚生活」(2007)
・「私がクマに切れた理由(わけ)」(2008)
◎「フライド・グリーン・トマト」(1991)
・「その土曜日、7時58分」(2007)
・「それでも恋するバルセロナ」(2008)
・「グレイ・ガーデンズ 追憶の館」(2009)=テレビ映画
◎「レイン・マン」(1988)
◎「扉をたたく人」(2007)
・「デッドマン・ウォーキング」(1995)
・「剱岳・点の記」(2009)
◎「ザ・バンク 堕ちた巨像」(2009)
・「私の中のあなた」(2009)
◎「幸せのきずな」(2008)
・「セントアンナの奇跡」(2008)
◎「3時10分 決断の時」(2009)
・「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(1994)
・「インフォーマント!」(2009)
・「イングロリアス・バスターズ」(2009)
◎「幻影師アイゼンハイム」(2006)
・「アザー・マン もう一人の男」(2008)=未=
◎「歌え!ロレッタ 愛のために」(1980)
・「重力ピエロ」(2009)
◎「レスラー」(2008)
◎「愛を読む人」(2009)
・「トランスフォーマー・リベンジ」(2009)
◎「リリィ、はちみつ色の秘密」(2008)
・「ダウト~あるカトリック学校で~」(2008)
・「人生に乾杯!」(2007)
・「ジュリー&ジュリア」(2009)
・「ウルヴァリン:X Men Zero」(2009)

◎は特に「よかったなあ」と観終えたもの。

<上記について>
今年も、感動作、衝撃作、お笑い、カッコよさ、いろいろ楽しませていただきました。
上記の作品群を見ていると、感動を呼ぶもの、アメコミ系のカッコよさケレン味の無さが
自分としては気に入っているようです。
来年も、なるべく劇場で、またまだこんな感動作、話題作を見ていなかったのか、という
ものもたくさんありますので、せっせと観賞に精を出すことにしましょう。
みなさん、来年もまた駄文を書きなぐりますが、なにとぞ宜しくお願いします。
by jazzyoba0083 | 2010-12-29 18:52 | Best of 2010 | Trackback(40) | Comments(2)