カテゴリ:Best of 2011( 1 )

"My Best Movie of 2011"

"My Best Movie of 2011"



●口上
2011、劇場で16本、WOWOWやNHK-BSなどで146本の合計162本の映画を観ました。
今年は世界的にいろんなことが起き、映画どころではない時期もいっときありました。
平和に映画を観られる世の中はつくづくいいなあと思う今年でした。

邦画は基本的に観ない、洋画党ですが、今年封切られた作品は年初のオスカー作品が
どうしても強い感じです。ゴールデンウィークに行きたい映画が少なかったように思い
ます。私個人としては去年より観た本数は減りましたが、映画館にはまあ、行ったほうかな。

シネコンなので、単館上映でいい映画っぽいなあ、と思っていてもあえてパスしてしまう
こともままありますし、基本、男の子映画が好きなので、どうしてもそちらに甘くなることを
お断りしておきます。


では、まず劇場で観た作品から・・・
e0040938_23535438.jpg

①「英国王のスピーチ」
②「ブラック・スワン」
③「リアル・スティール」

④「マネー・ボール」
⑤「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」
⑥「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」
⑦「カウボーイ&エイリアン」
⑧「ヒア・アフター」
⑨「ザ・タウン」
⑩「RED」

以下普通・・・
「世界侵略 ロサンゼルス決戦」
「ソーシャル・ネットワーク」
「スーパー8」
「タンタンの冒険~
「コンティジョン」
「ツーリスト」

<劇場版選評>
個人の好みが激しくてすみませんw。
上位2作品はまあ納得していただけるのではないでしょうか。それからは「男の子系」の
映画、アメコミ系が並びます。本来は大好きなクリント・イーストウッド作品が上位に
来るのですが、スピリチュアルな世界のイーストウッドにどうしてもついていけません
でした。作品としては佳作なんですけどね。
評判だった「スーパー8」や「ソーシャル・ネットワーク」は個人的には期待したほどでは
無く、個人的な好みのべクトルが違うということでしょうか。

中でも掘り出し物は「リアル・スティール」。もうこれこそ「男の子系」の映画で、
単純なんですが、きゅんと来ちゃいました。「タンタンの冒険」は映像は素晴らしかった
けど、物語としてはどうかな、という出来。「MI4」「トランスフォーマー」も、映像が
良かった。活劇としての映画が大好きな私にはとても満足でした。
来年は早々にイーストウッド、そしてスピルバーグ作品が控えているので期待したい。

-------------------------------------

<劇場以外で観た作品で印象深かったもの。凄く古いもの、すでに評価の定まったものもあり>

・「ドライビング Miss ディジー」
・「シッピング・ニュース」
・「96時間」
・「縞模様のパジャマの少年」
◎「アイ・アム・サム」
◎「プライド&グローリー」
◎「幸せはシャンソニア劇場から」
・「第17捕虜収容所」
◎「ファーゴ」
◎「三人の妻への手紙」
・「愛と哀しみの果て」
・「アウト・オブ・サイト」
・「パリより愛をこめて」
・「エニグマ」
◎「月に囚われた男」
・「カティンの森」
・「マイレージ・マイライフ」
◎「オーケストラ!」
・「アイアンマン2」
・「ダウト~偽りの代償」(劇場未公開)
・「JFK」
・「フローズン・リバー」
・「告白」(邦画)
◎「クレイジー・ハート」
・「ウディ・アレンの夢と犯罪」
・「人生万歳!」
◎「フォーン・ブース」
・「キンキー・ブーツ」
・「マイ・ブラザー」
・「デート・アンド・ナイト」
・「十三人の刺客」(邦画)
・「理由なき反抗」
◎「ミュージック・オブ・ハート」

以上。特に面白かった、感動した作品には◎。
by jazzyoba0083 | 2011-12-31 23:02 | Best of 2011 | Comments(2)