カテゴリ:邦画・新作( 77 )

チルソクの夏

●「チルソクの夏」
2003 日本 ブレノンアッシュ 「チルソクの夏製作委員会」 114分
監督:佐々部清
出演:水谷妃里、上野樹里、桂亜沙美、三村恭代、淳評、山本譲二、高樹澪

監督は「半落ち」の佐々部清。彼自身、映画の舞台になった下関市出身
なので、映画の中の町の描き方は、実に丁寧で、良い味付けになっている。

映画はセピアカラーで始まる。2003年の下関。10年振りで開催された
下関~釜山の姉妹都市の高校生選抜で争そわれる陸上大会に、
スターターを務め、かつ大会を仕切る一人の中年に差し掛かった女性体育
教師の姿があった。スターター用のピストルを上げる手にはブレスレットが
光っていた。

1977年の釜山。この年に釜山で開かれた大会に下関の代表の一員として、
長府高校の女子仲良し陸上選手4人組も参加していた。この大会で、
韓国の走り高跳びチームに居た安大豪選手に4人とも強く惹かれた。
安選手も、4人の中で同じ走り高跳びの選手、遠藤郁子に一目惚れ。
安選手は戒厳令下で夜間外出禁止にも関わらず、郁子らの宿舎に
忍び込んでくる。
そして、郁子に出て来いというのだった。友達の助けを借りて二人は
話すことができた。安の父は外交官で、幼い頃2年間日本に居たことが
あるため、安は少し日本語が出来る。安は郁子の住所を聞き出し、郁子は
来年の大会にも是非出場して、今度は下関で逢おうと約束する。
1年に1度しか会えない七夕の日の彦星と織姫に二人をなぞらえて・・・
(チルソクとは韓国語で七夕のこと)

下関と釜山で文通が始まったが、郁子の父は朝鮮人と付き合うことは
許さん、と酷くしかる。また周囲の目も郁子に差別的だ。一方、安の母も
自分の伯父が日本兵に殺されていることから日本人が嫌いで、息子が
日本人と付き合うことを許さない。今はソウル大学に入ることだけを考えて
いなさい、と諭すのだった。
挙句の果てには、郁子に自ら手紙を書いて、文通を止めるように言ってきた。
貧乏な郁子の家だが、陸上の成績がよければ体育奨学生として
体育大学へ進学の道があるのだが、安との間もままならず、しかもお金も
ない、ということで郁子はなかば自棄的に就職し、陸上もやめようとする。
しかし、4人組の友だちに諭され、考えを改め、来年の選抜大会にでよう、
と再び決意するのだった。
そして1978年の下関大会。釜山からやってきたフェリーの船上に安の
姿があった。彼も、約束を守りたかったのだ。
そして、4人組の力で二人は市内の公園で会うことが出来た。そして二人の
愛を確認したのだった。安は来年は大学に入り、20歳になったら兵役に
着くので、今度逢えるのは4年後だ、といって再会を硬く約束して、
帰って行った。

翌朝、昨夜の宿舎抜け出しを叱られていて安の帰るフェリーを見送ることが
出来なかった郁子だが、一人の女子高生が郁子に、安からの贈り物を
預かっていた。中には金に輝くブレスレットが入っていた。

そしてシーンは再びセピアになり、2003年の下関大会。中年になった
郁子は回顧する。
安君との約束は遂に守られることは無く、私は東京の体育大学に行き、
新しい恋愛もし、結婚も離婚も経験しました。きっと安君もたくさんの
恋愛をしたことでしょう・・・と。
無事に大会を終え、大会関係者が挨拶で「バブルがはじけてから
中止されていたこの大会を開くことが出来たのはある方の多大な援助が
あったからです」と明かす。

相変わらず中の良い4人組、すでに中年になっていた。そのとき恩師が
「そういえば韓国の関係者から郁子にメモをあずかっている」と紙を渡す。
そこにはハングルで「5番ゲートでまっている」と書いてあった・・・。

観た後が爽やかな青春映画。「パッチギ!」の「イムジン河」対こちらの
「なごり雪」という構図も良く似ているが、主人公の日韓関係が逆な分、
少し此方の方が柔らかい感じがする。
「パッチギ!」は日韓の関係の描き方がもう少し、政治的臭いがする。
安君が「僕は外交官になって、南北を統一することに役にたちたい。
僕たちの世代で憎しみあうなんておかしいよ!」といいうと、郁子は
「安君てそんなことを考えているのね。私たちなんか、テレビのタレントが
どうした、とかそんな下らないことしか話さないのに」。すると安君、
「それは日本が平和な証拠だよ。羨ましいよ。韓国人もそうなりたい」と返す。
まあ、高校生なりの青いセリフであり、本質のところはもっとおどろおどろしく
硬いのだろうけど、青年の考えとしてはまことに正論だ。
さすが文化庁推薦の映画だけのことはある。
そんなに骨太ではないけど、青春の眩しさ、そしてちょっとした問題意識を
提起するには良い映画でしょう。
私自身、1977年といえば、既に就職もしていたので、主人公たちよりは
早い世代ですが、同じ時代を生きてきた人間として時代感は実に良く
伝わってきました。e-mailもケイタイも無い時代からこそ描けた世界、
それは「三丁目の夕陽」にも通じる思想ですね。
4人組の女子高生が良かったですね。上野樹里はその後ブレイクして
いきますが、郁子を演じた水谷妃里さんは最近見ませんが、どうして
いるのでしょうか?
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-07-03 22:55 | 邦画・新作 | Trackback(1) | Comments(0)

亡国のイージス

●「亡国のイージス」
2005 日本 日本ヘラルド・松竹 亡国のイージス製作委員会 127分
監督:阪本順治
出演:真田広之、中井貴一、寺尾聡、勝地涼、佐藤浩市、チェ・ミンソ
吉田栄作、谷原章介、原田芳雄、岸部一徳、原田美枝子、橋爪淳ほか。


皆さんの感想を読むと、ボロクソですね。私は原作を知らないので、
まあ、自衛隊全面協力なので、反政府映画にはなりようが無いわけで。
しかも、製作委員会に電通だの産経新聞だのFM東京だのが入って
居るのを観れば、お上にたてつく映画ではなく、基本路線は大政翼賛
なのだ、と想像はつく。

全体の印象は、アクション映画としてはまあまあ。プロパガンダ映画には
なりきれず、「愛国右派」の印象のみが軽く残った程度か。
結局、「軍事」を持つ国こそが「愛国」を言える価値がある、といいたかったの
だろうが、トンチンカンなまま、「ウルトラマン」みたいな(それ以下?)の
惨めな脚本となってしまった。
出演しているのが豪華な俳優陣なだけに、もったいない。
自衛隊フェチには、スカッとする映画かもしれないな。

皆さんのご指摘どおり、如月のおふくろさんの首吊り自殺と親父殺しが
今の如月とどう繋がるのか?北朝鮮の工作員がなんでやすやすと
イージス艦に乗り込めたのか。中井演じる「首領様の忠実な下僕」は
これをやるためだけに長い年月海上自衛隊に潜伏していたのか?
女忍者みたいな北朝鮮の工作員は、中井の妹なのか?彼らは
どういう家族なのか?(家族の写真を燃やすシーンがあるが、あれは
なんだ?)、何で、彼女は海中で如月とキスするのか?
アメリカが全然反応していないのは何故だ?
内閣危機管理室に首相があれだけ長い間閉じこもっていて、マスコミは
なぜ反応しないのか?
「ダイス」といわれる組織が本当にあるのか、ないのか良く判らん。

と、まあ突っ込みどころ満載ではある。B級アクション映画としては
自衛隊の全面協力があるから、観ている分にはそうは厭きない。
しかし、リアルな自衛艦や戦闘機に比べ、「いそかぜ」が沈没していく
シーンのCGが、お粗末で惜しいな。

日本において、こうも中途半端な映画しか出来ないことこそ「憂国」なの
ではあるまいか?
「たそがれ精兵衛」の真田広之、「雨あがる」の寺尾聡が好きな人は
観ない方が良いかもしれませんよ。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-05-13 17:30 | 邦画・新作 | Trackback | Comments(0)

パッチギ

●「パッチギ」
2004 日本 シネカノン パッチギ製作委員会 119分
監督:井筒和幸 音楽:加藤和彦
出演:塩谷 瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之
オダギリジョー、余貴美子、大友康平、前田吟、小出恵介ほか

2005年日本アカデミー賞新人俳優賞=沢尻エリカ、塩谷瞬
話題賞=沢尻エリカ 
ブルーリボン賞作品賞 受賞作

1968年18歳の高校生が主人公の作品といえば、時代的には
昭和27年(1952)生まれの私には、ど真ん中のストライク。
グループサウンズの「オックス」の公演で失神シーンで始まるこの
映画は、思い入れも十分です。

舞台は京都。主人公の松山康介は京都の高校3年生。オックスの
赤松愛にあこがれて、女にもてたいばかりに、頭をマッシュルームに
したり、ギターを始めたり、というその時代の高校生の青春をしていた。

一方、京都に修学旅行に来た九州の生徒に、地元の朝鮮高校の
女学生が、いじめられるという事件が、発生、怒りに燃えた朝鮮高校の
男子生徒の悪がきたちは、徒党をなして、修学旅行のバスを包囲し
学生をボコボコにしたあげく、バスを横倒しにするという、大暴れ。
その中心にいたのが、リ・アンソンという在日であった。
かれは、ウリナラの帰国船に乗って北に帰ることになっていた。

松山たちの通う高校では、担任から、京都だけでも南北融和を目指せ、
と、朝鮮高校に親善サッカーの申し入れに行って来いと命じられ
松山と友人の吉田が、訪ねることになる。
険悪な中で、申し入れ状を渡した松山たちだったが、そこで、アンソンの
妹、キョンジャが、「イムジン川」をブラスバンドで演奏する姿を見て、
一目ぼれ。自分もギターを手に入れて、「イムジン川」に挑戦することに
する。

青春映画の側面と、分断国家の悲劇、そして強制連行の恨み、
そんな陰が松山やキョンジャの上にも影を落とす。
京都を2分する高校生のやんちゃ集団の決闘の中で、アンソンの
親友が事故で亡くなるが、その葬式のシーンで、族長のような男が
「お前、帰れ!生駒トンネルを掘ったのは誰か知っているのか、
国会議事堂の大理石を切り出して積み上げたのは誰か知っているのか、
ウリナラの田植えの最中、たった1枚の紙で、日本に連れてこられて、
俺はプサンからの船から飛び降りて死のうと思ったよ、
これがお前らに判るか」と松山に問うのだが。

劇中に流れる「イムジン川」が鴨川とも重なりつつ、南北の分断は
自らの意思でないところで為された、悲劇性を浮かび上がらせる。
フォーク・クルセダーズの歌がフィーチャーされて、時代とそれが持つ
悲しみに厚みを付けて行く。

同じ強制連行を描いた「血と骨」とはまったく異なったアプローチだが、
日本人は忘れてはいけない部分を映画が主張しつづけることは
形はどうあれ、必要だし、不可欠なテーマであるといえる。

若いキャスティングだが、塩谷、小出、オダギリ、それに沢尻エリカらが
非常に活き活きと演技している。なかでもオダギリジョーと大友康平の
役回りと演技が良かったと感じました。
今から40年近く前の京都を、そのまま出現させるのは難しく、映像の
細かいところに突っ込み場所はありますが、この映画では、問題に
ならないでしょう。私は井筒監督の作品は初めて観ましたが、
この手の映画をキチンと作ってくれるのならこれからも応援したいですね。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-04-18 23:15 | 邦画・新作 | Trackback(2) | Comments(1)

THE 有頂天ホテル

●「THE 有頂天ホテル」
2005 フジテレビ・東宝 136分 監督&脚本:三谷幸喜
出演:役所公司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、篠原涼子
戸田恵子、生瀬勝久、YOU、オダギリジョー、角野卓造、
川平滋英、唐沢寿明、津川雅彦、西田敏行、伊東四朗ほか。


まあ、出てくるわ出てくるわ、大オールキャストの「グランドホテル」
形式の三谷コメディ。1932年のMGM映画の大傑作「グランドホテル」
になぞらえた映画やテレビドラマは数々創られてきたわけですが、
今回は三谷幸喜がこれに挑戦。まず、こんなにオールスター集めちゃ
違反でしょ。脚本がダメでも、演技で救っちゃいますから。
事実、笑いが起きていたのは総支配人の伊東四朗の白塗り、
角野卓造のこまった人物ぶり、西田敏行の演技あたりでしょうから、
本より演技で笑いが起きていた、といった感じかなあ。
今回はホテルの宿泊客より従業員が主人公だったりするのですが、
狂言回しとなる、娼婦(篠原)、売れない歌手(YOU)の
役のたてどころが良かったですね。
大晦日のホテルの1日のドタバタを描いていくストーリー。
それぞれの客や従業員が、少しずつ関係があり、大人数を
取り仕切る脚本は、まずは良く出来ていたと思います。
スキャンダルでホテルに逃げ込んだ国会議員(佐藤)の描き方も
もう少し、工夫が欲しかった感じ。
三谷ファンにはたまらない映画でしょうねえ。ま、見て損はない映画では
ありますが、好悪は別れるかもしれません。
それにしても、邦画を映画館に観にいったのは何十年振りでした。
この前に何を観たのか、もう記憶にないくらいです。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-03-05 18:03 | 邦画・新作 | Trackback(1) | Comments(0)

阿弥陀堂だより

●「阿弥陀堂だより」

2002 日本 アスミック・エース 阿弥陀堂だより製作委員会 128分
監督:小泉堯史 原作:南木圭士 出演:寺尾聰、樋口可南子、北林谷英
田村高廣、香川京子ほか


すさんだ日本、この映画を国民すべてに観てもらいたい。これといって
ストーリーらしいものは無いんだけど、人間も自然(風景)も、今の
日本が失ったものがある。小泉監督は、そういうことを言いたかったんだ
ろうなあ。
売れない小説家(寺尾)と、東京の大病院の優秀な勤務医であったが
流産してしまい、それからパニック障害になってしまった妻(樋口)。
二人は、妻のリハビリを兼ねて、夫の故郷である(ロケ地:長野県飯山市)
無医村に、医者として勤めます。そこには死者の祀る阿弥陀堂があり
お守をしているのがうめばあさん(北林)。喉の病気で喋れなくなった娘
(小西真奈美)がうめばあさんから,生きていく上のちょとした気の利いた
話を聞き取り、村の広報誌に、「阿弥陀堂だより」としてエッセイを書い
ています。
寺尾と樋口夫婦に、小説家としての恩師である田村、そして香川夫妻、
口の利けない娘が死にそうになる、これを助ける市民病院の医師(吉岡
秀隆)、村の人々。出演してくる人々が、「人間て、本来いいもんだよね」
「死ぬの生きるのと、騒がしいよね」と静かに静かに訴えてきます。
そして圧倒的な、奥信濃の美しい自然。初夏から始まり、夏、秋、冬、
そして春、と人間の一生を重ねて描かれていきます。冒頭の緑は
本当に画面から滴ってきそうです。
何かを大仰に言う映画ではないですが、たまには、ほっとするこんな
映画もいいですね。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-25 21:21 | 邦画・新作 | Trackback(1) | Comments(0)

雨あがる

●「雨あがる」

1999年 東宝・アスミックエース 91分 監督:小泉堯史 原作:山本周五郎 脚本:黒澤明
出演:寺尾聰、宮崎美子、三船史郎、吉岡秀隆、仲代達矢、ほか


人に尋ねられれば、迷わずお勧めできる、上質な邦画です。時代劇だからと
いって、とりたてて構える必要も無く、歴史の知識も要らない、肩の力を
抜いて観て、観終わったあとには心が洗われた様な爽やかさが残る、
掌編です。
山本周五郎の短編を黒澤明が脚本にし、映画になる前に黒澤監督が
亡くなってしまい、残された「黒澤組」の人たちの手で、仕上げられました。
監督の小泉は長く黒澤監督の助監を勤め、黒澤美学をよく知り
尽くしている人。この後「阿弥陀堂だより」、今公開中の「博士の愛した数式」を
寺尾聰と組んで作り上げていきます。

長雨が続く、大河のほとり、今日も雨で足止めを食う、浪人三沢伊兵衛と
妻たよ。三沢は武術の達人ではあるが、どうも人が良すぎて、仕官が
長続きしません。
ある日、藩士同士のケンカを上手く止めたところをお殿様にみそめられ、
藩の剣術指南役として採用されかけますが、・・・。
人間の良さ、が全編に流れ、いやな思いを一つもしないですむ映画でした。
飄々とした寺尾は父親、宇野重吉に益々似てきました。28年ぶりの
映画出演だったという三船敏郎の長子、三船史郎が、下手をすると、
「なんだこの素人が・・」と思われてしまうような、棒読みのセリフの連発。
でもオヤジもそんなんでしたね。あと一歩すれすれというところで止まり、結果、
良い味を出してると思います。
エンディングも、どう終わらせるだろう、と考えて観ていたのですが、希望を残して
さわやかに終わってくれました。「たそがれ精兵衛」は、感動でしたが、こちらは
すがすがしさ、というところでしょう。
尚、映画の詳しい情報はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-06 21:44 | 邦画・新作 | Trackback(2) | Comments(0)

北の零年

「北の零年・YEAR ONE IN THE NORTH」
(2004年 北の零年製作委員会/東映 168分 監督:行定勲
出演:吉永小百合、渡辺謙、石原さとみ、柳葉敏郎、豊川悦司、石田ゆり子、香川照之他)

大作です。製作にお金も時間もかかってます。投資を回収するのにはヒットしてもらわなければなりません。しかし、評価は分かれており・・・。昨年の日本アカデミー賞では、殆どの部門を制覇し、一応玄人筋には認められた形ですが、真に映画にやかましいファンには悪評も一杯です。私自身も、観終って、これは評価は分かれるだろうなあ、と感じました。
明治4年、お国騒動のため、500人からの淡路の人々が、北海道は静内に、所換えとなります。そこで、暮らさなければならなくなりました。そのリーダーたるのが、渡辺謙演じる、小松原英明。彼は、痩せた、しかも気候の厳しい北の大地でなんとか開墾を成功させようと、苦闘します。それを支えるのが妻、志乃と娘の多恵。淡路から持ってきた種籾では、
北海道では稲は出来ない、そう進言された英明は、ある日、札幌に寒さに耐える稲を探すといって出発します。しかし、半年過ぎても、1年過ぎても、戻ってきません。その間に入植地には様々な出来事が持ち上がり・・・。
評価の分かれ目は、渡辺謙の小松原のラストまでの背景が描かれきってない、ラストの描き方が稚拙。時間を掛けた割には四季が描かれていない。などなど。小松原は帰っては来るのですが、なぜ??という突っ込みどころは満載です。
私としては、明治初期の人が「ゼロから再出発」なんてこと言うのかな?という疑問です。当時なら「一から出直し」じゃ、ないのかなあ。
尚、映画の詳細はこちらまで!!
by jazzyoba0083 | 2006-02-05 17:38 | 邦画・新作 | Trackback | Comments(0)