ハッピー・フライト

「ハッピーフライト A view from the top」

2003年 アメリカ ギャガコミュニケーションズ配給  87分
監督:ブルーノ・バレット 出演:グィネス・パルトロウ、クリスティナ・
アップルゲイト、キャンディス・バーゲンほか


田舎の少女が、憧れのスチュワーデスになり、恋人を諦めて国際線の
ファーストクラス担当になるのですが。B級映画ではありますが、
面白かったです。
尚、この映画を更に詳しく知りたい方は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2005-11-27 21:29 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)

「ウォルター少年と夏の休日 Secondhand Lion」
(監督・脚本=ティム・マッキャンリーズ 出演=ロバート・デュヴァル、
マイケル・ケイン、ハーレイ・ジョエル・オスメント他 2003 ニューラインシネマ アメリカ映画 110分)

1960年代初頭のテキサス中部。ウォルター少年は、夏休みの間、遠縁の伯父だという、ハブとガースの老兄弟に預けられます。

子供なんて大嫌いな兄弟、馴染めないウォルター。しかし、ハブの若かりし頃の話を弟のガースから聞くにおよび、その冒険譚に次第に心を開き、真の男の強さとは何か、を勉強していきます。ハブとガースは若い頃アフリカの外人部隊に参加し現地の族長と美しい姫を巡って争い、莫大な富も手にしたというのです。それが嘘か本当か判りませんが、少年にとって二人の
過去と今は、真の男の勇気、愛とは何かを問いかけてきます。観ている方にも、それを訴えてきます。何か秘密めいた老兄弟、そして、その過去、財産を狙う少年の母親の恋人の出現。
ちょっぴり切なく、笑いもあって、バカバカしいかと思わせて、ホロリとさせたり、考えさせたり。「スタンバイミー」にも通低する青春映画。観終わった後が実に清清しい映画です。
主役の3人が実に良い演技をしていている上に、ストーリーも良く出来ていて満足。DVDになっていますから是非ご覧下さい。
出来れば、夏休みに観るといいでしょう。

「オーシャンズ12 Ocean's Twelve」
(監督=スティーヴン・ソダーバーグ 出演=ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット
マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ他 2004 ワーナー配給 125分)

前作、「オーシャンズ11」を観ていないと良く判りません。観ていても良く判らないところがあります。でも、このキャスティングは凄いですね。前回は出ていなかったキャサリン・ゼタ=ジョーンズがストーリーのキーになっています。
前作の舞台がラスベガスの高級ホテル「ベラージォ」で、ここには奥さんと銀婚旅行で行ったことがあるので思い入れもたっぷりで観ることができましたが、近作は舞台がローマだ、アムステルダムだ、ワールドワイドです。
娯楽映画としては1級品だと思うのですが、最初に12人を紹介するところで、前作が判っていない人には眠くなるでしょうね。
それと、キャサリン演じるユーロポールの女性刑事と死んだと思っていた大盗賊のオヤジさんの存在、そしてマット・デイモンのお母さんと思しきアメリカFBI捜査官の動き、そのあたりが良く判らんかったです。でも眠らず楽しめた125分でした。
途中で、アッと驚くお茶目な隠しネタもあったりで。
by jazzyoba0083 | 2005-11-17 12:19 | 洋画=あ行 | Trackback(2) | Comments(0)

オペラ座の怪人

「オペラ座の怪人 Phantom the Opera」
(監督=ジョエル・シューマッカー 脚本・音楽=アンドリュー・ロイド・ウェバー 
出演=ジェラルド・バトラー(怪人)、エミー・ロッサム(クリスティーヌ)、パトリック・ウィルソン
(ラウル)2004 アメリカ・イギリス アーティストフィルム制作、ワーナーブラザーズ配給 140分)

日本では劇団四季のミュージックの大ヒットで知られる、英国の才人、サー(ロード)アンドリュー・ロイド=ウェバーのロンドンミュージカルの傑作の完全映画版。私も劇団四季の「怪人」は
4~5回観ていて大ファンですが、原語ですべてのストーリーを観たのは初めてでした。ロイド=ウェバーがプロデューサーにも加わっているだけあって、舞台と殆ど変わらない仕立てになっています。まったく同じでは無いのがミソなんですが。クリスティーヌ役のエミー・ロッサムは、さすがメトロポリタンオペラ出身だけあって、歌がもの凄く上手いですね。まだ20歳。これからが楽しみです。映像も凝っていて見ごたえがあります。スワロフスキーが協力したシャンデリアが見事です。監督はこの前見たばかりの「ベロニカ・ゲリン」の監督でもあります。
by jazzyoba0083 | 2005-11-14 20:24 | 洋画=あ行 | Trackback(1) | Comments(0)