イヴの総て ALL ABOUT EVE

●「イヴの総て・All About Eve」

1950 アメリカ 20世紀フォックス モノクロ 138分

監督&脚本:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:ベティ・デイヴィス、アン・バクス
ター、ジョージ・サンダース、ゲイリー・メリル、マリリン・モンローほか。
1950年度アカデミー賞作品賞、助演男優賞(サンダース)、 監督賞、
脚色賞、衣装デザイン賞(白黒)、録音賞 受賞作品。


アメリカ映画史、いや世界の映画史に残る、大傑作。久しぶりに、うなって
しまう映画を堪能しました。この時代(私が生まれる2年前にこんなに
優れた映画が創られていたとは!
マンキウィッツの脚本が素晴らしい。そしてそれぞれの人物の描き方、物語の
言わんとするところ、映画というものが主張しなければならないものが網羅
されていて、1点のすきもない。モノクロというのが、またいい味を出して
います。
映画はある年のアメリカ演劇界の受賞会場の風景から始まります。演出家、
プロデューサー、古参女優のモノローグで語り始められるストーリーは
その年の最優秀女優賞を獲得したイヴ・ハリントンにまつわる、自分と彼女の
関係を含めた数々の物語。過去への場面転換が、イヴがトロフィーを受け取る
瞬間のストップモーションから始まります。この手法も、当時としては画期的
だったでしょう。もうそこで、ハッとさせられます。
演劇好きの田舎娘、イヴは、大女優マーゴの大ファンと称し、毎日劇場に
通う日々。ある日、劇批評家の妻に偶然出会うと子で、マーゴの付き人に
なることができます。おしとやかで、賢く、控えめ、よく気がつくイヴはたちまち
マーゴやその取り巻きたちに気に入られます。しかし、彼女には野心が
あったのです。前半のストーリーと後半のストーリーの、スリル感たっぷりの
ギャップも素晴らしい。それをアン・バクスターが、実によく演じ分け観客は
見事にだまされることでしょう。
イヴは自分の周りの人々に仮面をかぶり続け、嘘で固めた経歴で賞を
とることになるのですが・・・。
エンディングがまた、ドキッとするような構成になっていて、とてもいいです。
誰の心にもイヴはいる、そして誰もがそれと、葛藤している、そんな感じを
受けました。
みなさんに見ていただきたい、超一級品の秀作です。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
                
by jazzyoba0083 | 2006-02-28 23:39 | 洋画=あ行 | Trackback(2) | Comments(0)

●「シークレット・ウインドウ」

2004 アメリカ パラマウント/ソニー 96分 監督:ディヴィッド・コープ 
原作:スティーブン・キング 出演:ジョニー・デップ、ジョン・タートゥーロ
マリア・ベロ  ティモシー・ハットンほか


これは、ジョニー・ディップの魅力とスティーブン・キングの奇抜さを観る映画。
終わったときに、「なんじゃ、これ」と思う人も多いと思いますが、96分ですから
あまり苦にならないと思います。2時間かけてこれやられたら怒りますって。
小説家レイニーは、エイミーとテッドが浮気をしたことから、離婚を決意し、
山荘にこもる毎日。そこにシューターという男が現れます。彼は言う。
「お前は俺の小説から盗作しただろう。結末を変えろ。さもないとお前の
身の回りに不幸なことが続くぞ」。
しかし、レイニーには全く身に覚えが無い。シューターが置いていった
「これから盗んだんだ」とする原稿を見ると、実に良く似ている。殆どそっくりだ。
だが、彼が雑誌に自分の小説を発表した時期は、シューターが書いたと
主張する時期より随分前のこと。レイニーは掲載された雑誌を取り寄せて
証明しようとするが・・・。
なにせ、原作がスティーブン・キングですから、まともに観ているとえらい目に
会います。オカルトですかな。デップファンなら許せるかも。というほどの映画。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-27 22:00 | 洋画=さ行 | Trackback(1) | Comments(0)

恋は邪魔者・DOWN WITH LOVE

●「恋は邪魔者・DOWN WITH LOVE」

2003 アメリカ フォックス&リージェンシー 101分
監督:ペイトン・リード 出演:レニー・ゼルヴィガー、ユアン・マクレガーほか


いかにも、60年代のアメリカを舞台にラブコメディーを描くとこうなるんだなあ、
という典型的な映画です。「シカゴ」「コールドマウンテン」
「ブリジット・ジョーンズの日記」などですっかり大女優の仲間入りした
レニーと「ビッグ・フィッシュ」やスター・ウォーズシリーズの若き
オビワンケノービで名を馳せたユアンのコンビで、お洒落な物語が
繰り広げられます。
1962年のニューヨーク。新進の女流作家バーバラ・ノヴァクは女性解放を
謳った自著『恋は邪魔者』を出版するためこの街へとやって来た。
出版社の重役はあまり興味を示さなかったが、ひょんなことからこの本は
爆発的にヒット、世の女性たちはすっかりバーバラの主張に感化されて
しまう。
そのあおりを受けたのが男性誌で原稿を書いている名うてのプレイボーイ、
キャッチャー・ブロック。彼はいまや女性の敵として冷たい仕打ちにあって
しまう。怒ったキャッチャーは、バーバラの主張が間違っていることを
証明するため、身分を偽り彼女に近づくのだが…。
途中で、どこかで観たことがあるなあ、と思っていたら前にもWOWOWで
観ていました。結局2回ちゃったなあ。
ラストで、二人が歌いますけど、なかなか歌も達者です。
オープニングテーマの「Down with love」と、エンディングの「For once
in my life」を唄っているのは、カナダはバンクーバー生まれの伊達男
マイケル・ブーブレ
初めて聴くとシナトラ?と思うようなクルーナーで、良い雰囲気。この手の
映画は何故か、ジャズですね。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-25 22:05 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)

阿弥陀堂だより

●「阿弥陀堂だより」

2002 日本 アスミック・エース 阿弥陀堂だより製作委員会 128分
監督:小泉堯史 原作:南木圭士 出演:寺尾聰、樋口可南子、北林谷英
田村高廣、香川京子ほか


すさんだ日本、この映画を国民すべてに観てもらいたい。これといって
ストーリーらしいものは無いんだけど、人間も自然(風景)も、今の
日本が失ったものがある。小泉監督は、そういうことを言いたかったんだ
ろうなあ。
売れない小説家(寺尾)と、東京の大病院の優秀な勤務医であったが
流産してしまい、それからパニック障害になってしまった妻(樋口)。
二人は、妻のリハビリを兼ねて、夫の故郷である(ロケ地:長野県飯山市)
無医村に、医者として勤めます。そこには死者の祀る阿弥陀堂があり
お守をしているのがうめばあさん(北林)。喉の病気で喋れなくなった娘
(小西真奈美)がうめばあさんから,生きていく上のちょとした気の利いた
話を聞き取り、村の広報誌に、「阿弥陀堂だより」としてエッセイを書い
ています。
寺尾と樋口夫婦に、小説家としての恩師である田村、そして香川夫妻、
口の利けない娘が死にそうになる、これを助ける市民病院の医師(吉岡
秀隆)、村の人々。出演してくる人々が、「人間て、本来いいもんだよね」
「死ぬの生きるのと、騒がしいよね」と静かに静かに訴えてきます。
そして圧倒的な、奥信濃の美しい自然。初夏から始まり、夏、秋、冬、
そして春、と人間の一生を重ねて描かれていきます。冒頭の緑は
本当に画面から滴ってきそうです。
何かを大仰に言う映画ではないですが、たまには、ほっとするこんな
映画もいいですね。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-25 21:21 | 邦画・新作 | Trackback(1) | Comments(0)

●「レディー・キラーズ」

2004 アメリカ タッチストーン 104分 監督:イーサン&ジョエル
コーエン 出演:トム・ハンクス、イルマ・P・ホール


間もなく公開される「ダヴィンチ・コード」の前作に当たるトム・ハンクスの
現時点での最新作になります。
映画を観る場合、俳優、監督、テーマなどに引かれて観るのですが、
この映画の場合はトム・ハンクスに注目しました。くせのある(といわれる)
コーエン兄弟とどういう映画を作るのかなあ、と。
現代。ミシシッピ州のある街。敬虔なクリスチャンであるマンソン未亡人の
家に、なにやら教養あふれる教授(トム)が、部屋と、仲間と楽器の演奏を
するための地下室を借りに訪れます。
教授の紳士ぶりにすっかりまいってしまった未亡人は、部屋を貸すことに
なるのですが、実は彼らが地下室でやっていたことは、川に浮かぶ
船上カジノの売り上げを入れた金庫を地下室からトンネルを掘って
破り、山分けすること。途中、いろいろな困難があって、やっと大金の
奪取に成功したのですが、未亡人に見つかってしまい、彼女を殺さなけ
れば、警察に訴えられてしまいます。そこでくじ引きで、未亡人殺しの
役を選ぶことになるのですが・・・。
コメディですから、ひとのいいおばあさんをトムが殺すわけがないじゃん、
と観ているわけですが、決着の付け方が、へえ、この手で来たか!と
感心しました。
「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉が頭に浮かびました。
敬虔なクリスチャン対泥棒、結局泥棒が勝つわけが無い、という図式。
トムにしては割と軽い役。トムとイルマの演技合戦と、奇抜な
ストーリー展開、そして、あっというエンディングを楽しむ映画です。
しかし、ラストの猫の行動は不要だったと感じました。あれでコーエン
は何を言いたかったのかなあ。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-18 22:13 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)

●「マッチスティック メン・MATCHSTICK MEN」

2003 アメリカ ワーナーブラザーズ/イメージムービーズ/スコット・フリー
116分 監督:リドリー・スコット 製作総指揮:ロバード・ゼメキス
出演:ニコラス・ケイジ、サム・ロックウエルほか


ボビー・ダーリンの「The Good Life」に乗せて始まるタイトルクレジットも
お洒落な、とってもスタイリッシュな映画。
監督は「エイリアン」「ブレードランナー」「ブラックレイン」「グラディエイター」「ブラックホークダウン」
「ハンニバル」などでユニークな作品を撮り続けているリドリー・スコット。
主役の詐欺師(マッチスティック)を演ずるのはニコラス・ケイジ。
潔癖症で広場恐怖症のロイは、詐欺に関しては天才的。ある日、彼は
別れた妻の娘に会いたくて、精神分析医を訪ね、カウンセリングしてもらい
ながら、自分には出来ない、娘への電話を頼みます。
一方、相棒のフランクと、大仕事を仕掛けていると、自宅に娘が押しかけて
来て、夏休みの間、ここで暮らす、と言い出します。
娘が来てくれたのは嬉しいけど、仕事の邪魔になります。しかし、大仕事に
娘が着いて来ることになってしまいます。
一見成功した、大仕事(詐欺)でしたが、まずいことになってしまいます。
そのあと訪れる、あっという大どんでん返し。
最後のうっちゃられ方は、見事でした。だれも想像できないんじゃないかな。
ま、そこに至るまでに少し無理があったりしますが。
でもラストのカタルシスも少々無理がありますが、ゼメキス風で、カタルシスを
感じさせます。ニコラス・ケイジの潔癖症、チックの演じ方、など、細かい
カメラワークも秀逸と感じました。
リドリー・スコットにしては、チョッと毛色の違った作品に仕上がっていますね。
音楽も、この手の「ありもの」を使わせると実に上手い、ハンス・ジマー。
マント・バーニ・オーケストラ、フランク・シナトラ、ハーブ・アルパートとティファナ
ブラス、ロキシーミュージック、アンディ・ウィリアムズ、マーヴィン・ゲイなど
お洒落な雰囲気作りの強い見方になっています。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-18 18:26 | 洋画=ま行 | Trackback | Comments(0)

トラフィック・TRAFFIC

●「トラフィック・TRAFFIC」

2000年 アメリカ 日本ヘラルド映画配給 148分 
監督&撮影:スティーブン・ソダーバーグ 出演:マイケル・ダグラス
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ベニチオ・デル・トロほか
2000年度アカデミー賞助演男優賞(デル・トロ)、監督賞、脚色賞、編集賞
受賞作品。


モダンムーヴィーの旗手、ソダーバーグの社会派力作。「エリン・ブロコビッチ」
「オーシャンズ11」「同12」など、結構登場人数の多い映画を撮る人ですね。
アメリカとメキシコを舞台に3つの物語が同時進行する群像ドラマ。
3つの物語を3つの色彩を付けたりして、わかりやすくしているのかな。
特にメキシコのシーンは手振れ多用でドキュメントタッチをだしたりして。
というわけで、3つの話が落ち着くのに私は30分くらいを要しました。
でも、その後は、脚本が良くできていたと思います。ラストもなるほどねえ、
といういい終わり方だと思いました。
ストーリーテリングとしても、すこし複雑なところもありましたが、楽しめる
ものです。結局アメリカの麻薬戦争の絶望的側面を3側面から描いた
ものですが、ゼタ=ジョーンズの旦那(シンジケートのボス)をちくった
売人が言う「おまえらは、戦争が終わったことを知らないで島に
閉じこもっている日本兵と同じなんだよ、結局、この麻薬戦争は終わって
いるんだよ」というセリフが印象的でした。
デル・トロの存在感は圧倒的でした。重いテーマではありますが
エンタテインメントであります。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-15 23:22 | 洋画=た行 | Trackback(1) | Comments(0)

アイ、ロボット・I,RBOT

「アイ、ロボット・I ROBOT」
2004 アメリカ FOX映画 115分 監督:アレックス・プロヤス
出演:ウィル・スミス、ブリジッド・モイナハンほか 原作:アイザック・アシモフ


有名なSF小説家アイザック・アシモフのロボット三原則をベースにしたロボットの
反逆を描いた近未来映画。
2035年シカゴ。アシモみたいなロボットが街を行きかい、ハウスキーピングを
する世の中になっています。このロボットの供給を独占するUSロボティックス
社のロボット工学の第一人者が謎のメッセージを残して、死亡します。
捜査を担当するのが、ロボット嫌いなシカゴ市警のスプーナー刑事。彼は
博士が作ったロボットNS-5が怪しいと睨むのですが、同社のロボット
心理学者(!)スーザンは、そんなことはありえないと主張します。
本当に怖いのは、もっと違うテクノロジーにあったのですが・・・。
楽しく見せていただきました。ロボットのCGも、「スター・ウォーズ~シスの
復讐~」並の高度なもので、アニメ臭さは全く感じません。
そして、ウィル・スミス。こういう面白まじめをやらせると、ほんと味を出す人ですね。
アクションもよろしい。見終わって、奥さんと「ロボットって怖いねえ」という感想が
期せずして出ました。私は万物に霊が宿る派なので、主人公ロボットの
サニーのセリフが、「こんな高等なことができるわけないよなあ」と思って
いても、怖いし、悲しいです。「A・I」のときもそんな感じでしたね。
でも、すべては人間の愚かしさに収斂していくわけですが・・・。
尚この映画に関する詳しい情報は
こちらまで
by jazzyoba0083 | 2006-02-13 21:55 | 洋画=あ行 | Trackback(1) | Comments(0)

●「みなさん、さようなら・LES INVASIONS BARBARES」
2003年 フランス・カナダ コムストック映画 99分 監督:ドゥニ・アルカン
出演:レミー・ジラール、ステファン・ルソー、マリ=ジョゼ・クローズほか
2003年度アカデミー賞外国映画賞受賞作品


原題は蛮人の侵略。なんでこんなタイトル?映画をみていると判ります。
いかにもフランス映画らしい、会話を楽しむもの。ヒューモアとエスプリに
溢れています。
死病に冒された社会主義者の大学教授レミ。女たらしで、妻には迷惑ばかり。
そんな父親のようにはならないぞ、とロンドンで商社マンになった長男。
ある日、父の病気が重篤になったので、帰って来て、と母親から電話が入り
ます。婚約者をともなって、カナダの病院へ。
廊下までベッドが溢れかえる病院で、理事長と組合にクールに話を着け、
専用の病室を作らせてしまいます。そこに父と親しかった人々を呼んで、
最後を賑やかにさせていくのです。痛みを和らげるため、コカインを手に入れる
ため、ジャンキーの娘と知り合いになったり・・・。
我がままに勝手に生きた男と家族、友人たち。その会話の端々に映画の
言わんとする、「人間というものは・・・」というテーマが滲み出てくるようです。
死に瀕している人間を描いていて、決して湿っぽくない。変に明るくも無い。
良い感じにクールに仕上がっていて、レミと家族、友人たちの距離がとても
暖かく描かれていたように思います。細かいところは敢えて端折り、突っ込みを
入れたくなるところも無いではないですが、そんなところは全く気にならない
映画。エンディングの歌が入ってくるところ、そして歌そのものもとても良かった
です。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-12 18:29 | 洋画=ま行 | Trackback(2) | Comments(3)

●「地上(ここ)より永遠(とわ)に・From Here To Eternity」
1953年 アメリカ コロムビア映画 118分 モノクロ 監督:フレッド・ジンネマン
出演:バート・ランカスター、モンゴメリー・クリフト、フランク・シナトラ、
デボラ・カー、ドナ・リード、アーネスト・ボーグナインほか
1953年度アカデミー賞作品、助演男優(シナトラ)、助演女優(リード)、
監督、脚色、編集、録音、撮影の8部門授賞作品。なおこの年の
主演女優賞は「ローマの休日」のオードリー・ヘプバーン。


アメリカ映画不朽の名作!ジェームズ・ジョーンズの長編小説を映画化。
舞台はハワイ。カラーだったらなあ、と思わせるカットたくさん出てきます。
凄腕のラッパ士であり、ボクシングの名手プルー(クリフト)が前の部隊で
事件があり新たにホノルルの基地に赴任します。
しかし中隊長の大尉はいやなやつで、軍曹も輪をかけていやなやつ。
徹底したいじめにあいます。ボクシングクラブに入って中隊の名誉をあげろ、
と。彼を一応理解する、大尉付きの曹長(ランカスター)は、その大尉の
奥さん(カー)と不倫中。プルーの最大の理解者マジオ(シナトラ)も、軍曹に
苛められ・・・。
ある日プルーは外出した時にクラブで出会ったロレーン(リード)という美しい
女性と出会います。愛し合うのですが、ロレーンは兵隊という職業が嫌い。
軍隊の苛めの結末は? 曹長と大尉の奥さんの不倫の行方は?そして
プルーとロレーンの愛は実るのか? そして運命の12月7日が真珠湾に
訪れます。
軍隊の腐敗という社会的な側面と、2組の男女の愛情の行方を、太平洋
戦争前夜という舞台設定で描いていきます。
重くなり勝ちなテーマではありますが、映画はエンターテインメントである
というハリウッドの姿勢は貫かれています。エリア・カザンの映画でも、
そうですもんね。
モンゴメリー・クリフトといえば、エリザベス・テイラーと共演した「陽のあたる
場所」(’51)があたり役ですが、この映画でも、影のある青年を好演して
います。45歳という若さで亡くなってしまい、これら2作品が代表作といえる
でしょう。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-11 22:51 | 洋画=か行 | Trackback(2) | Comments(0)