皇帝のいない八月 ~DER KAISER IST NICHT AM AUGUST~

●「皇帝のいない八月」
1978 日本 松竹映画 140分
監督:山本薩夫  原作:小林久三 『皇帝のいない八月』
出演:渡瀬恒彦、吉永小百合、山本圭、滝沢修、佐分利信、小沢栄太郎、永井智雄、高橋悦史、三國連太郎
   丹波哲郎、鈴木瑞穂、岡田英次、山崎努、永島敏行、太地喜和子、神山繁、渥美清、岡田嘉子他
皇帝のいない八月 ~DER KAISER IST NICHT AM AUGUST~_e0040938_12495681.jpg
<評価:★★★★★☆☆☆☆☆>
<感想>
自衛隊によるクーデターものである。その作戦名がタイトルとなっている。松竹オールスターの出演、
社会派山本薩夫のメガフォンなれど、当時の日本映画の限界を見る思いで、見ていて寂しくなって
しまった。小林久三の原作ものなんだけど、大胆に翻案する手もあったのではないか。当時、憲法改正に
ついての世論がどのくらい強かったかは分からないけど、学生運動も下火になり、割りと平和な世の中では
なかったか。(制作された当時本作は直近未来を描いたらしい)ジュディ・オングの「魅せられて」が
日本レコード大賞を獲った年だ。そうた時代にこういう映画を見てみたいという人がどのくらいいたのだ
ろうか?

閑話休題。自衛隊反乱舞台の首謀者藤崎は元陸自一尉で、三島由紀夫の決起思想とほぼ同じ考えで、
右翼国粋政権の樹立を目指していた。彼は博多を中心とする西部方面隊。東北や関東にも応呼する部隊も
いて、東西から東京を目指した。映画でのメインとなるのは藤崎らが乗っ取った特急「さくら」。
彼はこれに爆弾をしかけ、乗員乗客を人質に、東京を目指しつつ要求を突きつけていた。
藤崎の妻杏子が吉永小百合。彼女は婚約者がいながら、藤崎に強引に(このあたり心情よく分からない)
結婚。でも5年間で愛情を感じるようになっていた。そこにかつての婚約者山本圭登場。

まあ物語を縷縷書いていても仕方がないのだが、オールスター映画(殆どが今や物故者)ではあるが、
なんか、締まりがない。緊張感のある物語なんだけど、カッカしているのは内閣調査室長の高橋悦史と
藤崎(渡瀬恒彦)だけ。ドタバタドタバタしていて落ち着かない。
ポリティカルミステリなのだが、内閣の裏事情が良く説明されないので、藤崎らに担ぎ出された大畑と
佐橋首相の位置関係と裏事情が明快でない。
反乱軍鎮圧本部を含む首相官邸、特急「さくら」内部、吉永小百合と山本圭、これら3つが物語を
紡ぐのだが・・・。(狂言回しの渥美清と岡田嘉子がもったいない)演技もなんかみんな下手くそだなあ。
「さくら」を鎮圧部隊がいる徳山に止めたり、送電を止めなかったり、めちゃくちゃな銃撃戦を展開したりと、
ツッコミどころも満載。自衛隊のクーデターということで自衛隊(当時の防衛庁)の協力も得られず、
美術班、大道具・小道具班は苦労したことだろう。最後には藤崎も吉永小百合も山本圭もみんな死んじゃうし。
タイトルだけがかっこいいのが寂しい。

この映画、興業的に成功したのだろうか?
皇帝のいない八月 ~DER KAISER IST NICHT AM AUGUST~_e0040938_12501125.jpg
<ストーリー>
八月十四日午前一時、盛岡市郊外。不審なトラックを追っていたパトカーが機関銃の乱射を受けて炎上、
トラックは東京方面に走り去った。八月十五日午前十時半、鹿児島。陸上自衛隊、警務部長の江見は郷里で
亡妻の墓参中、内閣情報室長の利倉からの連絡で、盛岡のパトカー炎上事件を知った。
そして、自衛隊内外の不穏分子を列記したリストに昔の部下で、今は一人娘、杏子の夫である藤崎の名を発見
して愕然とする。

帰京の途中、杏子の往む博多に立ち寄るが、杏子は、藤崎が運送業に打ち込んでいることを告げる。だが、
江見が去った後、夫から東京に行くという手紙が届いた。同日午後六時半、博多駅。業界紙の記者、石森は
取材を終え、帰郷すべく、「さくら号」を博多駅で待っていると時ホームを駆ける杏子の姿を見かけた。
思いがけない再会、かつて二人は結婚を誓い合った仲なのだ。二人を乗せたブルートレインは静かにすべり
出す。

同日、東京首相官邸。佐橋総理を囲んで緊急会議が開かれていた。大規模なクーデター発生の可能性を報告
する利倉。自衛隊の軍隊化をめぐり、日本最大の黒幕、大畑との対立が再燃した。同日午後八時一分、門司。
石森は列車の下に動く怪しい男の影を発見。同日午後八時十五分、下関。石森の要請で、車輪係員が列車を
点検したが、危険物は発見されなかった。その直後、石森と杏子は一号車に連行され、そこに藤崎の姿を見た。
杏子の不安が的中したのだ。同日午後九時、東京。内閣情報室の分析でクーデターの黒幕として大畑の名が
浮かび、そこに繋がる危険人物として真野陸将の名も上がった。江見は真野を逮捕して拷問を加えるが、
真野は舌を噛み切って果てた。しかし江見は、真野の乗用車の天井からクーデターの暗号計画書“皇帝のいない
八月”を発見、全てのプランを把握した。

佐橋首相は各方面部隊に鎮圧作戦を命令し、クーデター部隊に先制攻撃を加えた。同日午後九時五十分、
「さくら号」。一斎蜂起の失敗を無線で確認した藤崎は「さくら号」制圧作戦に切替えた。各車輛に
M爆弾が仕掛けられた。無線で「大畑を出せ!」と政府に迫る藤崎。しかし、大畑の姿は忽然と東京から
消えた。この緊急事態に佐林、利倉ら政府首脳、江見ら警務部隊、国鉄関係者はどう対処して行くか!
乗客三百六十人を乗せたブルートレインは、走る爆弾と化して一路東京へ闇の中を突っ走る……。
(Movie Walker)





トラックバックURL : https://jazzyoba.exblog.jp/tb/26173860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2017-11-06 23:10 | 邦画・旧作 | Trackback | Comments(0)