オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express

●「オリエント急行殺人事件  Murder on the Orient Express」
2017 アメリカ  Twentieth Century Fox,Mark Gordon Company,Scott Free and more. 114min.
監督:ケネス・ブラナー  原作:アガサ・クリスティ=「オリエント急行殺人事件」
出演:ケネス・ブラナー、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップ
   ジョシュ・ギャッド、トム・ベイトマン、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー他
e0040938_15202064.jpg
<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
1974年に名匠シドニー・ルメットによる評価の定まった佳作があるのだが、ケネス・ブラナーは敢えて
挑戦した、そのキップを買います。製作させた会社も。
私はルメット版は未見な上、クリスティのミステリは原作でも読んだことがないというひねくれものゆえ、
前作とも原作とも比較対象出来ず、本作のみの評価となることを事前にお断りしておく。というか
それが当たり前なんだろうけど。そりゃローレン・バコールやアンソニー・パーキンスやイングリッド・
バーグマンらが綺羅星の如く出演している重厚さはないだろう。

この手のミステリの王道としてミスリードっぽい伏線を幾つか埋め込んで、観客の目くらましとし、
探偵なりが、大団円において、「あっとびっくり!」な謎解きをしてみせるという、最後に向かって
どう盛り上げていくのか、テンションを引っ張っていけるのかに尽きるだろう。一人ひとりの事情説明の
シーンが繰り返されるのだが、そのセリフの往来で眠さが襲わないようにしなくてはならない。
その点で行けば、この映画は乗客のポアロによる聴取の間にもトピックを入れ、全体の筋を分かり易くし、
米国で起きた「アームストロング大佐令嬢誘拐殺人事件」へと収斂されていく持って行き方は良かった
のじゃないか。おかげさまで私は前作も原作も知らないので、全貌が見えた時に、クリスティの面白さが
見えた気がした。それならケネス・ブラナーは成功した、と言えるだろう。

現代の映画ならではのVFXを使いながらも、衣装、小物、列車の内部そのものにも安っぽさを出さず、
再現性が高く、映像も綺麗である。ケネス・ブラナーのポアロも髭が大仰だが、いい線だ。さらに
ジュディ・デンチ、ミシェル・ファイファー、ウィレム・デフォーらのベテラン勢が映画の重心を
低くしている。最近悪人面が良く似合うジョニー・デップ、ペネロペ・クルスの存在感も良かった。

恐らく最後の大団円シークエンスで、あの人があれで、あの人とこの人がこうであって、というまとめを
自分自身でなぞらないと、全体の相関図が浮かんでこないかもしれない。(浮かんでこなくても概要は
理解できるけど)

単なる謎解きに収まらず、その事件に至った人間模様がキチンと描けているのが(ミシェル・ファイファーの
存在に代表されるように)クリスティ原作に対するリスペクトになっているのではないか?
冒頭でつかみとして使われる、エルサレムの「嘆きの壁」(聖墳墓教会)で起きた盗難事件で、ユダヤ教、
キリスト教、イスラム教が絡む盗難事件では、まさに今紛争が起きているところなので思わず引き込まれて
しまった。壁に刺したステッキの効用がナイスでしたねえ。
ルメット版も観てみたくなった。

ポアロは「ナイル殺人事件」にも出動するのかな。
e0040938_15205135.jpg
<ストーリー>
アガサ・クリスティーの名作ミステリーをジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、
ウィレム・デフォーをはじめとする一流キャストの豪華共演で映画化。大雪で立ち往生したオリエント急行を
舞台に、密室の車内で起きた殺人事件を巡って、容疑者である乗客全員にアリバイがあるという難事件に
挑む名探偵エルキュール・ポアロの活躍を描く。
監督はポアロ役で主演も務める「から騒ぎ」「シンデレラ」のケネス・ブラナー。

 エルサレムで華麗に事件を解決した名探偵のエルキュール・ポアロは、イギリスでの事件解決を依頼され、
イスタンブールでの休暇を切り上げ、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。ほどなくアメリカ人
富豪ラチェットから、脅迫を受けているからと身辺警護の依頼を受けるが、これをあっさりと断る。

ところが深夜、雪崩で脱線し立ち往生してしまったオリエント急行の車内でそのラチェットが何者かに
殺害される。鉄道会社から調査を依頼されたポアロは、列車は雪に閉ざされており、犯人は乗客の中にいると
確信、一人ひとりへの聞き込みを開始する。しかしやがて、乗客全員にアリバイがあることが明らかになるの
だったが…。(allcinema)

<IMDb=★6.5>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:58% Audience Score:59% >






トラックバックURL : https://jazzyoba.exblog.jp/tb/26249270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2017-12-10 11:30 | 洋画=あ行 | Trackback | Comments(0)