クリミナル 2人の記憶を持つ男 Climinal

●「クリミナル 2人の記憶を持つ男 Climinal 」
2017 イギリス・アメリカ Lionsgate,Millennium Films and more. 113min.
監督:アリエル・ヴロメン
出演:ケヴィン・コスナー、ゲイリー・オールドマン、ガル・ガドット、トミー・リー・ジョーンズ
   マイケル・ピット、ライアン・レイノルズ他
e0040938_13462866.jpg
<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
出演者のギャラだけで制作費が破裂しそうな豪華スターが並んだスパイもの。本国の評価はあまり
芳しくないが、私は結構面白く観させてもらった。ご贔屓のガル・ガドット(ワンダー・ウーマン)が
出ている、ということもあるのだけれど。まあ、MARVEL並みに突っ込みどころ満載のストーリーで
グダグダ感がないわけではないが、演技のしっかりした人がやるとそこそこ観られるものになるのだね。

映画の根本として、「記憶の移植」ということが大きなポイントとなる。その「技術」がポッと出てくるのが
評価の分かれ目の一つ。(手がける博士がトミー・リージョーズ) また重要な秘密を抱えたまま死んでしまった
CIAのスパイ(ライアン・レイノルズ)から、秘密を取り出すために、そのレシピエントとされたのが
最悪の囚人ジェリコ(ケヴィン・コスナー)。まあ、死んじゃってもいい奴を使ったのだろうけど、ならば
体内にGPS発信機も埋め込む位のことをして、どこに行ってしまったのだ!とか言わせないようにしなければ、
というツッコミもありますね。

死んじゃうCIAのエージェント、ビル・ポープの奥さんジルがガル・ガドットなわけだが、記憶の移植を受けた
ジェリコはまだら模様の記憶のまま、ジェリコ半分ビル・ポープ半分な性格から次第にビルの性格に支配され
て行くようになる。そのあたりのジェリコと妻ジルの間に信頼や愛情の端くれみたいなものが生まれてくる
過程は興味深かった。

世界革命を目論むハイムダールという男が、全世界の軍事システムを自由に操れるハッカー、ダッチマンの
技量とソフトを巡り、CIA(ロンドン支部の親分がゲイリー・オールドマン)と争うのがメインストーリー。
その中でダッチマンから要求されたパスポートと1000万ドルを入れたカバンを持ったビルがハイムダール側に
捕まり拷問の果に殺される。CIAはビルの記憶を取り出すことで、カバンとダッチマンの行方を追おうと
試み、まだネズミでしか成功していない記憶の移植を実行することになるわけだ。

全体のストーリーとしては分かりやすく、テンポも悪くない。(先述のようにツッコミどころはあるけど)で、
何がこの映画の一番の魅力か、というと、ビルの記憶を移植されたジェリコがビルの家族を守るために
死を厭わずハイムダールと対決するのだが、その過程、結果での「ジェリコによるビルのための復讐」の
「やっちまえ!」的カタルシスだろう。社会生活も営めず、善悪の区別さえつかず、犯罪という意識もなかった
男が、ビルの記憶でまともになっていく。そして展開される自己犠牲に基づく復讐劇で観客は溜飲を下げるのだ。
その一点に収斂される作品だろう。それとケヴィン・コスナーの、悪人から人が変わっていく過程の演技が
注目点か。
冒頭でのシーンはラストシーンと繋がっているとすれば冒頭で「俺の頭になにかしようとした奴らを許さない」と
語ったジェリコは、まだ完全にビルにはなっていないという、恐ろしさを少し残した、という感じかな。
ビッグネームがたくさん出ている割には完成度はいまいち。脚本の完成度が低かった。でも私は面白く見ることが
できた。しかしガル・ガドットはやっぱり綺麗だったなあ。
e0040938_13463674.jpg
<ストーリー>
ケヴィン・コスナーが死亡したCIAエージェントの記憶を移植され、壮絶な戦いに巻き込まれる死刑囚を演じる
スパイ・アクション。道徳心のかけらもなく、人を愛した事がなかった男が、別人の記憶の影響を受けて変わって
いく姿をコスナーが繊細に体現。ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズといった名優が共演する。

CIAロンドン支局のエージェント、ビリー(ライアン・レイノルズ)が、極秘任務中に非業の死を遂げた。彼は
米軍の核ミサイルさえも遠隔操作できる恐るべきプログラムを開発した謎のハッカー“ダッチマン”の居場所を
知る唯一の人物であった。
“ダッチマン”を探し出し、世界の危機を救うための最後の手段は、禁断の脳手術によってビリーの記憶を他人の
脳内に移植すること。その移植相手に選ばれたのは死刑囚ジェリコ・スチュアート(ケヴィン・コスナー)だった。
記憶が失われるまでのタイムリミットは48時間。ジェリコは凶悪犯である自分自身とCIAエージェントである
ビリーというふたつの人格に引き裂かれながら、テロリストとの壮絶な闘いに巻き込まれてゆく……。
(Movie Walker)

<IMDb=★6.3>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:30% Audience Score:47% >



トラックバックURL : https://jazzyoba.exblog.jp/tb/27180337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2018-04-03 23:10 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)