レザボア・ドッグス Reservoir Dogs

●「レザボア・ドッグス Reservoir Dogs」
1992 アメリカ Live Entertainment,Dog Eat Dog Productions Inc. (Dist.MIRAMAX) 100min.
監督・脚本:クェンティン・タランティーノ
出演:ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、クリストファー・ペン、スティーヴ・ブシェミ クエンティン・タランティーノ他
e0040938_11183721.jpg
<評価:★★★★★★★★★☆>
<感想>
タランティーノのデビュー作をずっと観てみたかった。今回機会を得たので楽しませてもらった。
いまさら何の論評が必要か、という傑作だ。私見だが、タランティーノ、本作を超えた作品(勢いという点で)が
ないんじゃないかと思えるくらいの勢いを持った作品。(「パルプフィクション」もいい作品ではあるが)
荒々しいけど、いい。洗練されてくると最近の「ヘイトフル・エイト」みたいになるのかな。

タランティーノらしさが横溢した作品で、「アクション」「暴力」「ユーモア」「下品な意味のない長い会話」
「あっという展開」、そうした中で、そこはかとなく(正面切ってということではなく)ヒューマンを感じる。

そしてハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、スティーヴ・ブシェミを始めとする役者たちが、渋くていい。
ストーリーの根幹をなすのは潜入覆面デカのティム・ロス(Mr.オレンジ)なわけだが、冒頭のダイナーでの
マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」の下らない解説についで登場する、逃走するクルマの後部座席で
腹を撃たれて血だらけになって大騒ぎしているオレンジ。何が置きたのかわからないが、どうやら強盗に
失敗して撃たれたらしい。このシーンは後でカットバックされるのだが、こういう時制の置き方もタランティーノ
らしくて好きだ。私は、この強盗グループに誰か裏切り者がいる、と確信した仲間の誰かに銃撃戦の最中に
撃たれたのか、と推察していたら、Mr.ホワイト(カイテル)と、警官に追われて逃げる途中、奪おうとした
クルマの気丈な女性運転者に銃で反撃され撃たれたのだった。これもビックリ。しかも刑事であるオレンジは
とっさに市民であるこの女性を射殺してしまうんだもの。

ハードボイルドであり、容赦ない暴力がある一方、どこか緩さがあり、その緊張と弛緩のメリハリが
たまらない魅力を出していると感じる。100分という時間もいいし、70年代のヒット曲を物語の大きなテーマに
したところも素敵だ。オレンジが強盗団に潜入するに際し、芝居を鍛えることを要求され、ビルの屋上で一所
懸命覚えるあたり、まじめなのか馬鹿なのか分からない(タランティーノの演出は終始そうなんだが)成り行きが
いいフィーリングを醸し出す。

ラストのオレンジとホワイトの血まみれの絡み、そして親分とその息子、そしてホワイトの三すくみの
銃撃戦、Mr.ピンクの漁夫の利まで最後の最後までタランティーノ世界から目が話せない。また観たくなるだろう。
e0040938_11184651.jpg
<ストーリー>
ロサンゼルスの犯罪のプロ、ジョー・カボット(ローレンス・ティアニー)は大掛りな宝石強盗を計画し、
彼の息子ナイスガイ・エディ(クリストファー・ペン)とダイヤモンド専門の卸売り業者に押し入るべく
プロの悪党たちに声をかけた。計画を成功させるため、コードネームで呼ばれるMrホワイト(ハーヴェイ・
カイテル)、Mrオレンジ(ティム・ロス)、Mrブロンド(マイケル・マドセン)、ピンク(スティーヴ・
ブシェーミ)、Mrブルー(エディ・バンカー)、Mrブラウン(クエンティン・タランティーノ)が集まった。

周到に練られた彼らの計画は、襲撃現場に警官が待ち伏せていたため失敗に終る。ホワイトと瀕死の重傷を
負ったオレンジが集合場所の倉庫に必死でり着いた時、ピンクもやって来た。そして彼らはブルーが行方不明で、
ブラウンは逃走の途中で死んだことを知った。彼らの中に仲間への不審の念が沸き上がる。そこに縛り上げた
若い警官、マーヴィン・ナッシュ(カーク・バルツ)を連れてブロンドがやって来た。

仲間に裏切り者がいたことを確信するブロンドは、この警官に裏切り者は誰か吐かせようと言う。やって来た
エディと共に、ホワイトとピンクは隠したダイヤを取りに倉庫を出て行った。サディストのブロンドは拷問を
楽しむために剃刀とガソリンを取り出した。倉庫にマーヴィンの絶叫が響き、彼の耳が切り落とされた。
血の海の中でオレンジはマーヴィンに、自分は潜入捜査官だと告白した。そしてまた倉庫に生き残った者が
集まり、それぞれの不信感が絶頂に達し、凄絶な殺し合いが始まった。
銃を手にしなかったピンクがひとり生き残り、地獄絵のような倉庫をあとにして去っていくのだった。
(Movie Walker)

<IMDb=★8.3>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:91% Audience Score:94% >





トラックバックURL : https://jazzyoba.exblog.jp/tb/27181957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2018-04-05 22:50 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)