リリーのすべて The Danish Girl

●「リリーのすべて The Danish Girl」
2015 イギリス・ドイツ・アメリカ Working Title Films,Pretty Pictures.120min.
監督:トム・フーパー 
原作:デヴィッド・エバーショフ『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』
出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィカンダー、ベン・ウィショー、セバスチャン・
   コッホ、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ他
e0040938_11592287.jpg
<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
アリシア・ヴィカンダーがオスカー助演女優賞に輝いた作品として注目はしていたが、
もっとチャラい映画かと勘違いしていてこれまで鑑賞を逸していた。反省。
本作、世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベと彼を支えた妻
ゲルダの愛情物語だ。昭和の始めころにそのような手術が行われていたのを知ったのも
ビックリだったが、何よりこの映画の見どころは、手術を受ける夫を支えた妻ゲルダの
存在であろう。

画家であるゲルダのモデルを務めるため、もともと細身であった夫アイナー(レッドメイン)がストッキングを履くあたりで、彼の心の中に住む「女性リリー」が顔を出し始める。
妻ゲルダのその女装をした夫を描いたスケッチはパリで個展を開くまでに評価される。
一方で、夫アイナーの中にリリーが出現する時間が長くなり、妻も最初は単なる女装と
思っていたのだが、夫の心の中に変化が生まれたことに気づき戸惑う。ここで妻ゲルダの
偉いところは、夫としてのアイナーを愛しつつ、性同一性障害(という言葉はその当時無かっ
ただろう)で出現したリリーも愛したのだ。本当は男性である夫アイナーに助けてもらいたい
こと、抱きしめてもらいたいこと、たくさんあり苦悩もしたが、彼女はリリーを理解した
のだ。

アイナーも病気じゃないかと医師に相談すると、同性愛者だとか、精神病であるとか
決めつけられるだけ。苦しさは募るばかり。自分の中に女性が住んでいる、そして自分は
肉体では男だが、存在は女性なのだ、と確信する。
そしてゲルダの友人の紹介でドイツの高名な医師に性転換手術をしてもらう決心を固める。
それすなわち、ゲルダは夫アイナーと分かれることになるのだ。さぞ辛い思いだったろう。

手術は2回。1回目で男性器を切除し、体力が回復してきたら膣形成をする、というもの。
今でも大変な手術だろうに、いまから100年近くも前に、こうした手術を受けるリリーの
勇気とそれを支える妻ゲルダの深い愛情、それがこの映画の全てと言って良いだろう。
観客はリリーのすることはワガママと受け止めるだろう。そしてそれを受け入れるゲルダの
心のありようは一体なんなのか、と思うだろう。愛した人は男であろうが女であろうが、
構わない、むしろ、彼女の求めたところは「人類愛」なのか。それとも、あくまで女性と
なったリリーの中に夫(への愛の存在)を観ていたのだろうか。それは映画からは分から
ない。

リリーを演じたエディ・レッドメインの女性姿は綺麗だ。そして、結局2回目の手術による
感染症でリリーは命を落とすのだが、死にゆくリリーは決して不幸ではなかった、と
この映画では描いている。 

不思議な夫婦愛のお話。「英国王のスピーチ」「レ・ミゼラブル」で一躍その名を轟かせた
トム・フーパーの作劇は流石に魅せる。そして本年度のオスカーで「シェイプ・オブ・
ウォーター」でオスカー作曲賞を獲ったアレクサンドル・デスプラの音楽が詩情を掻き立て
る。
e0040938_11595339.jpg
<ストーリー>
世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を基に、ふとした
きっかけから男性であることに違和感を抱き始めた主人公の苦悩と、そんな夫を献身的に
支え続けた妻の葛藤と感動の愛の物語を描いたドラマ。
主演は「レ・ミゼラブル」「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン。
共演に本作の演技でみごとアカデミー助演女優賞に輝いた「ロイヤル・アフェア 愛と
欲望の王宮」「コードネーム U.N.C.L.E.」のアリシア・ヴィカンダー。
監督は「英国王のスピーチ」「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー。
 
 1926年、デンマークのコペンハーゲン。風景画家のアイナー・ヴェイナーは結婚して
6年目になる肖像画家の妻ゲルダと仲睦まじい日々を送っていた。ある日、ゲルダに
頼まれて女性モデルの代役を引き受けたのがきっかけとなり、自分の中に潜んでいた
女性の存在を自覚するようになる。
最初は遊びのつもりでアイナーに女装をさせ、“リリー”として外に連れ出し楽しんでいた
ゲルダも、次第にアイナーが本気だと気づき激しく動揺するが…。(allcinema)

<IMDb=★7.1>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:68% Audience Score:72% >




トラックバックURL : https://jazzyoba.exblog.jp/tb/27191920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2018-04-09 23:20 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)