デッドプール 2 Deadpool 2

●「デッドプール 2 Deadpool 2」
2017 アメリカ Marvel Entertainment,20th Century Fox and more.120min.
監督:デヴィッド・リーチ
出演:ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、モリーナ・バッカリン、ジュリアン・デニソン、ザジー・ビーツ他
e0040938_22080507.jpg
<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
一作目をWOWOWで観て、こういうMARVELもあるのか、とその面白さに感激し、続編が作られるというので
楽しみにしていた。公開早々いそいそとシネコンに。今回も面白かった!笑った!

「おふざけ指数」は一作目を上回る。他の映画やヒーローをおちょくったり、ヒーローがカメラ目線で監督や客に
語りかけたり。だいたい、冒頭のスタッフクレジットからして、真面目ではない。実際の名前を挙げず、ジョーク
一杯だ。例えば、監督は「『ジョン・ウィックで犬を殺したヤツ』とかいう感じ。
アクションがかなり過激なので、バランスを取っているのだろうが、かなり大人向けのMARVEL作品(R指定)。
また、1作目で、主人公がなぜあのような容貌になったのかとか、今回、悲劇的な結末となるヴァネッサとの
関係などが語られているので、観ていないとわからない部分はある。観ているひとは、面白さが倍加される。

さて、CG満載のMARVEL作品、つい最近までは、大量に出演者を出したり、ありえない組み合わせの対決を
したりとそのストーリー性に不満があったのだが、最近はシンプルさが戻ってきて、物語性の重要視と分かり
やすさが心がけられていると思われ、その点は少し安心ではある。が、本作でも恒例の自作に関する予告みたいな
ものがあるわけだが、本作で「Xフォース」なる超能力集団を作ったデッドプール、XーMENたちとの乗り入れが
気になるところ。彼の独特の「おふざけ」が他のXーMENたちとどう融合するのか、いささか心配でもある。
まあ、アヴェンジャーズがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとコラボしたことを思うと、正々堂々とやって
くるだろと推測は簡単だろうけど。

今回のデッドプールの物語上の肝は、ヴァネッサの悲劇と未来からやってきたケーブル(ブローリン)という超人、
また彼が抹殺しようとするミュータントの少年ファイヤフィストことラッセルの存在。そしてデッドプールが
ケーブルに対抗すべく集める「Xフォース」という集団。(この中の”バニッシャー”という常に見えていない超人が
実はブラッド・ピットで、ワンカットだけ顔が出てくる)また、公募した「Xフォース」のあっけない末期も
見どころだ。ww
1作目の単純さからすると、登場人物も増えて、話が複雑になりかかっているが、現段階ではまだまだ単純な範疇に
はいる。デッドプール自身が他のMARVELのヒーローや特にミュータント系のXーMENを意識しているので、彼らに
まつわるセリフが多く出てくる。また様々な映画のオマージュも含まれていて、それらがこの映画の魅力の一つでも
あるので、字幕や、ストーリー進行上の工夫を見逃さないことだ。
主役を務めるライアン・レイノルズはプロデューサーと脚本にもタッチしているところを見ると、このキャラクターが
相当気に入っていると見える。

さて、おふざけ度が高いとはいえ、ヒーロー物ではあるので、物語として語らんとしている点はしっかりと感じ取って
やるべきだろう。町山智浩氏も指摘しているように、デッドプールが最後にまとめて語っているのだが、この映画から
受け取れることは「多様性に対する寛容」であり「暴力の否定」(かなり無理があるけど)であり、「友情や愛情への
信頼」であるのだ。おバカ度が高いこそ、逆に人間性に訴える部分がクローズアップして感じられるのは他のMARVEL
群とちょっと違う点であると感じるのだ。

上半身と下半身が真っ二つに裂けてしまっても死なないデッドプール、(足の再生シーンは笑える)MARVELの中でも
お気に入りのキャラクターであるので、ぜひ次作も、洗練されたおバカ度の向上と、わかりやすくシンプルな
ストーリーを期待したい。ラストの予告カットを見ると、どうやら時制をコントロールする道具がキーになりそうな
感じがする。
e0040938_22083535.jpg
<ストーリー>
マーベルの中でも異色ヒーローとして人気のデッドプールの活躍を描くアクションの第2弾。未来からやってきた
マシーン人間ケーブルからミュータントの少年ラッセルを守るため、デッドプールが特殊能力を持つ仲間と共に
戦いを挑む。前作に引き続き、X-MENのメンバーが登場するほか、デッドプールにひけをとらない強烈キャラクターも。

最愛の恋人ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)を取り戻し、お気楽な日々を過ごすデッドプール(ライアン・
レイノルズ)。そんな彼の前に未来から来たマッチョな機械人間ケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れ、謎の力を
秘めた少年の命を狙う。
ヴァネッサの希望もあり少年を守ることにしたデッドプールは、ケーブルに立ち向かうため、仲間を集めることに。
特殊能力を持つ者たちとスペシャルチーム『エックス・フォース』を結成するが……。(Movie Walker)

<IMDb=★8.1>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:83% Audience Score:86%>





トラックバックURL : https://jazzyoba.exblog.jp/tb/27309435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2018-06-02 16:20 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)