ラビング 愛という名前のふたり Loving

●「ラビング 愛という名前のふたり  Loving」
2016 アメリカ Raindog Films,Big Beach Films. 123min.
監督・脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:ジョエル・エドガートン、ルース・ネッガ、マートン・ソーカス、ニック・クロール、マイケル・シャノン他
e0040938_15393901.jpg
<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
何の前知識もなく観始めたのだが、本作はアメリカにおける異人種間結婚禁止を打ち破った画期的歴史的出来事に
基づいていた。ネットでいろいろとこの事件に関して調べてみたのだが、本作は事実にかなり忠実に再現されている
そうだ。連邦最高裁でヴァージニア州の州最高裁判所判決が覆った1967年6月12日を記念して毎年この日は
「ラヴィング・デイ」として祝われているという。

本作では、画期的判決を導き出した夫妻について描くのだが、一発の銃声もなく、投石もなく、割れるガラスの
音もせず、黒人を警棒で殴る白人警官も出てこず、ましてやKKKも出てこず、黒人を眼前で面罵する白人も出て
来ない。こうした黒人の人権開放映画はたくさんあるが、ここまで静かな映画はまれというか私個人は初めて観た
と思う。
音楽も含め、静かな物語の流れは、「愛し合う二人が家族とともに故郷で静かに暮らせること」という
たったそれだけのことを欲していた二人が、裁判という流れの中でも、その静謐さを守り続け、勝利しても英雄視
されることを好まず、「普通の暮らしがしたいだけ」という姿勢を貫く。その事が逆に、当時のアメリカ(南部)の
黒人たちの置かれた逆境を浮き彫りにし、今では当たり前であったことが、そうではなかった時代の苦悩を
あぶり出す。
特に物静かなリチャードは、声高に人種差別撤廃を叫ぶでもなく、ひたすら愛するミルドレッドと家族を守りたい
静かに一緒に暮らしたいと願うのみ。その考えや行動は映画を観ている人の胸を打つ。ひとりごとで「おかしい」
「それはおかしい」とつぶやくのみ。無鉄砲な行動には決して出ない。だから強い反体制派とも見なされない。
むしろ裁判に積極的だったのはミルドレッドの方だった。彼女とて団体に所属するとかデモをするとかオルグを
かけるとかは全くぜず、個人の問題としての裁判へと進んでいくのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
白人であるリチャード(エドガートン)と黒人とネイティブアメリカンなどの混血ミルドレッド(ネッガ)は、
若い頃から恋愛関係にあり、周囲も認めるところであった。特にリチャードは黒人の友人を多数持ち、その事を
ごくごく当たり前の日常として生活していた。ミルドレッドが妊娠したことから、リチャードは結婚を決意、
1エーカーの土地を買い、そこでプロポーズした。
ヴァージニアでは異人種間の結婚が禁止されていたため、周囲は同棲でもいいじゃないか、と諌めるが、二人の
意志は固く、二人でワシントンDCに行き、ミルドレッドの父のみ参加しての式を挙げ、結婚証明書を貰って、
ヴァージニアに帰り、ミルドレッドの家で暮らし始めた。

しかし、二人が結婚して暮らし始めているという噂が警察の耳に入り、ある日保安官が寝込みを襲う。二人は
別々に収監されてしまう。白人であるリチャードは早々に釈放されるが、ミルドレッドは父が保釈金を積んで
やっと開放された。依頼した弁護士が判事と取引し、有罪を認めれば懲役1年に執行猶予をつけてやる、ただし、
25年間は州外に退去すること、という条件が付けられた。若い二人は故郷を離れ、DCの知り合いの家に
転げ込み、そこで生活することになる。

だが、ミルドレッドの、義母の家で産みたいという、たっての願いで、二人は別々に決死の思いでヴァージニアの
リチャードの家に帰る。無事にシドニーという男の子が産まれたが、どこからか噂を聞きつけた保安官がまた
やってきて、二人を逮捕する。州内に戻ったことで裁判となったが、弁護士が「私が、出産時には一時帰ることが
出来る、という勘違いの情報を教えたことが間違いだった。ミスだった。判事殿、申し訳ない」とその場を
取り繕い、なんとか難を逃れることが出来た。

DCに帰った二人にはその後3人の子どもが出来、リチャードは腕のいい左官工として真面目に働き家族を守って
いた。しかし特にミルドレッドはすさんだ黒人街のDCでは満足に子育ても出来ないと悩んだ。ある日、子供の
一人が遊んでいて車にハネられるという事故があり、幸い大事には至らなかったが、ミルドレッドは姉の
アドバイスも有り(姉は1963年のワシントン大行進の光景をテレビで観て、そう言った)当時のロバート・
ケネディ司法長官に、自分たちの置かれた境遇の理不尽さを訴える手紙を書いてみた。それがケネディの目に
止まり、長官は手紙をアメリカ自由人権協会(ACLU)という団体に渡し、そこのボランティア弁護士コーエンから
ミルドレッドに電話が掛かってくる。そこからラビング夫妻の長い裁判の時間が経過するのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
e0040938_15402954.jpg
当時、キング牧師らの公民権運動はピークに差し掛かっていて、ACLUも連邦最高裁で黒人の人権を差別する
法律を撤廃させるための裁判材料を探していた。このことは別の映画でも観た記憶がある。
彼ら人権派弁護士らは、二人が受けている刑罰についての違法性をなんとか連邦最高裁に判断させようと
リチャードとミルドレッドと話し合いをする。まずは郡の判事に訴え、却下されたら州最高裁へ上訴、そこでも
負けるだろうから、そうすれば連邦最高裁へ上告出来る、と。当時ケネディ政権下の最高裁判事はおそらく
リベラル派で固められていただろうから、人権派弁護士としても、ヴァージニア州の「異人種間結婚禁止法」が
合衆国憲法に違反しているという判決を勝ち取りたかったのだ。

そして冒頭にも書いたとおり1967年6月12日、連邦最高裁はヴァージニア州最高裁が出したラビング夫妻への
有罪判決を取り消す判決を判事全員一致の意見として出した。二人は勝ったのだ。マスコミは殺到するが、
二人は、田舎で静かに暮らすのみ。やっと愛する二人と家族が一緒に暮らせる日が来たのだ。二人が望んで
いたのはそのことだけだったのだから。

この時点までで南部を中心に異人種間の結婚を禁止する州はまだ結構存在した。が、この判断で、連邦レベルで
そうした法律が無効となったのだ。思えばつい最近のことだ。
神は白人、黒人、黄色人、マレー人、赤色人に分け、それぞれの大陸に住まわせた。だから異人種が混交する
ことは神の摂理に反するのだ、という当時のヴァージア州などが規範としたキリスト教的倫理観はいまでも
アメリカに根強く存在する。私たちアジア人は人種である前に人間である、という大前提を割と簡単に理解出来
るが、キリスト教的な世界観の倫理観は私たちにはなかなか理解が難しいところがある。
アメリカでは現在ヒスパニック系が増え、アフリカ系、アジア系、らも増加し白人はマイノリティになりつつ
ある。そこらあたりにも強い白人の危機感がある。アメリカは白人の国でなければならないと。

ついこの前まで、普通に愛し合う二人が普通に暮らせない社会があった、ということを静かに訴えた本作、
当たり前の真実を曲げない信念を夫婦で分かち合っていたラビング夫妻の訴えは静かに、しかし多面的に
観る人の心を打ち、問題を投げかけてくるのである。
こうした映画は、次の場面で何かが起きる何かが起きるとドキドキするのだが、この映画はそういうことはない。
主演の二人の演出意図を踏まえた抑制の効いた演技は観るべきものが多かった。(ルース・ネッガは本作で
オスカー主演女優賞ノミネート)

ところで、裁判が進むに連れ、名前が知られ、夫妻の元に雑誌やテレビの取材が入るのだが、ライフ誌の記者を
演じたのがマイケル・シャノン。この人が出てくると、何かが起こりそうな予感がする。彼は夫妻一家と食事し
夜の団らんまで取材、「結婚という名の犯罪」という記事を書き、これがタイム誌に大きく掲載された。
どういう記事であったのか、読んでみたいものだ。

<IMDb=★7.0>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:90% Audience Score:76% >








トラックバックURL : https://jazzyoba.exblog.jp/tb/27332256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2018-06-14 23:10 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)