デス・ウィッシュ Death Wish

●「デス・ウィッシュ Death Wish」
2018 アメリカ Cave 76,Metro-Goldwyn-Mayer (MGM). 107min.
監督:イーライ・ロス  原作:ブライアン・ガーフィールド『狼よさらば』(早川書房刊)
出演:ブルース・ウィリス、ヴィンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー、ディーン・ノリス、カミラ・モローネ他
e0040938_15464536.jpg
<評価:★★★★★★☆☆☆☆+α>
<感想>
1974年にチャールズ・ブロンソン主演で製作された「狼よさらば」を現代風にアレンジしたリメイク。原作は同じ
だが、オリジナルとはストーリーがやや異なる。今週末から日本でも劇場公開されるが一足先にホノルル便(帰国)
機内にて鑑賞。この手の映画は機内で観るには頭を使わなくていいから見やすい。

さて、オリジナルは今でもテレビで何度も再放映されるが、あの頃と今ではアメリカ社会のありようも少しく変化して
いて、それに伴い物語も変化している。ヴィジランテものであるには違いないし、「主人公が次第に街の英雄と化して
いく様は、警察組織の無能力ぶりと大衆の曖昧さを痛烈に皮肉っている」(出典:allcinema「狼よさらば」解説)
ことを主眼としているのも同じだ。だが、チャールズ・ブロンソンのものがその後シリーズいなっていくように、
ヴィジランテものというコンセプト自体が今日ではあまりインパクトを持たなくなっているので、その辺り、本作の
弱みとなってしまった。またブルース・ウィリスのキャスティングも「ダイ・ハード」等のイメージが強いので
これで良かったのかな、と疑問に思った。

本作での主人公は医師である。本来人間の命を守らなくてはいけない職業の人物が、「死神」と云われる存在になる、
そんな提示も今日的なものを意識したのであろう。(オリジナルのカージーは設計士)

家に忍び込んだ強盗に妻を殺され、大学入学を控えた優秀な娘も重傷を負わされた医師ポール・カージーは、シカゴの
膨大な犯罪に対して警察の無力さを知り、みずから犯人の処刑に乗り出す。まああとのストーリーは推して知るべし
なので省略するが、その後の「ダイ・ハード」ばりの容赦ない銃撃と暴力は、最愛の人を失った男に対するカタルシスと
しては十分過ぎるだろう。救いは娘が回復すること。当然頭のいい主人公と、自分らの無力さを知ってしまっているシカゴ
市警の思惑も有り、自由のみのままであることはご想像の通りである。これまで銃を扱ったこともなく、最初の襲撃で
遊底のスライドで手を怪我してしまうような男が短期間でマシンガンを的確に連発するというのは、どうみても早すぎ
じゃないか? さりながら、先述のように暇つぶしに頭空っぽにして観る分にはまあまあいいかな。
e0040938_15471441.jpg
<ストーリー>
かつてチャールズ・ブロンソン主演で映画化された『狼よさらば』を、イーライ・ロス監督&ブルース・ウィリス主演で
リメイクしたサスペンス・アクション。救急救命医として人命救助に当たる外科医が、妻を殺し、娘を昏睡状態に陥れた
犯人に復讐するため、銃を手に取る。主人公が銃の扱い方をYouTubeで学んだり、現代的な要素が盛り込まれている。

犯罪が多発し、シカゴの街は警察の手に負えない無法地帯と化す中、外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は
犯罪に巻き込まれた救急救命の患者を診ている。
患者の生死に立ち会い続ける彼にとって、幸せに満ちた家庭だけが唯一の平穏の地だった。しかしポールの留守中に
何者かが家を襲撃し、妻を失い、娘は昏睡状態に陥ってしまう。警察の捜査は一向に進展せず、怒りの限界を超えた
ポールは自らの手で復讐を果たすべく、銃を取り危険な街へ繰り出していく。(Movie Walker)

<IMDb=★6.4>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:17% Audience Score:74%>



トラックバックURL : https://jazzyoba.exblog.jp/tb/27596286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2018-10-09 07:40 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)